Entries

THE END / BLUE ENCOUNT (2017) ~信じた夢の先で あなたに出会えた~

今回レビューするのは熊本出身、熱血ロックバンド・BLUE ENCOUNTの3rdフルアルバム
「THE END」
です!

BLEND.jpg 

「THE END」は4人組バンド・BLUE ENCOUNTのメジャー2nd、通算3枚目のフルアルバム。
前作から1年半ぶり。前作以降に発売されたシングル4作から表題曲とカップリング1曲の5曲を含む全13曲収録。

バンドの熱量がグッと詰め込まれた、集大成的な力作
キャッチーなメロディー前のめりでテクニカルな演奏真っ直ぐで熱い歌声、すべてがエネルギッシュでパワフル

徐々に増していく音数、壮大な構成とパワフルなメロディを聴かせる表題曲のロックバラード「THE END」でアルバムは幕を開ける。
2曲目にしてバンド史上でもトップクラスにラウドな「HEART」からは急加速。ギター江口のタッピング奏法も炸裂する4つ打ちのシングル曲「Survivor」、反骨心剥き出しの「TA・WA・KE」と攻撃的で前のめりな演奏、エモでハードな楽曲が並びます。
跳ねるような4つ打ちリズムと明るいギターリフがテンションを上げる「ルーキー ルーキー」を挟み、メロウな曲が並ぶパートへ。ボーカル田邊の尊敬するback numberのように、情景描写と心情描写を織り混ぜた美しい失恋バラード「涙」、ブルースチックに全英詞で軽やかなラブソング「LOVE」と、対照的なラブソングを2曲続けることでJ-POP的な楽曲の中でも勝負できることを示している。

パワー全開な「LAST HERO」、青春パンク的なアプローチの「GO!!」で痛快なドライブ感と伸びやかな歌声を響かせ、いよいよ「city」へと入っていく。
外部の編曲者に土台となる打ち込みのトラックを製作してもらうことで柔らかなシンセ中心のラップナンバーとなっている「city」はボーカル田邉が苦難続きのバンドヒストリーと熱い決意を吐露する、バンドの歴史の中でも大きな意味を持つであろう1曲。一定の成功を収めた彼らだからこそ、苦労をしっかりと振り返られると共に、「あなたにとっての「街」になってみせる」という決意も実感をもって立ち上がってくる。
そして、最後はリスナー=あなたを後押しする「だいじょうぶ」、「はじまり」とシングル曲2曲を続けて終了。

「city」を除いてはバンドサウンドが炸裂する中で、もちろん演奏力の安定感がアルバムとしての完成度を高めている。楽曲の空気感にマッチした演奏で、必要以上にテクニカルには走らないものの技術的な水準の高さもしっかりアピールしています。
特に、「TA・WA・KE」や「HEART」といったゴリゴリとしたグルーヴを形成しているベースの重たさが今までより格段に良くなっていますね。勿論、タッピングやパッキングなど様々なアプローチを見せるギターが印象的な楽曲は多く、「ルーキー ルーキー」や「Survivor」といった曲のギターリフは非常に耳に残ります。

そして、バンドサウンドの中でも伸びやかに力強さを持ってリスナーの耳に飛び込んでくるボーカル田邉の声、そしてパワフルでキャッチーなメロディーもこのバンドの持ち味の1つ。「熱血バンド」なんて言われることもありますが、しっかり思いを乗せて届けられる歌声とメロディーの器量の大きさがあってのこと。
歌詞では確かに青臭い面も強いですが、これだけ素直で熱いメッセージを歌えるバンドも近年稀ですし、私は良いと思いますよ。

ただ、唯一気になるのは「スクールクラップ」という曲の立ち位置。
セリフまで入った学生ノリを体現した"悪ノリ"的な楽曲で(RADWIMPSの初期に近い)、それがシリアスな「city」の前に置かれていることは明らかにアルバムの流れをぶった切っていると思います。
これまでカップリングでもこのようなフザケを見せなかった彼らがどうしてこのアルバムのこの局面でこの曲を入れようと思ったのか…理解に苦しみます。
ギターリフでチャイムを鳴らすというアプローチも、Shout it Out「青春のすべて」で先にとられていますしね…

そんな、熱くてパワフルなギターロックの名盤
とりあえず、気になったなら一度手に取ってみてはどうだろうか。
このアルバムを聴いて、私は彼らについて行こうと思ったし、これから彼らがもっと高みに行く姿が楽しみになりました。

個人的評価…89点


オススメ曲
2.HEART
「city」の歌詞にも出てくるエルレ的な全英詞のエモいナンバー。
火柱が上がるような激しく熱い景色が思い浮かぶ楽曲だ。


3.Survivor
アニメタイアップでもあるキャッチーな4つ打ちロックナンバー。


5.ルーキー ルーキー
アジカン的なキャッチーなリフのアップテンポロックナンバー。
高音のギターと対照的なベースの低音がしっかり響いている。

8.LAST HERO
伸びやかで力強いサビがキャッチーなロックナンバー。


13.はじまり
サッカー選手権大会のテーマソングだったロックバラード。


BLUE ENCOUNT
田邊 駿一(ボーカル, ギター)
江口 雄也(ギター)
辻村 勇太(ベース)
高村 佳秀(ドラムス)

収録曲 (既発曲…青字)
1.THE END
2.HEART
3.Survivor (4thシングル・アニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」OP)
4.TA・WA・KE
5.ルーキー ルーキー
6.涙
7.LOVE
8.LAST HERO (6thシングル・日テレ系ドラマ「THE LAST COP/ラストコップ」主題歌)
9.GO!! (5thシングルC/W)
10.スクールクラップ
11.city
12.だいじょうぶ (5thシングル)
13.はじまり (3rdシングル・第94回全国高等学校サッカー選手権大会応援ソング)

全曲 作曲作詞:田邊駿一
編曲:BLUE ENCOUNT
板井直樹(#11)

初回限定盤:ライブ映像5曲、ドキュメント映像収録DVD付属

収録時間 46:39
リリース 2017年1月11日
売上成績 オリコン週間7位
レーベル Ki/oon Music
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

oumizi

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる