Entries

Sea and The Darkness / Galileo Galilei (2016) ~それでもいい 不揃いなピースでいられる~

今回レビューするのは昨年活動を終了したGalileo Galileiのラストオリジナルアルバム
「Sea and The Darkness」
です。

aGG.jpg 

「Sea and The Darkness」は、Galileo Galileiが2016年1月27日にリリースした4thフルアルバム。今作のリリース直前、1月24日にGalileo Galileiは今作のリリースとライブツアーを持って活動を"終了"したため、今作が最後のオリジナルアルバムとなった。
先行シングル3枚から4曲を収録。

終わりに向かう仄暗さ・死生観を感じさせる暗いアルバムでありながら、音楽的には2nd以降急激に深化させてきた洋楽インディーロック的な要素と、初期の方向性であり直前のミニアルバム「SEE MORE GLASS」でも志向されていたJ-ROCK的要素が絶妙なバランスで融合された、Galileo Galileiの集大成的なアルバムになっている。

"Galileo Galilei"のデビュー時の鮮烈なギターロックの印象から離れ、2ndアルバム「PORTAL」から洋楽由来の浮遊感の強いシンセサウンド・インディーロック的なギターサウンドに傾倒していき、バンドのパブリックイメージと音楽性の間の差に苦しんでいたバンドでもある彼ら。
緻密に練り上げられたサウンドは魅力的でコアな音楽ファンからの支持も集めていましたが、あまりにも作りこまれて分かりづらくなったことや路線が迷走気味だったこともあり、リスナーが徐々に減っていたのも事実。

しかし、今作ではそういった音楽的な試行錯誤が結実し、Galileo Galileiの完成形ともいえる理想的なバランスのサウンドに仕上がっている。
地に足付けた泥臭いアコギ・キックの音色が確かな肉体性・力強さを感じさせ、それが暗く重たい楽曲の世界に結びついているのが見事。3rdフルアルバム「ALARMS」でPOP ETCのクリストファー・チュウのプロデュースの元、獲得した洗練されたサウンドがさらに魅力を増している。
一方で「PORTAL」でカラフルな彩りを見せていたシンセサイザー・電子音によるアクセントの付け方も絶妙で、バンドの演奏と結びつきつつ音の広がりをさらに深めてくれている。
必要以上に電子音の加工によってふわふわし過ぎることもなく、焦点がクッキリと合ったサウンドだと言えるだろう。

そんなアルバムは、プロローグのような「Sea and The Darkness」からはじまる。狭い空間を想像させる歌声とアコギ音の反響、深いところへ潜っていくアルバムの導入となる楽曲です。
軽やかなリズムとシンセ・バンドサウンドを交えた洋楽・ブルースの要素の強い渋い音作りの演奏ながら、イジメのやり返しで殺してしまう「カンフーボーイ」や死んだ君の話を歌う「ゴースト」、不自然な死についての「ウェンズデイ」と死についての曲が並び、鬱屈としたこの先を予感させます。
清涼感と暗さを合わせた声の女性ボーカリスト・Aimerとのデュエットソング「ベッド」、前作ミニアルバム「Sea and the Darkness」にデモ音源が収録されていた「鳥と鳥」と、明るい曲調の曲が続きますが、どこか空元気のような乾いた空気を感じさせます。
フェードインで始まりフェードアウトで終わる、シンセの漂うような独特な浮遊感に包まれた「萌える森と氷河」、エレピの弾き語りによる「日曜」とアルバムの箸休め的な楽曲が配置され、シングル群へ。
美しいギターフレーズが彩るイントロで幕を開ける、J-POP的にドラマチックな展開とキャッチーなメロディーの「恋の寿命」、高揚感を煽りつつも柔らかな演奏もあってバンド史上でも屈指の万人に受ける完成度の高さなのではないだろうか。スローなテンポの「嵐のあとで」は大きく包み込むドラムを土台に、メロディーが羽ばたいて行くよう。
もう一度アルバムモードへ切り替えるような「ユニーク」を挟んで、暗闇へと進んでいくような息苦しさとやり場のない負のパワーを感じさせる「ブルース」は今作の軸となる楽曲。複雑で多彩な展開とキャッチーなサビはここまでたどり着いた祝福を示すかのような「青い血」で壮麗なクライマックスを迎えるかと思いきや、「Totally Black」と副題の付けられた終着点としての楽曲である「Sea and The Darkness Ⅱ」へ。電子ピアノ・打ち込みのようなドラムのパキッとしていて透明感のあるサウンド、ストリングスやサックスの美しい旋律とは裏腹に、傷ついた感情を吐露するようなボーカルはアルバムの中でも一番生々しさを感じます。
「ブルース」以降の流れは圧巻で、アルバム全体の流れも、このアルバムを持って解散するバンドの全体像をも決定づけるような凄まじささえ感じますね。

ラスト2曲、「クライマー」と「ポニーとクライド」はアルバムの流れから外れるためボーナストラック扱い。邦ロック的な前のめりでアップテンポな楽曲で、前向きで開放的なエネルギーと爽快感に満ちています。

歌詞の激情的な感情の吐露も含め、認められたいともがくバンドの姿をぶつけるような美しさに満ちた素晴らしいアルバム。これで解散してしまうのが本当にもったいないぐらい、芸術的な精度でこれまでのバンドの音楽的な遍歴が結集した名作のアルバムでした。これからも聴き続けようと思います。

個人的評価…91点

オススメ曲
1.Sea and The Darkness ~13.青い血 (Studio Session映像)


4.ウェンズデイ


9.恋の寿命





Galileo Galilei
尾崎雄貴(ボーカル、ギター)
佐孝仁司(ベース)
尾崎和樹(ドラムス)



収録曲 (青字…既発シングル収録曲)
1.Sea and The Darkness
2.カンフーボーイ
3.ゴースト
4.ウェンズデイ
5.ベッド
6.鳥と鳥
7.燃える森と氷河
8.日曜
9.恋の寿命 (re-mix, re-master ver) (8thシングル・アニメ「まじっく快斗1412」ED)
10.嵐のあとで (9thシングル・劇場アニメ「台風のノルダ」主題歌)
11.ユニーク
12.ブルース
13.青い血
14.Sea and The Darkness Ⅱ (Totally Black)
15.クライマー (re-master ver) (10thシングル・アニメ「ハイキュー!! セカンドシーズン」ED)
16.ポニーとクライド (re-mix, re-master ver) (10thシングルC/W)

全作詞:尾崎雄貴
作曲:尾崎雄貴
        尾崎雄貴&尾崎和樹(#1,8,14)
        尾崎雄貴&佐孝仁司(#16)
編曲:Galileo Galilei

収録時間 59:49
リリース 2016年1月27日
売上成績 週間最高19位
レーベル SME Records

2017年6月5日付週間オリコンチャート・レビュー

2017年6月5日付
週間オリコンチャート

シングル
1位 THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS LITTLE STARS! エチュードは1曲だけ
初動3.7万枚
いわゆるアイマス作品。

2位 心 コブクロ
初動3.7万枚
映画「ちょっと今から仕事やめてくる」主題歌。
前作5位2.5万枚よりアップ。デイリー初日1位を獲得したが、「蕾」の2週目以来・初となる初登場での1位獲得とはならなかった。

5位 あなたに贈る愛の歌 THE ALFEE meets The KanLeKeeZ
初動2.5万枚

8位 AKANE/あわあわ Silent Silen
初動1.6万枚
TBS系ドラマ「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」ED。
前作5位1.9万枚と同レベル。

12位 シャイニー miwa
初動0.82万枚
「爽健美茶」CMソング。
ついにトップ10切ったか…17作ぶり。
前作9位1.3万枚より減。大きなタイアップが続いているが、ここ1年ぐらいでかなりファンが逃げているのか…

20位 君へのパレード♪ DEEN
初動0.38万枚

23位 お義父さん はなわ
初動0.37万枚

25位 テトテとテントテン with whiteeeen GReeeeN
初動0.36万枚
前作36位0.30万枚とほぼ同程度。
映画効果のブーストは無かったのか、アルバムだけなのか…

26位 街 吉田山田
初動0.35万枚
前作25位0.41万枚とほぼ同程度。

31位 さよなら、スタンダード 吉川友
初動0.28万枚

40位 夕暮れの鳥/光の言葉 神聖かまってちゃん
初動0.21万枚
アニメ「進撃の巨人 Season2」ED。

42位 月曜日戦争 吉澤嘉代子
初動0.21万枚

45位 SKY's the limit/つきとさなぎ ぼくのりりっくのぼうよみ
初動0.20万枚
資生堂「アネッサ」CMソング。
知名度は高まっているはずだが、伸び悩んでいる模様。特にシングルの売り上げは伸びていない。
んー。キャッチーじゃないからなのかな。

アルバム
1位 生まれてから初めて見た夢 乃木坂46
初動34.2万枚
前作1位・27.5万枚よりやや増。複数商法もあり爆発的に伸びているわけではないが、アルバムを出すごと(=1年ごと)に約5万枚ずつ伸びてきていて、ジワジワと人気が拡大している様子がうかがえる。

4位 LiTTLE DEViL PARADE LiSA
初動2.9万枚
前作ミニアル4位2.0万枚よりアップで、自己最高初動を更新。

7位 サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド ザ・ビートルズ
初動2.0万枚

10位 オニカバー90's 鬼龍院翔
初動1.4万枚

12位 人生 ウルフルズ
初動0.80万枚





ややアンラッキーなトップ10落ち。

14位 Who We Are Nulbarich
初動0.56万枚
インディーズでこの数字、かなり伸びてるな。
ブレイクが期待される若手バンドの1stEP。

19位 FANTASY CLUB tofubeats
初動0.43万枚

33位 Mr.HOLIC HOWL BE QUIET
初動0.22万枚

【一曲入魂040】HANABI / Mr.Children (2008)

今回紹介するのは、配信ベスト記念Mr.Children特集第二弾ということで
「HANABI」
です!



「HANABI」はMr.Childrenの2008年9月3日リリース33thシングル。
フジテレビ系ドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」主題歌。

イントロのアコギフレーズから名曲・ヒット曲の風格を放つ壮大な楽曲。現状、ミスチルの直近の最大のヒット曲と言われればこの曲を挙げる人も多いのではないでしょうか。
儚さと美しさを備えた絶品のメロディー、サビのパワフルさとラスサビの鮮やかな転調、全てが見事で"ミスチルここにあり"という存在感を見せつけているかのよう。普遍的な良さが詰まった名曲だと思います。

Aメロ2回繰り返し→Bメロ→もう一度Aメロ→サビという1番の展開には狙い通り焦らされて、サビでのさらなる開放感を生んでいますね。
サビでは複数のコーラスが綺麗に入っていて、全編を通じて用いられたストリングスと合わさって音の広がり・楽曲の広がりを表現しています。

「どれぐらいの値打ちがあるだろう? 僕が今生きているこの世界に」というヒヤリとさせられるフレーズでこの曲ははじまる。もがきながらも「花火のような光だとしたって」追い求める気持ちを歌った歌詞も鮮やか。
マイナー調のメロディーで「もう一回 もう一回」と繰り返し歌うも、決して暗いだけではなく次へ向かっていく挑戦心が感じられて前向きで爽やかな後味が残るのもこの曲の特徴。ただ鬱屈としているだけでなくて、肯定感を残してくれるというのもヒット曲らしいですよね。

【一曲入魂039】掌 / Mr.Children (2003)

今回紹介するのは先日配信ベストアルバムを発表した、言わずとしれたモンスター4ピースバンド・Mr.Childrenの
「掌」
です!



「掌」は2003年11月19日発売の両A面25thシングル、1曲目。

矛盾を歌った、ミスチルの中では激しくドロッとしたテイストの楽曲。
マイナーコードの仄暗さとスケールの大きな展開が両立されている編曲が流石。確かな結論は出なくても「ひとつにならなくていいよ 認め合えばそれでいいよ」と未来へ向かう光を見つけていく歌詞の世界に沿って後半へ向かい盛り上がっていく中で、Cメロの持って行き方が独特ながら素晴らしい。

勿論メロディーの鋭利さや印象的なギターリフ・力強いドラムと楽曲全面を通じて使われている電子シンセ・民族楽器的な音色が組み合わされた演奏も魅力的。反戦歌ともいわれるように、乾いた低体温な演奏には胸の奥をヒヤリと突かれているような気もします。

2017年5月29日付週間オリコンチャート・レビュー

2017年5月29日付
週間オリコンチャート

シングル
1位 背中越しのチャンス 亀と山P
初動17.5万枚
"修二と彰"「青春アミーゴ」以来、12年ぶりとなる亀梨和也・山下智久によるコラボユニット。

3位 Gotta Go!! WANIMA
初動4.6万枚
前作4位3.6万枚より1.0万枚増。初のトップ3入り。
スゴイ勢い、バンド系で5万枚に迫っていく数字残すとは。

12位 平成ペイン go!go!vanillas
初動0.64万枚
前作16位0.35万枚から枚数的には倍増近い伸び。理由がピンとこないが…着実に人気が伸びてきているのだろうか。

アルバム
1位 THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST
初動4.5万枚
過去に出されたファン投票によるベストのアンサーベストとして、全曲新録されたver。同じ曲目だからか、思っていたより伸び悩んだ印象。

2位 進撃の軌跡 Linked Horizon
初動2.5万枚

3位 ミカヅキの航海 さユり
初動2.3万枚
アニメ主題歌なども務めていた女性シンガーソングライター、初のフルアルバム。
自身初のトップ3。いい結果ですね。

5位 コイズミクロニクル~コンプリートシングルベスト 1982-2017~ 小泉今日子
初動1.6万枚

6位 ワン・モア・ライト リンキン・パーク
初動1.5万枚

18位 遥か遠くに見えていた今日 奥華子
初動0.39万枚

19位 WAVES Yogee New Waves
初動0.37万枚

20位 3 tricot
初動0.35万枚

22位 熱源 cinema staff
初動0.24万枚
前作22位0.29万枚と同等。熱くていいなぁと思うバンドですが、なかなかこれという曲が出てない気もしますし、踊り場的な状態なのかなぁ…

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

oumizi

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる