Entries

Me No Do Karate. / [Champagne] (2013) ~己の歌を刻んでいく~

今回レビューするのは[Champagne]の4thアルバムであり[Alexandros]への改名前ラストアルバムとなった2013年6月リリースの
「Me No Do Karate.」
です!

61nlF0VQwGL.jpg 

Me No Do Karate.は2013年6月にリリースされた4人組バンド[Champagne](現・[Alexandros])の4枚目のフルアルバム。準メジャーレーベルと言ってもいいRX-RECORDSからのリリース。シングルを2枚含む。
キャリヤも長く3rdまでで一定の結果を残しているからか、音作りにも凝っておりスタジアムで鳴っていても違和感のないような広がりの感じられる音となっている。
また既発シングル曲もアルバムに馴染むためなのか、全てリミックスされている。また、Starrrrrrはシングルバージョンとは違いGEROCKによる炭酸を使用せず、またアウトロも追加された別バージョン。
アルバム全体を通してメロディーの良さ・爽やかさが強く感じられるミックスになっていて、夏のドライブに似合うような1枚。

冒頭の3曲でガッツリ掴まれてしまい、最後の曲までそのまま引っ張られてしまうまさに名盤
アレンジ力も抜群で、今作から導入したという打ち込みも生きてるし、その一方でStarrrrrrで聞こえるアコギのジャキジャキ感も爽やかで心地いい
中華風イントロの曲やスタジオでの雑談の音も生かした曲など自由でふざけているような編曲あり、メロディーを聴かせる壮大なバラードもあり、パンクやメタルの要素を生かした曲もありと様々な曲があってアルバム通して聞いても全く飽きることがない。本当にアルバム40分が一瞬に感じてしまう。
既発シングル「starrrrrr/涙がこぼれそう」「Forever Young」がポップに振り切っていて方向性を転換したかな?と思ったのだが、全くそんなことはない。個人的にはポップとロックのいいところをつまみ食いしたような印象。洋楽の大御所バンドかのような安定感と遊び心さえ感じられる。
どの曲も安定して分かりやすく良いメロディーで、きっちりポップに消化させているあたりはさすがの一言。以前の3枚のアルバムはロック色が強く万人受けするとは言い難かったが、このアルバムは豊富な曲調とグッドメロディーから万人受けするだろう。また洋楽の影響も上手に取り入れている。
歌詞は日本語・英語を大体半分ずつで織り交ぜている。日本語のみ・英語のみの曲もあれば英語と日本語が混じった曲もある。しかし、シリアで育ち日本語・英語をどちらも話すボーカルが作曲しているため、無理して英語を使っている印象は一切なく、英語も日本語も関係なくすんなり聞けることができる。洋楽・英語詞への導入にも聞きやすいだろう。

[Champagne]の改名前最後のアルバムにして大きくステップアップしたアルバム。ロック・ポップどちらのファンからも受ける屈指の名盤。個人的には2013年の夏を象徴する1枚


個人的評価…92点


オススメ曲レビュー
1.Rise
壮大なピアノイントロから入りAメロで何かが始まるような高揚感、そして「Tonight」と繰り返し歌うサビメロのハンパない爆発力と1曲目として文句の付けどころのない。
スタジアムで鳴らされている壮大な景色が思い浮かぶ名曲。

2.Stimulator
打ち込みを使った1曲で、「刺激物」というタイトルにふさわしい刺激的かつ疾走感のある1曲。
打ち込みのかっちりしたメロディーの中走っていくメロディーとメロ乗りのいい歌詞が気持ちいい。

3.Starrrrrr
既発シングル曲のアウトロ追加バージョン(シングルはフェードアウト)。
とにかくメロが良い。大きな会場でシンガロングを巻き起こせるスケール感を持ったメロ。
英語日本語混じりの歌詞ながら意味も伝わりやすく歌いやすい。間奏のギターソロも疾走感があっていい。
アルバムバージョンになり、アコギの爽やかさがより感じられるようになった。

8.Travel
なんとなく郷愁を感じさせる歌謡曲的・せつなげなメロディーが心にのこる1曲。
そんなJ-POP風メロディーながら全英詞なのもいい。
アルバム中盤ながら中だるみさせることない、このアルバムが名盤たる所以をものがたる名曲。



[Champagne]
川上 洋平(Vo & Gt)
磯部 寛之 (Ba & Cho)
白井 眞輝 (Gt)
庄村 聡泰(Dr)

収録曲 (青文字…既発シングル収録曲)
1.Rise (8thシングル「Run Away/Oblivion」C/Wとしてリカット)
2.Stimulator
3.Starrrrrr (両A面6thシングル・シングルとは別バージョン)
4.Kick & Spin
5.涙がこぼれそう (両A面6thシングル)
6.Ho!
7.Forever Young (7thシングル)
8.Travel
9.Wanna Get Out
10.This is Teenage
11.Plus Altra
全作詞作曲:川上洋平
全曲セルフプロデュース

初回限定盤…三方背ケース・フォトブック付

収録時間 47:03
リリース 2013年6月26日
売上成績 オリコン13位
レーベル RX-RECORDS(インディーズ)


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

oumizi

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる