Entries

【一曲入魂011】夢見るバンドワゴン / andymori (2013)

今回紹介するのは「アルコ&ピースのオールナイトニッポン」エンディングテーマとしても使われていたandymoriのラストアルバム最終曲
「夢見るバンドワゴン」
です。



「夢見るバンドワゴン」はandymoriの解散前最終リリースとなった4thアルバム「宇宙の果てはこの目の前に」の最終・14曲目に収録されている楽曲。
解散前最後にリリースした楽曲ということになる。

バンドの終わりに重ねられた、穏やかな旅の終わりをイメージさせる名バラード。
これから先も続いていくような雰囲気を漂わせつつも、たどり着いた終点にも感じる楽曲です。

イントロからアウトロまで1つのギターフレーズが何度も出てきます。このフレーズを軸として、大きな上下の動きをせず細かく漂うようなメロディーが重なり、「たどり着いた先」を思わせます。
メロの裏のベースが別のメロディーを弾いているのもいいですね。

力感の抜けた、穏やかさを感じさせるボーカルもいい。それでいて後半に向けて少しずつ力のこもった部分も見られるようになります。バンドの終わりを噛み締めるかのような味わいのあるボーカルです。

「僕らはまだまだブルースを歌いながら」という歌い始めたシーンから始まり、「あいかわらずブルースは続いている」2番、「訪れた沈黙とレクイエム」と歌の終わりを感じさせるラスト、というようにバンドの終焉をしみじみと感じさせる歌詞もいい。
「夜 満天の星 またたく時の中で」のような風景描写による感情表現が胸にしみます。

アルピーannの思い出、andymori解散の思い出による補正もあるかもしれないですが、様々な思いが胸をよぎり涙腺を刺激する名曲。こんな楽曲でバンドを終わらせるなんて、なんと美しい…

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる