Entries

ラブストーリー / back number (2014) ~正しいと思う事だけを歌って描いて~

アルバム発売を間近に控え、back numberの旧作レビューを終えておこう!ということで今回レビューするのはback numberの4thアルバム
「ラブストーリー」
です!

LoveStorybn.jpg 


このアルバム「ラブストーリー」はスリーピースロックバンド・back numberの4thフルアルバム。
前作「blues」から1年4か月ぶりのリリース。全12曲で、前作以降にリリースしたシングル「高嶺の花子さん」「fish」「繋いだ手から」とそのカップリングを含め6曲が既発曲。
オリコン週間最高2位、初動3.8万枚と自己最高記録を更新し、その4か月後に10万枚売上を認定するゴールドディスク認定を受けた。

良質のポップソング集。決してタイトルから想像されるような甘いラブソングが収録されているわけではなく、現実に寄り添った曲たちが良質なメロディーと共に届けられる作品だ。

タイトルを裏切る日常の葛藤を描いた1曲目「聖者の行進」はギターを使わない代わりにストリングスをふんだんに盛り込んだ楽曲。セルフプロデュースでストリングスを導入するようになるとは思っていなかったが、アルバムの幕開けにふさわしいインパクトのある手法だと思う。
他の楽曲では、既発シングル曲がプロデューサーによる編曲、アルバム曲&カップリング曲がセルフプロデュースとなり、シングル曲以外は今まで通りギター・ベース・ドラムによるバンドサウンドが展開されるので安心できる。
その他印象的なのは「君がドアを閉めた後」のピア二カ。朴訥とした雰囲気が、切なさを引き立てている。「こわいはなし」ではイントロのアコギが曲全体のひやりとする空気感を生み出している。
編曲面での進歩が目立つ今作では、歌詞に合った編曲が良さを際立てているのが印象的だ。

演奏面では、「003」「MOTTO」のアダルトな歌詞の楽曲でのタイトな演奏が魅力的だ。
ギターロックを中心に据えているが、「003」ではベースが、「MOTTO」ではドラムが活躍。疾走感を持ったこの2曲の勢いに飲まれることなく、きっちり流れを乗りこなしている。
また全体的にドラムが進歩し、安定したリズムを刻んでいる。このことによって、リズムが引き締まりポップな曲がよりポップに聞こえるのだろう。
ギターは楽曲に合わせたギターフレーズが印象的。「高嶺の花子さん」や「繋いだ手から」、のイントロなどは、リスナーの耳をつかむようなギターフレーズだ。「fish」や「頬を濡らす雨のように」など、アコギをうまく活用した曲も多い。

今まで以上に、歌詞と調和したメロディーの良さは光る。
特に「世田谷ラブストーリー」や「ネタンデルタール人」といった男の情けなさを描く楽曲では素晴らしい。
タイトルと違い「聖者の行進」・「ネタンデルタール人」のように葛藤を描く楽曲の歌詞も一級品だ。

もちろん、7年間温めていた「fish」やメロディー・編曲のキラキラさと相反する失恋の歌詞である「繋いだ手から」など今まで通り失恋ソングもあるのだが、このアルバムでは「光の街」や「頬を濡らす雨のように」など、付き合っている男女を描いた歌詞が印象的だ。
ただ、インタビューでタイトルを「サブストーリー」にしようかと語っていたように、日常を描いた等身大の歌詞である長所は変わらない。

美しいメロディーに親近感のある歌詞が魅力的なアルバム。
スカしたような曲や実験的な楽曲はなく、スキの無いアルバム。
ただ、やはり「スーパースター」のような初期衝動が薄れ、ポップ職人のようになってきた。
このアルバム以降、大きなタイアップが続いていくことがその証明だろう。


個人的評価…86点


オススメ曲
1.聖者の行進
性急なビートに乗せて葛藤を歌う、スリリングなナンバー。
「青い春」を目指して作られたが、編曲の過程でギターを抜き、代わりにストリングスを入れるとシックリきたらしく、back numberのセルフプロデュースにしては珍しくストリングスが取り入れられている。

2.繋いだ手から
印象的なギターイントロで幕を開ける、開放的なポップナンバー。
軽快なリズムと美しいコーラスがキャッチーなメロディーをよりポップに彩る。
アウトロ含め、ギターも印象的でカッコいい楽曲です。


3.003
皆さんご存知"薄い膜"についてのアダルティな歌。
妖しげなグルーヴをベースがけん引していく。
この曲以降増えていく、back number・大人路線のロックナンバーの先駆けとなった1曲ですね。

4.fish
長年温められていた失恋バラード。
まさに勝負曲といえる重量感たっぷりの楽曲で、涙腺を刺激するメロディーが炸裂している。


6.高嶺の花子さん
アップテンポ楽曲の中で代表的な存在となった、キラーチューン。
4つ打ちのバンドサウンドに乗せた、爽やかな夏らしい楽曲だが、歌詞が片思いしているだけなのがback numberらしい(笑)


7.MOTTO
キメのグルーヴ感がカッコいい、アグレッシブなロックナンバー。
Cメロでアコギの弾き語りになってから再加速していく部分が特に盛り上げます。

back number
Vo.Gu.清水 依与吏
Ba.Cho.小島 和也
Dr.栗原 寿

収録曲 (青文字…既発シングル収録曲)
1.聖者の行進
2.繋いだ手から(10thシングル・「JTBプレミアム」CMソング)
3.003 (10thシングルC/W)
4.fish (9thシングル)

5.光の街
6.高嶺の花子さん(8thシングル)
7.MOTTO
8.君がドアを閉めた後 (8thシングルC/W)
9.こわいはなし
10.ネタンデルタール人 (9thシングルC/W)
11.頬を濡らす雨のように
12.世田谷ラブストーリー

作詞作曲:清水依与吏
編曲:back number&蔦谷好位置(#2,6)、back number&島田昌典(#4)、back number(特記以外)

初回限定盤A:武道館ワンマンライブの映像を全曲収録したDVD付属
初回限定盤B:MV5曲を収録したDVD付属

収録時間 50:52
リリース 2014年3月26日
売上成績 オリコン最高2位
レーベル ユニバーサルシグマ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

oumizi

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる