Entries

HOT! / KEYTALK (2015) ~J-POPを目指して~

 今回レビューするのは人気急上昇中・4人組下北沢系ロックバンドKEYTALKの最新作
「HOT!」
です!
HOT!.jpg


2015年5月20リリースの「HOT!」はKEYTALKのメジャー2枚目、通算3枚目となるフルアルバム。前作からは約1年ぶりで、既発シングルを3曲とカップリング1曲を収録。
メンバー4人が全員作曲を手掛け、プロデューサーに前作同様NARASAKIを迎えている。タイアップ曲を3曲含み、アルバム最高のオリコン最高4位を記録した。

アルバム全体としてより広い世代に受けようとポップな曲調に寄っている印象を受けた。確かに前作よりロックさは薄れバンドファン以外にも受け入れられる音になったとは思うが、爆発力が薄れてしまったように感じる。ライブでやるためにCDの段階から合いの手などを用意しておくという手法も今作から取り入れたようだ。
既存シングルからの4曲はポップでかつキャッチーな仕上がりになっていて確かにインパクトがあるものもあったのだが、アルバム曲はキャッチーとまでは言えないものが多い。別に悪い曲はないんだが、インパクトに欠けている。演奏力の高いバンドらしく、技術的に凝っているのはわかるのだが、その技術だけが先に進み過ぎていてキャッチーに感じられないのかもしれない。曲の構成も凝っているのだが、もう少しシンプルにした方が分かりやすくてキャッチーになったかもしれない。
特にリード曲の「YURAMEKI SUMMER」に関してはいろんな構成が展開し過ぎていて、バタバタしてる印象。リード曲ならもっとインパクトのあるものが欲しかった。
ただメロディーはポップ寄りになり、より分かりやすく聞きやすくて良いメロディーが多くなった。

歌詞においてもふざけて「コミックバンド」方向に進んでいる曲、ポップよりに感動的なものを書こうとする楽曲と方向性がバラバラになってしまっている。メンバーそれぞれが作詞を手掛けているのもあるだろうが、バンド自体の方向性も今は模索中なのかもしれない。

爆発力は薄れてしまったが確実にポップ方面へ進むことには成功している。構成も凝っているしバンド自体の演奏力も高い。それぞれ1曲ずつのクオリティは決して低いものではない。
ただアルバム通してキャッチーさが減ってしまい、前作のような疾走感が薄れてしまった
もう一度前作の爆発力を追い求めるのか、このアルバムの2曲目「グローブ」と最後2曲「バイバイアイミスユー」「Monday Traveller」の方向性でメロディー重視のポップバンドに移行するのか、「YURAMEKI SUMMER」のようなコミックバンドっぽさを追い求めるのか、今後に注目したい。きっと次のアルバムが大きな分岐点になるだろうし、今は正念場なのかもしれない。
アルバムとしてはいろんな曲調があり、シングルを聞いていない前提ではそこそこ聞けるアルバムだと思う。ただシングルを聞いたことがあったら物足りないかもしれない。
個人的にはシングル曲のクオリティが高かった分、少しがっかりだった。

個人的評価…73点
(シングル曲を除くと69点ぐらい?)

オススメ曲レビュー
2.グローブ
KEYTALKがJ-POPをしてみたら…という方向性の1曲。この曲が一番真っ直ぐにJ-POPを作れていると思う。
今作のアルバム曲では一番爽やかだし万人受けするだろう。

4.桜花爛漫
既発シングルですが…
アニメタイアップということもありサビ始まり・そのサビのメロディーが爽やかかつむっちゃキャッチー。
カッコいいギターリフだし、個人的にこのアルバムで一番好き。

10.エンドロール
既発シングルのカップリング。
J-POPのセンチメンタルさとKEYTALKのキャッチーさのバランスが取れている1曲。
KEYTALKのミディアム曲では屈指の名曲だと思う。

11.バイバイアイミスユー
せつなげなギターメロディーのイントロがいい!
歌詞もこれまでのKEYTALK風バラードの純粋な進化。
聞いていてまったりできる心地いいメロディーです。



KEYTALK
寺中 友将 (ボーカル・ギター)
小野 武正 (ギター)
首藤 義勝 (ボーカル・ベース)
八木 優樹 (ドラム)

収録曲 (青文字…既発シングル収録曲)
1.YURAMEKI SUMMER
2.グローブ
3.MONSTER DANCE (3rdシングル・JVCケンウッドCMソング)
4.桜花爛漫 (5thシングル・NHK Eテレ系アニメ「境界のRINNE」前期OP)
5.マスターゴッド
6.Human Feedback
7.キュビズム
8.FLAVOR FLAVOR (4thシングル)
9.センチメンタル
10.エンドロール (3rdシングルC/W・NTTドコモdヒッツCMソング)
11.バイバイアイミスユー
12.Monday Traveller
作詞作曲:首藤義勝(#1・3・4・5・8・11)
       寺中友将(#2・9・10・12)
       小野武正(#6)
#7…作曲:八木優樹・作詞:小野武正
編曲:KEYTALK&NARASAKI

初回限定盤:ライブ9曲収録のDVD

収録時間 42:40
リリース 2015年5月20日
売上成績 オリコン最高4位
レーベル Getting Better
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

oumizi

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる