Entries

2016年2月22日付週間オリコンチャート・レビュー

2016年2月22日付
週間オリコンチャート
(2016年2月8日~14日)

アルバムチャートはBUMP・E-girls・MWAMなど有力アーティストが軒並み並び、上位が熾烈な争いとなりました。
一方でシングルは非常に低レベル。3位で1万台前半、7位で1万枚を割り込む状態です。

シングル
1位 TRAGEDY KAT-TUN
初動12.9万枚
今年5月1日から"充電期間"という名の活動休止に入ることを発表したジャニーズ4人組グループKAT-TUNの休止発表後初のシングル。なお、休止前に3月に1枚シングル、1枚ベストアルバムを出すので休止前ラストリリースではない。
25作連続25作目の1位獲得で、連続1位記録は歴代2位の記録。
ただ前作(15.3万枚)より枚数は約2.4万枚減。休止を発表した割には伸びていない。

2位 全力バタンキュー A応P
初動2.5万枚
大ブームを巻き起こしているアニメ「おそ松さん」の関連作品。
他の「おそ松さん」関連作品と同じく、この作品も好調な売れ行きを記録。2週目以降も好調な動きを見せそうだ。

3位 夜は眠れるかい? flumpool
初動1.5万枚
アニメ映画「亜人 -衝動-」主題歌。
前作(7位・1.9万枚)より枚数は減少したものの順位はアップ。
3月にフルアルバムを控える先行シングルながら、アニメタイアップの効果で売り上げはそれほど落とさなかったようだ。

4位 whiz TrySail
初動1.3万枚
女性声優ユニット。
記念イベントとチャートレベルの低下に伴い初のトップ10入りがいきなりのトップ5に。

5位 Just 1 Light MR.MR
初動1.3万枚
K-POP・男性ボーカルグループ。初のトップ10入り。

6位 STELLAR 荒木宏文
初動1.2万枚
D☆DATEメンバーのソロシングル。前作・1.5万枚より0.3万枚減だが自己最高位更新。

7位 white forces fripSide
初動0.9万枚
アニソンを中心とする音楽ユニット。
枚数は同水準だが、チャートレベルの低下に伴い3作ぶりのトップ10入り。

8位 Let's stand up! イケてるハーツ
初動0.8万枚
9位 アナザーユー 赤マルダッシュ☆
初動0.7万枚
10位 get to chance ワンダーウィード
初動0.7万枚
この3組とも女性アイドルユニット。全て初のトップ10入りだ。
隙間週目がけて、トップ10を狙ったのだろう。

以下ピックアップ
16位 明日への手紙 手嶌葵
初動0.44万枚
月9ドラマ主題歌。アルバム収録曲のシングルカット。
シングルにも効果は出ているが、配信の動きの方が強烈だ。

21位 隣の行方 新山詩織
初動0.30万枚
ビーイング所属の女性シンガーソングライター。
前作(0.2万枚・40位)より枚数もアップ。これまで最高位だった38位を大幅に更新し、自己最高位記録を更新。

アルバム
1位 Butterflies BUMP OF CHICKEN
初動19.7万枚
オリジナルアルバムでは3作連続となる1位獲得。
NHK紅白歌合戦・SONGSなどの出演など積極的なメディア露出の効果もあり、強豪を抑えての1位獲得だ。
前作「RAY」初動の18.2万枚を上回ったが、今作は初回限定のBlu-ray・DVDやライブ先行シリアル封入など特典が多かったため、累計では上回れるか微妙なところ。
収録曲数も少なく、BUMPにしてはリリーススパンが短かったため収録シングルも少ないことからそれほど累計は伸びないと個人的には予想しますが…

2位 E.G.SMILE -E-girls BEST- E-girls
初動17.5万枚
デビューから4年で初のベストアルバム。E-girls名義としては初めてオリコン1位を逃した。
前作の売り上げは元旦発売の為発生した1週目(フラゲ週)が6.4万枚、2週目(販売日週)が7.6万枚であり、売上枚数は今作で大幅に増加している。
ベスト盤効果で今作の売り上げはアップしたものの、ベストで人気が一段落するか、盛り上がっていくかはこれからの施策次第でしょう。

3位 The World's On Fire MAN WITH A MISSION
初動10.0万枚
狼バンド・マンウィズの4thフルアルバム。自己最高位タイの3位を記録。
枚数的にも前作オリジナルアルバムの6.1万枚より増加しており、2015年リリース・シングルの好調から引き続き人気拡大を見せています。
正式には9.98万枚と10万枚には惜しくも届いていない。
アニメタイアップを使って今作は売り上げを伸ばしましたが、そろそろ人気もピークの時期ではないでしょうか。どちらかというと激しいタイプ(ガッツリロック系)の音楽性で、万人に聴かれるJ-POP王道ではないですし。

4位 ZARD Forever Best ~25th ANNIVERSARY~ ZARD
初動6.8万枚
ZARDのデビュー25周年を記念した"究極のオールタイムベスト"アルバム。
52曲収録の大ボリューム、大規模な宣伝などもあり、渋谷すばるとの接戦を制し4位という高い順位を記録。

5位 歌 渋谷すばる
初動6.4万枚
ジャニーズ・関ジャニ∞のメンバーの初のソロカバーアルバム。
ZARDに負け、5位となった。
期待されていたより売り上げは不調だったと思われる。

6位 MADE SERIES BIGBANG
2週目2.0万枚
K-POP商法とはいえ1位を取るアーティストは2週目でもこのレベルは売れるのか。

7位 卒業BEST WaT
初動1.8万枚
メジャーデビュー10周年を迎え、今作をもって解散を発表したウエンツ瑛士と小池徹平によるデュオ・WaTのベストアルバム。
5年半ぶりのCDリリースとなる。
他の週、前週や翌週にすればもっといい順位をとれたのに…

8位 Sweet Tears 内田彩
初動0.7万枚
9位 Bitter Kiss 内田彩
初動0.7万枚
女性声優・内田彩の6曲入りミニアルバム。
どちらもほぼ売上枚数に差はなく、固定ファンが購入しているようだ。

10位 アンチ リアーナ
2週目0.5万枚
バルバドス出身の女性ソロ・シンガー。
洋楽作品なので、リリースタイミングの都合により2週目で上がってきたようだ。

以下ピックアップ
12位 Kameleon Lights go!go!vanillas
初動0.51万枚
ブレイクが期待されるロックンロールバンド・通称バニラズの2ndフルアルバム。
最高順位・初動枚数の記録を更新。ネクストブレイクの土俵には立てる売り上げといえます。

14位 Night Rainbow WEAVER
初動0.50万枚
A-Sketch所属ピアノロックバンド・WEAVERのベスト明け初のフルアルバム。順位的には10位台で安定しているが、売り上げは落としていっているようだ。

21位 ダウトの行進 空想委員会
初動0.39万枚
12月発売のシングルが0.30万枚だったと考えると、フルアルバムの割には売り上げが不調。ただ順位はこれまでの25位を更新し、最高位記録更新。
ある意味、シングルまで買う固定ファンがガッツリ付いているとも考えられるが。ライトファンがこれだけ少ないということは、ブレイクは厳しいかもしれない。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる