Entries

【一曲入魂031】初恋 / Base Ball Bear (2012)

今回紹介するのはギターロックバンド・Base Ball Bearの
「初恋」
です。



「初恋」は2012年7月11日リリースの2ndミニアルバム「初恋」収録曲。
映画「図書館戦争 革命のつばさ」主題歌。

ストレートなラブソングを歌ったポップソング。
映画のクレジットで流れることを意識したような広がりのあるミディアムナンバーであり、サビでは「カノン進行」と呼ばれる王道のコード進行を用いて作られた楽曲。

そのため、ベボベの中でも屈指のポップな仕上がり。
しっかりキメを打ってサビに向かう流れや一音一音しっかり歌われるサビメロなど、ポップスらしい、悪く言うと"売れ線"らしい点も見られる。
けれど、こういったしっかりとしたポップソング・歌謡曲的な楽曲をバンドサウンド"だけ"で演奏しているという所がベボベらしいし、この曲のポイントだと思う。こういったバラード的な楽曲ですぐにストリングスに頼りがちな近年のポップスの中で、バンドサウンドでしっかり歌を聴かせられる楽曲になっている。
ベース・関根の女声コーラスも加えられて、"口ずさめる"ようなヒット曲らしい風格も感じられるし、ラスサビのギターソロも涙腺を刺激するようなメロディアスなラインをたどっていて素晴らしいし、メロディーの力に演奏が負けていない名曲だと思います。

歌詞も甘酸っぱい恋模様を「君色20,000色で」「初めてじゃないこの恋を 終わらない最初の恋にしよう 最後の恋にしよう」と独特の言い回しを交えつつ瑞々しく切り取っていて、真っ直ぐなメロディーにマッチしたピュアな歌詞になっています。
個人的に、ベボベの中で一番「真っ直ぐな良い曲」だと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

oumizi

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる