Entries

Bremen / 米津玄師 (2015) ~これから僕らはどこへ行こう?~

2015年も残り10日を切りましたね。今年を総括するという形でアルバムレビューも加速していきますよ。
今日はオリコン1位を獲得した米津玄師の3rdアルバム
「Bremen」
です!
Brm.jpg

「Bremen」は2015年10月7日にリリースされたボカロP出身・ソロアーティストの米津玄師による3枚目のフルアルバム。
CMソング「Flowerwall」と先行シングル「アンビリーバーズ」という2枚の既発シングルを含む全14曲。

良いように言えば粒ぞろいの、悪く言えば面白みに欠ける、万人受けを狙ったポップスアルバム。
どの曲もメロを重視した仕上がりになっていて、聴き易いものだとは思うが個性がかなり薄い。
個人的にはボカロP出身ということもあってもっと個性が強い物だと思っていたので若干拍子抜けしてしまった。

また、このアルバム最大のネックなのはメロ重視であるにも関わらずボーカルにエフェクトをかけていること。この声が個人的にはあまり魅力に感じられなかった。
彼の声はどちらかというと儚さを感じさせる声で、秦基博のような美しさを感じさせる声です。
それをエフェクトをかけることによって、せっかくのメロディーをかき消しているようにしか思えない。ボーカルの声をくすんだものにしているようにしか思えません。

楽曲としてはどの曲もいい曲といえばいい曲なのですが、イマイチ個性というかこのアルバムの色が見えてこない感じです。ただ曲調は多彩で、引出しの多さを感じさせます。
RADWIMPSのように前衛的な、打ち込みとバンドサウンドを融合させた「フローライト」や「再上映」、シンプルなバンドサウンドの「Neon Sign」や「Blue Jasmine」といった楽曲からソロアーティストらしいシンプルさや浮遊感を感じさせる「Flowerwall」や「メトロノーム」といった楽曲まで、本当にいろいろ。
編曲面では才能を感じますが、結局どれが軸なのかがよくわからず迷っているようなイメージを受けました。
個人的には「シンデレラグレイ」「Neon Sign」「Flowerwall」のように楽器関係なく印象的なワンフレーズを作るのがうまいなという印象を受けました。
反対に打ち込みで、インパクトが強い変わった音色のキーボードを使っているような「わたしはゆうれい」みたいな実験的な作風はそれほど得意ではないように思います。

メロディーセンスはなかなか良い。
どの曲もサビではきっちり歌えるようなメロディーを持ってきていて、メロディーを聴かせるという意味ではなかなか優れたアルバムなのではないでしょうか。

歌詞的には歌を歌う意味を考えているような、本人の葛藤が出ているような気もするのですが全体的にファンタジーチックな、フィクション的な世界観に包まれていています。
柔らかく包み込むような歌詞だなぁ、という印象は受けましたがそれほど「歌詞がいい!」って感じではない気がします。

あとこのアルバムは曲順が悪い。前半4曲が力強くていいのですが、そこから急にゆるい曲調が続き、尻すぼみのまま終わってしまう印象です。
似たような曲調が続いてしまうところも多く、非常にもったいない。また14曲と長いアルバムなので最後にもう一山盛り上がりが欲しかったところです。MVがある4曲のうち3曲が前半4曲に固まっているのはちょっと…。

どの曲もメロディーもいいし編曲も凝っていて悪くはないのですが、どこか物足りないサラッとしたアルバム。
「本人の制作意欲が失われていて、とりあえず作りました」と言われても納得してしまうような、気合の入った感じが全くしないアルバムです。
一曲一曲を取り出して聴く、現代的な聴き方をするとどれも80点以上の良い曲なのですが、アルバムになると微妙かな。
ボーカルのエフェクトが個人的に全く合わなかったこともありますが、期待しすぎていたのかもしれません。


個人的評価…75点

米津玄師

収録曲 (青文字…既発シングル収録曲)
1.アンビリーバーズ (4thシングル・MIZUNO「WAVE ENIGMA 5」CMソング)
2.フローライト
3.再上映
4.Flowerwall (3rdシングル・ニコンD5500CMソング)
5.あたしはゆうれい
6.ウィルオウィスプ
7.Undercover
8.Neon Sign
9.メトロノーム
10.雨の街路に夜光蟲
11.シンデレラグレイ
12.ミラージュソング
13.ホープランド
14.Blue Jasmine

作詞作曲:米津玄師
編曲:米津玄師
        米津玄師&蔦谷好位置(#1,4,9,14)

画集盤(書き下ろしイラスト)、ミュージック映像など収録のDVD付属映像盤、通常盤の3タイプ。

収録時間 62:43
リリース 2015年10月7日
売上成績 週間最高1位
レーベル ユニバーサルシグマ
スポンサーサイト

コメント

[C11]

はじめまして
個人的には非常に満足でき今後に期待できるいいアルバムだと思ってました
前2作はぎこちなさがあってそれが取れていい感じだなと
あと私は後半のミラージュソングとホープランド凄く気に入っていて逆に中盤ダレるなあと思ってました
最後の曲のあっさりしたシメ方はオシャレでやるなと
歌唱力が上がったのも大きいですね

日本のバンドはOGRE YOU ASSHOLEが1番好きで次点がGRAPEVINEです
あとはPlastic Tree,LUNKHEAD,人間椅子、若手ならクリープハイプと神聖かまってちゃんが好きです
1番好きなのはオーストラリアのThe Vinesです

いきなりですが相互リンク検討してもらえるでしょうか

[C13] Re:

akakadさん、コメントありがとうございます。
「Bremen」はどの曲も上手いことまとまっていて良質なポップスだなぁという感想にはなるのですが、どの要素も75-80点ぐらいで収まっているような気がするんですよね。
ミラージュソングとホープランドについてもどちらも単独で聞くと良い曲なのですが、穏やかなミドルナンバーのこの2曲がアルバム終盤に並んでるとなると少し飽きを感じてしまいます。最後の「blue jasmine」はギター主体の演奏が個人的には気に入ってますね。
アルバム通しで聴いたときに、ダレを感じてしまったので厳しめのレビューになってるんだと思います。
ただ演奏、メロディー、歌詞、声、どれも中々良いので、途中で飽きさせないためになにかあとひとつ特徴が欲しいところなんです。
レビューではボーカルへのエフェクトを課題としてみましたが、コンセプトアルバムとかも向いているかもしれません。

相互リンク、是非よろしくお願いいたします!

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

oumizi

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる