Entries

【シングルレビュー】新宝島 / サカナクション (2015)

今回レビューするのはサカナクションの「復帰作」
「新宝島」
です!

サカナクションNEW 

作詞作曲:山口一郎
編曲:サカナクション
Rimix:AOKI takamasa(#3)

1.新宝島
映画「バクマン。」主題歌
ついにサカナクションが表の世界に帰ってきた!!そう言いたくなる傑作。
タイアップシングルを連発した後のアルバム「sakanaction」から世間的にはあまり受け入れられなかったバラード「グッドバイ」を始めとする自己表現を主体としたシングル群にかけて、深いところまで潜っているようだったサカナクション。
そして、ベース草刈の産休を経た、約1年ぶりのシングルとなったのが「新宝島」だ。
この曲はついにいままでの重荷が吹っ切れたような勢いのある楽曲になっています。
華やかなイントロサカナクション・第二章の幕開けを意味しているかのよう。
高揚感を煽る軽やかな四つ打ちリズムレトロなシンセサイザーの音色が曲全体を貫き通していて、ポップな明るい雰囲気を産み出している。
やや打ち込み感のあるドラムシンセ以外に余計な音を加えないミニマムな音作りは曲全体に80年代後半ごろのレトロな息吹を与えているようだ。
また、間奏の長いギターソロやイントロにみられるギターロックへの原点回帰も見所。
タイアップ先の映画にちなみ、「丁寧に描く」ことと「丁寧に歌う」ことを重ね合わせた歌詞も新たな幕開けを感じさせる。

サカナクション・第二章の始まりを感じさせる、サカナクション史上有数のアッパーなキラーチューン
原点回帰している要素も含みつつ、次の扉を開けている部分もある。
この曲で表舞台に帰ってきたサカナクションの、次回作が今からとても楽しみだ。

2.「聴きたかったダンスミュージック、リキッドルームに」
この曲はリキッドルームで開催された自主イベント「NF」について歌った曲。
クラブで流れてそうな、体を揺らしたくなるダンスビートの上に刹那的かつミニマムな構成のオケが載っている不思議な質感を持った楽曲。
ちなみに、今作のベースは草刈でなくギター担当の岩寺が弾いている。

3.インナーワールド(AOKI takamasa Remix)
1stアルバム収録「インナーワールド」のリミックス。

4.新宝島 (instruments)

初回限定盤:カラオケ映像やメイキング、メンバー(江島・岩寺・岡崎)によるトークなど収録のDVD付属
豪華初回限定盤:上記DVDに加え、サカナクションが製作を担当した「バクマン。」の映画音楽が「MOTION MUSIC OF BAKUMAN。」として収録されたCDも付属

配信を中心に久々となるヒット作となった今作、新宝島。
この先、より突き抜けたシングルをリリースするのかまた自省的な曲に戻るのか、いろんなこの先の展開が想像でき、非常に今後の活動が楽しみだ。

収録時間
リリース 2015年9月30日
売上成績 オリコン週間9位
レーベル NF Records
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

oumizi

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる