FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【ライブレポ】ストレイテナー・SUPER BEAVER・BIGMAMA ReSPECT @なんばhatch (2018.3.27)

GREENS presents ReSPECT
ストレイテナー
SUPER BEAVER
BIGMAMA
OA:DATS
@なんばhatch
2018.3.27

このライブに参戦してきました!



関西のイベンター・GREENS主催の対バンイベント、ReSPECT。今回が初開催となるライブです。イラストとか気合入ってたから次もありそう。
世代的に遠くもなく、仲良くしててもおかしくないけど盟友ってわけではない、何ともいえない3組のバンドを集めた対バンライブイベントでした。会場はこういう時お馴染みのなんばhatch。


18:00開場
18:30開演
DATS
開場時間中のオープニングアクト。4人組バンド。yahyelとメンバー被ってるらしい。メジャーデビューも決まってるらしい。
Suchmos的な流行りの打ち込み電子音多めな洋楽っぽい音を鳴らす感じ、でも陶酔系のボーカルが煽り多めで盛り上げようとする不思議な感じ。後のストレイテナーのMCでホリエさんがコール&レスポンスのやり方イジってたしw
2曲目の声をサンプリングしてボタンで出す感じは面白かった。ドラムの正確なリズムも良かった、ただバンド編成ならもう少し生音(特にギターとベース)を活かしてほしいかなぁ
20分・4曲でした。
18:50

19:05
BIGMAMA
紅一点バイオリニストがいる5人組バンド。MCなし・アップテンポの曲を中心にノンストップで9曲を披露する攻めたライブ。
1曲目から飛び抜けてポップな代表曲「MUTOPIA」で華やかに彩り、2曲目からはパンクロック系統の曲を続けてダイバー連発。正直ダイブサークルするようなタイプかな?とは思ったけど…「秘密」の「シークレット シークレット」は頭に残るなぁ。
小休止を挟んだあとの「ファビュラ・フィビュラ」では骨太なギターサウンドの力強さが圧巻。「荒狂曲"シンセカイ"」ではさらにファンの熱気がグッと増し、メジャーデビューの最新シングル「Strawberry Feels」は前のめりなスピード感で楽しませる。
とても盛り上がっていたけれど、熱狂的なファンの温度に個人的にはやや付いていけなかったのが正直なところ。ホリエさんのMCでは「元気になった」と言われてたけど、なぜかボロボロのフードを被ってた金井はやっぱり淡々としてたし、[Alexandros]の川上洋平ほど圧倒的な存在感があるわけでもないし…前回見た「HIGH! HIGH! HIGH!」のポップで華やかな曲による祝祭ムード一杯のライブの方が良かったような。どう空気作ってもボーカルの声は爽やかハイトーンですし。

セットリスト
1.MUTOPIA
2.Swan Song
3.POPCORN STAR
4.最後の一口
5.秘密
6.ファビュラ・フィビュラ
7.荒狂曲“シンセカイ”
8.Strawberry Feels
9.ヒーローインタビュー

19:45

20:00
SUPER BEAVER
武道館即完させた4人組バンド。この日の物販でも圧倒的人気、ブレイク真っただ中の勢いを持った状態でのライブです。
「1週間もあけちゃってすいません!先輩と先輩に挟まれて、後輩がキメます!」と語りかけ、「証明」からライブスタートさせ、いきなり「ないという証明」でシンガロングを起こす。この日の歌声は熱量が凄まじかった。「青い春」でも力強い合唱を起こし、曲のスケール感をさらに広げる。
この日のイベントタイトルのeだけ小文字なのは「Re」=「再び」という意味らしいという話を挟んで、渋谷龍太ann0リスナーとしては生で聴けて感動した「正攻法」ではベースが力強い。「昨今珍しい踊れないバンドで踊ろう」と告げて演奏された「irony」は音源より何倍にも躍動感を増し、この日で印象が変わった曲です。
「東京流星群」でさらに大合唱を起こし、目の前の一人一人への感謝を語ってのバラード「人として」で感動的にライブを締め括る。
この日は本当にエモーショナル、気合十分なライブでした。演奏も熱量を感じさせ、勢いを感じさせるバンドのライブでした。まさかこの日の夜からボーカル渋谷が腹痛で検査入院するとは思いませんでしたが…無事復活して欲しいですね。

セットリスト
1.証明
2.青い春
3.正攻法
4.irony
5.東京流星群
6.人として

20:35
ストレイテナー
今日の3組の中で最もキャリアの長い、今年結成20周年を迎えたストレイテナー。
「今年大阪初ライブです!」と言い、代表曲の「Melodic Storm」からスタート。涼やかな演奏でポップなメロディーと歌声を1音ずつ響き渡らせていく。重厚感のある歪みをベースが響かせる「原色」の選曲は意外だったけど、キャリアに裏打ちされた技術によるカッコいい演奏を楽しませてくれます。
「春らしい曲を」と言いつつ正反対の「BERSERKER TUNE」、「From Noon Till Down」とキレキレのロックナンバーでフロアを沸かせ、電子音とクリーンなバンドサウンドの切り替えが目まぐるしい「DAY TO DAY」をリスナーへの日々の応援歌として演奏。
大名曲「シーグラス」を挟み、2月のマニアックなセットリストのライブで披露したという「CLARITY
」では打ち込みも使ったダンサブルな編曲の巧さを見せる。スケールの大きな「REMINDER」で本編を締め、アンコールでは本当に春らしい曲をと「彩雲」で爽やかにエンド。
この日の中で最もキャリアが長いだけあり、安定したグルーブと高いスキルの演奏で魅了してくれるライブでした。1番カッコ良いロックバンドでしたね。飄々とした立ち振る舞いでありながら、演奏を始めるとフロントマンのオーラが出てくるホリエアツシの佇まいもロックバンド然としててカッコよかったです。

セットリスト
1.Melodic Storm
2.原色
3.BERSERKER TUNE
4.From Noon till down
5.DAY TO DAY
6.シーグラス
7.CLARITY(テナマニver)
8.REMINDER
en-1.彩雲

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

oumizi

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。