Entries

DOPPEL / KANA-BOON (2013) ~あのロックを耳に詰め込んで~

今回レビューするのは大阪・堺出身の4人組バンドKANA-BOONの1stフルアルバム
「DOPPEL」
です!!

KANdop.jpg

「DOPPEL」は4人組ロックバンド・KANA-BOONの1stフルアルバム。2013年10月30日リリース。
メジャーデビュー後初のアルバムで、メジャーデビューシングル「盛者必衰の理、お断り」を含む11曲を収録。11曲目「A.oh!」はボーナストラック扱いで、歌詞カードに歌詞の記載がない。
一大ムーブメントを巻き起こした今作はタイアップ無しながらメジャーデビュー作にして初動1.6万枚を記録し週間3位にランクインするなど大ブレイクを果たした。

高速4つ打ちダンスロックという一大ムーブメントをJ-ROCK界に巻き起こしたアルバム。ブレイクも納得の、勢いに溢れとにかくキャッチーな1枚です。

リリース時は23歳ほどと若く、アルバム1枚を通じて
若さに溢れた勢いたっぷりの楽曲が並んでいます。
アルバムの幕を開ける1曲目「1.2. step to you」、2曲目「ワールド」、3曲目「ウォーリーヒーロー」に代表されるダンサブルな高速4つ打ちの王道ロックナンバーがKANA-BOONの持ち味。なにも考えなくても楽しめる、シンプルに明るく突き進んでいくアップテンポでキャッチーな楽曲。聴くと踊りたくなる中毒リズムと言われる4つ打ちや力強いギターリフはライブ映えしそうな、というかフェスで盛り上がりそうな楽曲です。

1-3曲目ほどではないですが他の曲も王道路線。王道から外れた変化球は5曲目の「東京」が粘着質なメロと濃いめの編曲で哀愁を漂わせようとしているスローナンバー、7曲目の「目と目と目と目」がボーカロイド楽曲を彷彿とさせる打ち込みリズムの無機質ミディアムナンバーになっているぐらい。
9曲目「夜をこえて」、10曲目「羽虫と自販機」あたりは若干テンポを落とした王道ミディアムナンバーになっていて、将来的にはこの路線を目指すのかな、という希望を抱かせます。
そんな中でもシングルの8曲目「盛者必衰の理、お断り」は印象的なイントロのギターリフどことなく和の要素が感じられるサウンド、2番にラップ(落語?)パートが入る変則的な構成、と凝った作りになっていて秀逸です。

1年目・1stフルアルバムながら王道路線をここまで突き進んでいるという点で編曲もなかなかいい。下手に奇を衒わず、基本に忠実な編曲をセルフプロデュースでここまで出来るのは何気に凄い。
ただ惜しいところも多いです。バラードを入れるならもっと粘着質でない楽曲にして箸休め的楽曲にしてもいいだろうし、全体的に構成が単純で一辺倒な印象を受けます。
編曲は経験の少なさを露呈していると言えるでしょう。

演奏としてはリードギター・古賀の鋭いギターリフを中心としたサウンド。
メロディーに引けを取らないキャッチーなギターリフが耳を引きます。
他のパートも拙いところはなく、若さを考えると十分な技術を持っています。ただ、シンプルな4つ打ちに終始しがちなドラム前に出てこないベースはもう少し工夫の余地があるかと。

ブレイクしたアルバムなだけあり、メロディーはかなりキャッチー。
サビでの同じメロディーの繰り返しや口づさみたくなる語感の良さなど、狙い澄ませたようなメロディー作りは20代前半とは思えません。

「平家物語」「寿限無」を引用したコミックバンド然とした「盛者必衰の理、お断り」を除くと、歌詞も王道志向。意味よりも語感の良さを考えた歌詞です。韻を踏んでみたり、言葉遊び的な要素も見せています。
ただ、前作では自身の思い出をつづったリアリティのある歌詞が印象的だっただけに、今作の歌詞は若干退化しているようにも感じられます。
ただスマホ依存を歌った「ウォーリーヒーロー」、音楽をやる姿勢について歌った「MUSiC」などと新たな歌詞の基軸も見せています。

若さで駆け抜けていく、"1stマジック"がかかっている傑作。
メロディーはキャッチー、ギターロックサウンドは王道で良い。編曲や歌詞に関してはこの先の成長に期待といったところでしょうか。
2010年代のJ-ROCKシーンの方向性を間違いなく決定づけた1枚なので、興味を持った人は聴いて損はしないと思います。


個人的評価…83点



KANA-BOON
谷口鮪(Vo./Gt.)
古賀隼斗(Gt./Cho.)
飯田祐馬(Ba./Cho.)
小泉貴裕(Dr.)

収録曲 (青字…既発シングル収録曲)
1.1.2. step to you
2.ワールド
3.ウォーリーヒーロー
4.MUSiC
5.東京
6.白夜
7.目と目と目と目
8.盛者必衰の理、お断り (1stシングル)
9.夜をこえて
10.羽虫と自販機
11.A.oh! (Bonus Track)

作詞作曲:谷口鮪
編曲:KANA-BOON

収録時間 44:56
リリース 2013年10月30日
売上成績 オリコン週間3位
レーベル Ki/oon Records

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

oumizi

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる