Entries

青の光景 / 秦基博 (2015) ~アルバム=1つの作品~

今回レビューするのは「ひまわりの約束」で一躍トップアーティストの仲間入りを果たしたシンガーソングライター・秦基博の5thアルバム
「青の光景」
です!

onngohata.jpg

「青の光景」は2015年12月16日発売の秦基博・5thフルアルバム。
大ヒットした「ひまわりの約束」を始め、前回アルバム以降にリリースしたシングル3曲を収録。最も古い「言ノ葉」は今作の制作体制に入る前、前作のツアー中に作られたことから今回のアルバムの流れにそぐわないとして収録されていない。
「ひまわりの約束」後はタイアップも大幅に増え、今作も全13曲中7曲にタイアップが付いている。
秦基博としては自己最高のオリコン週間2位・初動4.6万枚を記録したが、「ひまわりの約束」のヒットで期待されたほどの売り上げではなく、累計10万枚の達成は厳しそう。

「ひまわりの約束」のヒットに流されることなく、売り急ぐことなく、丁寧に作られたアルバム。あれほどのヒット曲がありながらフルアルバムまで1年以上待たせるというのは結果的に売り上げ低下の一因になったかもしれないが、それも納得の高クオリティの作品だ。
今作から本格的に編曲を自身で担当するようになり、タイアップのあった「ひまわりの約束」「聖なる夜の贈り物」のみ皆川真人を招いている。

このアルバムの良さは1曲1曲役割があり、被る楽曲がないこと。アルバム1枚通して1つの作品だった昔のアルバムのようなアルバムです。
初のセルフプロデュースでありながらも多彩な編曲の引き出しを見せてくれるのも素晴らしい。ライブで盛り上がりそうなポップな曲から温かいバラード、遊び心を感じさせてくれる明るい曲まで、実に様々な楽曲が収録されている。
また、かねてから拘っていた弾き語りによって「僕よ いっそ 消えてしまえ」と儚い恋愛を歌う「美しい戯れ」の表現力の高さは他のアーティストとは一線を画す。

また、このアルバムは1枚通して聴いたときの流れも素晴らしい。タイトル通り、"青"を感じさせてくれる流れになっている。
ダークな雰囲気を感じさせる「嘘」でスタートし、煌めくようなイントロのエレキギターが印象的な明るい2曲目「デイドリーマー」で幕を開け3曲目「ひまわりの約束」4曲目「ROUTES」といったポップ楽曲に続きます。
中盤、5曲目に弾き語り「美しい戯れ」、6曲目にロックテイストの名曲「Q&A」、7曲目にサビのファルセットが印象的な「ディープブルー」といった変化球楽曲が並び聴き飽きさせません
シンセサイザーを取り入れた底抜けに明るい9曲目「あそぶおとな」、パーカッションなどの打楽器で奏でられるタンゴのリズムが心地いい10曲目「Fast Life」と遊び心豊かな楽曲が並び、包み込むような温かさでここまで聴いてきたリスナーの耳を迎えてくれる11曲目「聖なる夜への贈り物」へとつながっていきます。
アルバム1枚の中で様々な表情が移り変わっていくような作品です。

「ひまわりの約束」が全国に広まっていったように、秦基博の書くメロディーは一級品。確かに地味さは拭えませんが、耳に残るキャッチーさと心に響く良質さを兼ね備えています。

弾き語りベストを出すなど"弾き語りシンガーソングライター"のイメージが強かった秦基博ですが、このアルバムはJ-POPの王道を行くようなストレートな、昔ながらの名盤。
1曲1曲の派手さという意味では若干劣る部分もありますが、多彩な編曲と良質なメロディーはJ-POPを聴く者なら聴き逃してはならないものだと思います。
この多彩さでセルフプロデュース1作目というのだから、これからどこまで進歩していくのか、秦基博のこれからには目が離せません。


個人的評価…89点

秦基博

収録曲(青字…既発曲)
1.嘘
2.デイドリーマー (大東建託CMソング)
3.ひまわりの約束 (17thシングル・東宝系映画「STAND BY ME ドラえもん」主題歌)
4.ROUTES (NHK Eテレ「人生デザイン U-29」テーマ曲)
5.美しい戯れ
6.Q & A (19thシングル・松竹系映画「天空の蜂」主題歌)
7.ディープブルー
8.ダイアローグ・モノローグ (16thシングル)
9.あそぶおとな
10.Fast Life
11.聖なる夜の贈り物 (ハウス「北海道シチュー」CMソング)
12.水彩の月(18thシングル・映画「あん」主題歌)
13.Sally (GLOBAL WORK CMソング)

作詞作曲:秦基博
編曲:秦基博,皆川真人(#3,11)
    秦基博(上記以外)

初回限定盤にはメイキングやインタビュー、ライブ映像を収録したDVDと32Pブックレット付属。

収録時間 59:12
リリース 2015年12月16日
売上成績 週間最高2位
レーベル Ariola Japan
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

oumizi

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる