Entries

【年始特別企画】2016年ブレイクするアーティスト ③将来期待の超若手発掘!

年始特別短期連載企画として
2016年ブレイクするアーティスト特集
をお送りしています。

もはや年始なのかどうかも怪しいですが、第三回、そして最終回となる今回は
将来に期待の超若手アーティスト
を中心に紹介します。
既にネットでは話題のアーティストから結成したばかり、10代のアーティストまで、今後音楽通の中で話題になり数年後には日本の音楽シーンを引っ張ってくれるような、そんな可能性を期待させるアーティストをご紹介します。

①My Hair is Bad


インディーズらしい粗削りなギターロック少しかすれた声が特徴的な新潟県出身・スリーピースバンド。
日々の暮らしに対する感情をまっすぐ歌った歌詞も支持されている。
Youtubeでは80万回再生を突破し、スペースシャワー列伝2016に選ばれるなど、既に注目を集めているバンド。
粗削りながらもメロに光るものがあるので、これから幅広い層に聴かれていくようなバンドに成長するような気がします。

②Brian the Sun


2016年春にメジャーデビューが決定している大阪発4人組バンド。
10代限定コンテストの閃光ライオット2008で準グランプリを獲得し、そこからKANA-BOONなどと長い下積みを経ているため演奏力は高い。
適度にポップなギターロックで、メロの良さとギターの音色の絡み方にセンスを感じます
メジャーのシーンで輝きそうなバンドなので、2016年一気に躍進するかもしれません。

③phonon


名古屋で結成されたスリーピースバンド。
キャッチーで爽やかなメロディーとスリーピースならではのドラム主体の疾走感あるグルーブ感が素晴らしいバンド。ボーカルの声も不思議と包み込むような温かさを感じさせます。
キラーチューンが1つできればKANA-BOONのように音楽シーンを駆け上がっていくような地力を持ったバンドです。

④climbgrow


滋賀発の4人組バンド。2014年の閃光ライオット準グランプリ。
まだ高校を卒業したばかりでありながら、安定した演奏に支えられたエモーショナルな楽曲は強いインパクトを残します。
同じ滋賀出身のUVERworldを彷彿とさせるような曲中の語り・若者の衝動をぶつけた歌詞も特徴的です。
メロディーのセンスも良く、ギターもいい。これから大注目です。

⑤SHE'S


大阪発のピアノロックバンド。閃光ライオット2012ファイナリスト。
ピアノ、そしてストリングスを取り入れた音作りは既にインディーズ離れしている。
ピアノを取り入れるだけあってメロディーの強度も光る
J-POPシーンの一部として、近年不作のピアノロックシーンを救う存在となれるか。

⑥ヤバイTシャツ屋さん



eo MUSIC TRY 2015グランプリ獲得、サマソニ、ビクターロック祭り2016といったビックイベントへの出場権をかけたオーディションを軒並み突破し出演を勝ち取るなどすでに話題の大阪発スリーピースバンド。
今はやりの男女混成バンドです。
キュウソネコカミのようなふざけた歌詞と手作り感あふれるホームページが目を引きますが、このバンドの特徴はまだまだ粗削りではあるがストレートなメロ重視のギターロックであること。
キュウソほどdisに走った歌詞でもなく、シンセを使った変化球のサウンドでもないので、正統派コミックバンド?としての活躍が期待されます。

⑦Shout it out


大阪府堺市出身の4人組ギターロックバンド。
先ほどから何度も出てきている閃光ライオットの後継として昨年から始まった「未確認フェスティバル2015」のグランプリバンドです。
王道の4つ打ちギターロックながらずば抜けたメロディーセンスで他のバンドを圧倒する、この世代を引っ張っていくバンドにしかない風格を持ったバンドです。
まだ10代なので、これからの活躍が期待されます。

⑧サイダーガール


3人組バンド。
演奏力は粗削りながら、バンド名にもある"サイダー"のような爽やかなサウンドが印象的。
少しくすんだ少年のような声のボーカル哀愁を感じさせるメロディーも優れており、これからの成長に期待です。

⑨Rick Rack


奈良出身の3人組ガールズギターロックバンド。
まだ10代ながら安定した演奏力とそれに裏打ちされたヘビーな楽曲は才能を感じさせます。メロも優れていて、幅広い層に好まれそうなバンドです。
近年あまりなかった力強い女性ボーカルも特徴的です。
活動休止から2/16に復帰するので、これからに注目です。

⑩フィッシュライフ


大阪発の3人組ロックバンド。閃光ライオット2013グランプリ。
少し擦れ気味ながら力強いボーカルの声と力強いメロディー、10代ながらも卓越したテレキャスターのギタープレイ殺伐とした楽曲の中に、ところどころ実験的な要素を放り込んでくるのは凄い。
大物になる予感がするバンドです。

⑪The fin.


宝塚出身の4人組バンド。洋楽志向のインディーロックバンドです。
落ち着いたアンサンブルを見せてくれる、若手らしからぬバンド。シンセや管楽器まで駆使した卓越した編曲力はただものじゃありません。SuchmosやYkiki Beatよりも、漂っているかのような何とも言えない独特の浮遊感を感じさせます。
フジロックやアメリカのSXSWへの出演を果たし、既に海外からも注目を集めています。日本を背負って海外での活躍に期待ですね。

⑫Halo at 四畳半


4人組ギターロックバンド。
少し涙腺を刺激してくるような美しいメロが印象的。叙情的な歌詞も魅力的です。
メロの引き立て役としてしっかり機能している演奏も良いです。

⑬ircle


大分出身の4人組ギターロックバンド。
きちんとした演奏力に基づく疾走感あふれる演奏が持ち味。
王道ギターロックの道を突っ走っていくバンドとして、これからの成長が楽しみです。

⑭yonige


2人組ガールズバンド。
ボーカルはオーストラリアと日本のハーフらしいです。
何かに急かされているような独特の声繰り返しを含んだ歌詞が面白い。

⑮Bentham


KOGA RECORDSに所属する4人組ロックバンド。
2014年春のKEYTALKツアーのゲストアクトに抜擢され注目を集めた。
まだ粗削りながらもキャッチーなメロディーギターのセンスの良さが光ります。
これからの成長に期待がかかるバンドです。

⑯あゆみくりかまき


歌い手、DJ、盛り上げ役の"クマ3頭"からなるアイドルユニット。
サビに繰り返しの歌詞を持ってきて、とにかくキャッチーに仕上げた楽曲は中毒性が高い
アイドルブームが去りそうな今、こういうアイドルユニットは面白いかもしれません。

⑰とけた電球


閃光ライオット2013のファイナリストでもある4人組バンド。
歌を重視したサウンドで、エモーショナルな泣きメロには才能を感じます。
歌の良さだけで売れていく期待感を抱かせるバンドです。

⑱NakamuraEmi


オフィスオーガスタから14年ぶりの女性アーティストとしてデビューした女性シンガーソングライター。
力強い独特の歌声が特徴的な、30歳を過ぎた苦労人です。
字余り気味ながら言葉を叩きつけていく歌詞も面白い。

⑲URCHIN FARM


1999年に結成され、2009年に活動を休止していたが2014年に活動再開したスリーピースバンド。
back numberのサポートメンバーでもあるボーカルの透き通った声キャッチーなメロディーや歌詞が特徴的です。
2016年2月、復帰作となるミニアルバムをリリースしこれから一気に話題となるかもしれません。

⑳トミタ栞


木村カエラなどを輩出したテレビ神奈川「saku saku」5代目MCとして知られる女性アーティスト。
Ladybeardとのコラボでリリースした「バレンタイン・キッス」のカバーでも話題。
バラエティ映えしたキャラ初々しい歌で、幅広い層に人気をえそうです。

21.Goodbye holiday


島田昌典や寺岡呼人といった名だたるプロデューサーを迎えて活動をしている4人組バンド。
メロディー重視のポップな音楽性は万人受けしそうだ。
エイベックスらしく、さくっと売れてしまいそうなバンドです。

22.コレサワ


覆面で活動している女性シンガーソングライター。
等身大の女の子の心情を独特の視点で切り取った歌詞と、ポップな編曲・メロディーが人気。
こうやったら売れるだろうなぁ、という売り方が徹底されていると思います。

23.ウルトラタワー


滋賀県出身の4人組バンド。
ボーカルのかすれ気味の独特な声に乗せられるポップでキャッチーなメロが持ち味。
エイベックスらしくアニメタイアップつけてさくっと売ろうとしていますが、もっと長い目でじっくり売れていってほしいバンドです。

24.雨のパレード


残響レコードからデビューする4人組"アートロック"バンド。
音楽以外にもファッションデザイナーやペインターといったメンバーを招き、総合的な芸術活動を行っているグループです。
音楽的には不思議な浮遊感を持った編曲が巧いバンド。中毒性を感じさせます。

25.シナリオアート 


昨年KANA-BOONとのスプリット・シングルで話題になった滋賀出身・男女ツインボーカルスリーピースバンド。
複雑な楽曲構成ポップなメロディーで包み込み聴かせてくれます。
ここ1年で歌声が急激に良くなり、一気に聴き易くなりました。
ゲスの極み乙女。のスキャンダルで空いたポジションに座るのは彼らかもしれません。


ここまで25組も紹介してきました。1組でもお気に入りのアーティストが増えたでしょうか?
個人的に好みのものから「好みじゃないけどこれは売れそう・話題になりそう」ってものまで、割と幅広く取り上げてみました。これだけ挙げておけば、1組ぐらい売れるでしょ(笑)

他にオススメのバンドやアーティストがいればぜひコメント欄でお知らせください!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

[C19]

Benthamが気になりました
こちらは2015年に1stを出したHaiti from Limboに注目してます
https://www.youtube.com/watch?v=lGOmbE3Jdt4

[C20] Re: タイトルなし

Bentham センス良さそうなバンドですよね。
Haiti from Limbo、かなりボーカルが独特の声ですね。ブラックミュージック的な雰囲気は今年のブームになりそうなので、流行るかもしれませんね。

> Benthamが気になりました
> こちらは2015年に1stを出したHaiti from Limboに注目してます
> https://www.youtube.com/watch?v=lGOmbE3Jdt4
  • 2016-02-26 19:10
  • oumizi
  • URL
  • 編集

[C23]

AmazonでBenthamをチェックしてたら関連付けで出てきたQOOLANDってバンドにハマってます
今のところ10年代デビューの若手では1番期待してます

https://www.youtube.com/watch?v=Zuua7TotZjc

https://www.youtube.com/watch?v=9MVdOAONWxE

どんなもんでしょうか

[C24] Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!

QOOLANDもブレイクが期待されている若手のうちの1バンドですよね。1年ぐらい前に、TSUTAYAでレンタル限定盤が作られるなど猛プッシュされていたのが印象深いです。
メロディーが良いですし、軸となる演奏がしっかりしているのは好印象ですね。その中でも、サビでのカウンターラインとなるギターの入れ方にクセがあるバンドのように感じます。
歌詞が良ければこのままでも売れそうなんですけどね。

> AmazonでBenthamをチェックしてたら関連付けで出てきたQOOLANDってバンドにハマってます
> 今のところ10年代デビューの若手では1番期待してます
>
> https://www.youtube.com/watch?v=Zuua7TotZjc
>
> https://www.youtube.com/watch?v=9MVdOAONWxE
>
> どんなもんでしょうか
  • 2016-04-09 19:31
  • oumizi
  • URL
  • 編集

[C25]

ドグラマグラと隣人の歌詞でこれは!と思ったんです
歌詞の意味どうこうじゃなく音感主体で刺激的な言葉のフレーズをガンガン出すタイプでこれはこれで個性かなと
私の好きなGRAPEVINEもそういうところがありますから
極端な例だとORENGE RANGEやラップ系になります
変拍子を使ったりドラムがパワフルだったり楽器はかなり上手いですしボーカルも及第点かと

[C26] Re: タイトルなし

歌詞という意味ではUNISON SQUARE GARDENあたりが響きを重要視した歌詞を作っていますね。
造語的なフレーズで響きの良さを打ち出していくという面では一格抜きでてるきもします。

QUULANDはどうしてもギターのタッピング奏法に目が行ってしまいますね。


> ドグラマグラと隣人の歌詞でこれは!と思ったんです
> 歌詞の意味どうこうじゃなく音感主体で刺激的な言葉のフレーズをガンガン出すタイプでこれはこれで個性かなと
> 私の好きなGRAPEVINEもそういうところがありますから
> 極端な例だとORENGE RANGEやラップ系になります
> 変拍子を使ったりドラムがパワフルだったり楽器はかなり上手いですしボーカルも及第点かと
  • 2016-04-21 16:15
  • oumizi
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる