FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C145]

葬儀屋の配役は逆だったと思います

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【ライブレポ】うしろシティ 第9回単独ライブ「どこが海のみえるまち」@東別院ホール (2018.6.24)

うしろシティ 第9回単独ライブ
どこが海のみえるまち
@東別院ホール
2018.6.24

かなり昔の話になりましたが、うしろシティの単独ライブに行ってきました。



阿諏訪と金子からなる松竹所属のコント師・うしろシティ。
東名阪福+金子の出身地新潟を巡る全国ツアーの5本目、名古屋公演。

噂通り女性ファンが多めな客席だったけど、老若男女は幅広かったかな?ラジオリスナーには居心地の悪い空気ではありました(笑)
コント9本+映像2本(それぞれ前後編)の構成。

以下、ネタバレあるので気を付けてください。タイトルは私が個人的に付けています。

16:30 開場
17:00 開演



・帰省
金子演じるキャラが久々に帰省したら母親が高校の体操着を着ているあるある…かと思いきや、自分の母親は野球部時代のユニフォームとカバン(アンダーシャツもストッキングも)フル装備w
そこからも父や祖母も着てるって設定や「バットケースにネギ」、市長とピースして市のHPに載ってるみたいな展開も面白かったけど、結局阿諏訪の扮装出落ちのインパクトは半端なかった(笑)。最後のトークによると「阿諏訪に扮装させるため」のコントらしいw。

・OP映像
オープニング曲にズーカラデル「アニー」が使われていて、個人的に盛り上がった。



・レストラン
レストランに彼女と来た青木(阿諏訪)が、同じ名字ばっかり予約されていて、というシチュエーションのコント。店員の金子と「どの青木か」探して行く。2000円のコースへの偏見w

・焼き鳥屋
「ラーメンの旨い焼き鳥屋」の店主の阿諏訪が、どんどん"店の看板"を変えていく金子さんに振り回されるコント。「おひたし屋」ってw

(VTR1本目-前編 空手の型に挑戦)

・駄菓子屋
お婆ちゃん(金子)がやっている昔ながらの駄菓子屋に阿諏訪がやってくる。お金のやり取りをするときに必ず「~万円」と付ける駄菓子屋ギャグかと思いきや、マジンガーZのプラモデルには「500万円!!」と叫ぶ。このお婆ちゃんは分かってるの?分かってないの?…最後は「マジョンガーZ!?」と騙された阿諏訪にお婆ちゃんの高笑いが響いてオチ。
お婆ちゃんっぽい佇まいなのに、突然の大声、そして最後の叫びで腹黒感をキッチリ演じる金子さんの演技力が凄かった。

・イジメっ子
不良の阿諏訪にパシらされていた金子が、ついに目覚め、不良に立ち向かうために繰り出す「ニー」のポーズの繰り返しがとにかくくだらなくって面白かった。個人的にこの日のネタで1番好き。

(VTR1本目-後編 空手の型に挑戦)

・葬儀屋

祖父の声が葬儀屋(阿諏訪)にだけ聴こえて孫(金子)には聞こえないというシチュエーションのコント。音声のギミックを使ったコント。なんとか孫に聞かせようとする葬儀屋の努力と、うまくいかないときの祖父の落胆が面白かったw
祖父の「箪笥に400万ある」という伝言を孫に伝えずに葬儀屋が取りに行こうとするというブラックなオチで終わり。

・画家
「先生の絵じゃないとダメなんです!500万円用意しました」という男(金子)の説得に負け、絵を売らない主義だった画家(阿諏訪)が絵を売ることに。用意しているというこの絵にふさわしい場所を聞くと、「ファミレスです。」
「誰も足を止めない絵」「290円のドリアを食べながら見るのに合ってる」「決して印象に残らない絵」「コピーするから1枚2500円」とドンドン強いフレーズが出てきて、画家をショックで呆れさすところまで行くのが最高。
ファミレスの絵って着眼点がとにかく好き、そこから画家に着目するって視点も好きだなぁ。

(VTR2本目-前編 新体操に挑戦)

・友達じゃないくそ村
大学生(阿諏訪)がカードゲームのルールを教えてもらうためにイケてない中学の同級生クソ村(金子)を呼ぶ。しかし、通りがかる大学の友達には友達だと思われたくないので、咄嗟にいろんな職業を振るが、「こういうコト慣れてるから」と全て完璧にこなすというコント。最後には名刺とかプリントまで出てくる。
大学生がその嘘を楽しんで強めに振るところもあって、アドリブ感の強い長めのコント。
毎回クソ村が「友達じゃない」って言ったことに謝りを求めていた伏線から、最後に「本当にお前は友達じゃないから」とクソ村が言うオチに持っていくのが秀逸。

(VTR2本目-後編 新体操に挑戦)

・陶芸家
ピンポンダッシュをする少年(阿諏訪)のせいで壺を作れない陶芸家(金子)のコント。いちいち手を洗って水が付くから削れて全部おちょこになってしまうのだとかw
しかしそのおちょこで賞をもらっているという皮肉。

(エンディングVTR スタッフロール)

・陶芸家&画家
実は陶芸家と画家が兄弟だったという設定。
コントとコントの世界観がつながってました、というオマケの短いコント。こういう世界観繋がって伏線回収する感じも好きだけど、この要素はうしろシティの単独では少な目なのかな。

・エンディングトーク
普段は扮装担当が金子なので、阿諏訪が1本目のコントの扮装を楽しんでいるという話。顔で笑わせて来たり。
「マジョンガーZ」の「ジョン」の文字がデカすぎてバレバレな話。
グッズのビーサンが売れない話。

19:00過ぎ 終演
終演後の物販には2人が立って握手・会話ができました。その代わり出待ち対応はNGだったようです。

とても楽しい単独でした。設定も展開も手堅く、それでいて繰り返すところの好みが合ってて笑えました。
前回の単独もそうだったようですが、徐々に悪意を出していくという構成にしているようで、後半にアクの強いネタが並んでた印象。苦い後味を残すオチは単独でしか見れないうしろシティの楽しみなんでしょうね。また次の単独も行きたくなりました。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

[C145]

葬儀屋の配役は逆だったと思います

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

oumizi

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。