Entries

Catcher In The Spy / UNISON SQUARE GARDEN (2014) ~天国と地獄を数えろ!~

 今回レビューするのは「シュガーソングとビターステップ」のヒットで今話題のロックバンド・UNISON SQUARE GARDENの5枚目のフルアルバム
「Catcher In The Spy」
です!

UNISON Catcher 

2014年8月にリリースされた3人組ロックバンド・UNISON SQUARE GARDENの5thアルバムである今作。ボーカル斉藤のポリープ手術による1か月半の活動休止を挟み前作より1年6か月ぶりのアルバムとなった。近年ではアニソンを数多く手掛けていることでも知られ、今作にもアニメタイアップ曲の既発シングルが2曲収録。


初期は粗削りなロックバンドだったのだが、アニメタイアップを受け製作した「オリオンをなぞる」のスマッシュヒットによりバンドはポップ方面へ。前作はかなりポップなアルバムとなっていたのだが今作では再びロック路線へ。力強いリフと唸るベースが聞こえてくる1枚となった。作風としては再び1stに近いものとなったが、当然そのころの荒々しさは消え内容はより濃いものとなっている。

既発シングルはアニメタイアップもあり爽やかでメロを聴かせるアップテンポな曲だったのだが、アルバム曲は力強くカッコいいギターリフとそれを支える手数の多いドラム・唸るベースが重なる「スリーピースバンド・UNISON SQUARE GARDENここにあり!」という曲が多く、とにかくカッコいい。ライブバンドとして演奏技術が高いことで知られるUNISONなので、まるでスリーピースとは思えない音圧である。(ギターは何本か重ねているようだが)
特に今作ではドラムとベースがゴリゴリ効いている曲が多いように思った。
前作であったようなホーンアレンジなどはなくなったが、決してポップさを失っているわけではないのも面白い。スリーピース編成でもこのバンドはポップな曲を作れるのだ。
少し似たような曲が多く、また4~6曲目のミディアムな曲がテクニカルになりすぎていて取っつきずらさはあるのがもったいない。

曲の構成もいろいろあって聞いていて楽しい。ロック系統のアルバムながらバラードもあり、気が抜けたようなノリのいい曲もあり、緩急のついたアルバムである。シングル曲のポップさとアルバム曲のロックさがちょうどよくマッチしていて聴き易さもある。
メロディーは今まで通りキャッチーで、ロックなのにポップに感じるのはメロディーの良さが一因かもしれない。爽やかな声質のボーカルともマッチしている。

歌詞も相変わらずの田淵節。この人の歌詞の語感は本当に凄まじいと思う。普通に生きていたら思いつかないような言葉がどんどん入ってくる。とにかく言葉のノリ・キャッチーさを重視しているのだが、今作は今までよりもメッセージ性が増したような気がした。

アルバム通してロックさを重視しつつ、ポップとロックの融合を実現した一枚。
ポップに走りすぎた前作からいいところを抽出し、初期のギターロックを洗練させている。ライブ映えするであろうバンドサウンドはユニゾンらしい。
4曲目から6曲目で中だるみしてしまうのはもったいないが、アルバム通して聞いても12曲なので聴き易さもある。
期待通りの1枚で、今後のさらなる活躍が楽しみ。

個人的評価…80点

オススメ曲レビュー
2.シューゲイザースピーカー
1曲目から間なしで始まる疾走感あふれる爽やかなナンバー。
Aメロの演奏があえて引き気味なのがいい!
あと意外とこのバンドのコーラスは使い方がうまいと思う。

3.桜のあと (all quartets lead to the?)
既発シングル。
メロディーの爽やかさとキャッチーさはピカイチ。リズム感も踊りだしたくなるような
最後のサビのキメ連発がこれぞUNISON!って感じ。
カラオケで歌うと休むところなくて喉が死にそうになるけどね。

7.流れ星を撃ち落せ
ギターリフがかっこいいライブ向きの1曲。
イントロのギター一発で気分が上がる。

8.何かが変わりそう
アップテンポな曲ながら爽やかさもある、意外とこれまでUNISONになかったような曲調。
ロック系統の曲だけど、これまでのポップ路線からの進化が感じられる1曲。
メロディがちょっとせつなくていいんだよな~
爽やかだし、何かに悩んでいる時に聞いたら何かが吹っ切れそう。

9.harmonized finale
既発シングル。「UNISON風バラード」と語ってたようにせつなげな美メロが際立つミディアムなナンバー。
「美しい」という印象を抱くほど、メロディーがとにかく良い!!映画の主題歌らしく壮大さも感じられる。
歌詞も「終わり」を感じさせる切ない歌詞。

10.天国と地獄
今作のリード曲でMVも製作されている。
ロック臭の強い曲で、珍しくノリで押し切る楽しい曲。
「今夜も駄々騒ぎ!」したくなる一曲。

11.instant EGOIST
体を揺らしたくなるミディアムナンバー。
聞いていて心地いいし、カウントはライブ会場で一緒に叫びたくなる。
歌詞もメロディーを生かしつつ浮遊感のある歌詞で来ていて不思議な感じになる。


UNISON SQUARE GARDEN
斎藤 宏介(Vo/Gt)
田淵 智也(Ba/Cho)
鈴木 貴雄(Dr/Cho)

収録曲 (青文字…既発シングル収録曲)
1.サイレンインザスパイ 
2.シューゲイザースピーカー 
3.桜のあと (all quartets lead to the?)  (8thシングルアニメ『夜桜四重奏 ~ハナノウタ~』OP
4.蒙昧termination 
5.君が大人になってしまう前に 
6.メカトル時空探検隊 
7.流れ星を撃ち落せ 
8.何かが変わりそう 
9.harmonized finale  (9thシングル・松竹/ティ・ジョイ配給アニメ映画『劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-』主題歌
10.天国と地獄 
11.instant EGOIST 
12.黄昏インザスパイ 
作曲作詞:田淵智也
編曲:UNISON SQUARE GARDEN

初回限定盤…12曲収録ライブCD

収録時間 48:58
リリース 2014年8月26日
売上成績 オリコン週間5位
レーベル トイズファクトリー
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

oumizi

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる