Entries

WE / 家入レオ (2016) ~ここからはじまる Fly high together~

今回レビューするのはベスト盤をリリースした家入レオの直近のオリジナルアルバム
「WE」
です!

WEieiri.jpg


「WE」は家入レオの4thアルバム。前作から約1年4ヶ月ぶり。前作以降の3シングルから3曲とボーナストラックとしてC/W1曲が収録。

以前の暗く尖った印象が強かった作品とは打って変わり、開放的な空気に包まれた良盤。先行シングルで感じさせた変化の兆しを一気に開放された勢いが感じられ、本人がインタビューで語っているように「第二のデビュー作」と言えるようなアルバムだと思います。

「君がくれた夏」を製作後、マネージャー含めスタッフが総変えになったこともあり、プロデュース・制作体制も今作で大きく変化。西尾芳彦プロデュースから、Superfly等で知られる多保孝一をプロデューサーとして迎え、「シティボーイなアイツ」ではGalileo Galileiのプロデュースも手掛けたPOP ETCのクリストファー・チュウが編曲を担当している。
そのことによって、音楽性も大きく変化。これまでの鬱屈した力強さを漂わせるテイストから打って変わり、
20代の女の子らしいキラキラしたポップな輝きを放つ楽曲がズラッと並ぶ。
さらに、キッチリ生バンドを招いて制作されているため、演奏・編曲面の豊かさも魅力的。今まで以上に表現力豊かで、今までよりも明るさが増したような素晴らしい歌声がより楽しめる楽曲が並んでいます。
キーボードとバンドサウンドが突き抜けるような爽快感を生むアップテンポナンバー「僕たちの未来」「Brand New Tomorrow」「Party Girl」「Hello To The World」を基軸に、ギター・ドラムの細かでテクニカルな動きが心地いい揺らぎを生んでいる「恍惚」やアンビシエントなスローナンバー「we」、打ち込み・デジタル的要素を盛り込んだ意欲的な「シティボーイなアイツ」とアクセントを付けつつ、ラストは壮大でメロディアスなバラード「Every Single Day」へつながるなど、幅広い曲調が楽しめる。
以前までの作品は予算削減狙いの打ち込み体制が明らかに目立ち、曲調に違いはあってもサラッと流れていく(特にアルバム曲)ような"それっぽい"曲が多かったので、今回の変化はかなり衝撃的だった。

歌詞面でも、スタッフの変更を受け、単独名義の作詞も出てくるなど大きな変化がみられる。
具体的には今までの陰なイメージから解き放たれて陽で自由なキャラクター性を押し出していることが印象的だ。
「僕らにしか見えない光」「君と辿り着く その先へ」と歌う「僕たちの未来」や「Hello To The World」は
同世代の仲間への応援歌となっているし、「マジメだと誤解してない? テレビでは見せない 本当の私」という驚くようなフレーズが出てくる「Party Girl」や「これがいわゆる 噂の濃いですか?」といったコミカルな歌詞が出てくる「シティボーイなアイツ」など、20歳になったばかりの等身大な女の子目線の歌詞は素直かつ新鮮で良いですね。

一気に突き抜けた急速な変化で月9主題歌のヒットバラード「君がくれた夏」だけが重たく聞こえてしまう(他が全て長調というのも極端)印象になってしまうのは少し残念ですが、勢いよく始まり変化球を見せ、「Hello To The World」で再加速しバラードでまとめるという構成も含め、とても聴き易く好感触なアルバム。
これまでのネガティブなイメージに惹かれたファンはやや違和感は感じるかもしれないですが、勢いや素直さ、共感を呼びそうな歌詞観も非常に好印象ですし、ベスト盤以降もこの方向性で進んでほしい物ですね。自作率も上がってますし、それも楽しみです。


個人的評価…86点

家入レオ

収録曲 (既発曲…青字)
1.僕たちの未来 (12thシングル・日本テレビ系土曜ドラマ「お迎えデス。」主題歌)
2.Brand New Tomorrow (アニメ映画「ペット」イメージソング) 
3.君がくれた夏 (10thシングル・フジテレビ系月9ドラマ「恋仲」主題歌)
4.恍惚
5.Party Girl
6.I Wish
7.we
8.Hello To The World (11thシングル・TBS系テレビ「CDTV」2・3月度オープニングテーマ曲)
9.シティボーイなアイツ
10.さよなら Summer Breeze
11.そばにいて、ラジオ (「#フクラジ」キャンペーンソング)
12.Every Single Day
13. オバケのなみだ (Bonus Track) (11thシングルC/W・NHKみんなのうた2-3月度)

作詞:家入レオ
         多保孝一(#2,4,8,9)、jam(#6)、西尾芳彦(#13)
作曲:家入レオ(#5,7) 家入レオ・多保孝一(#8,9)
         多保孝一(#1,2,6,10-12) 多保孝一・須藤優・堀正樹(#4) 西尾芳彦(#3,13)
編曲:多保孝一(#1,2,5,7,8,10-12) 多保孝一・須藤優・堀正樹(#4)
         佐藤希久生(#3) 本間昭光(#6) POP ETC(#9) 三輪コウダイ(#13)

初回限定盤…ライブ映像・MVを収録した特典DVD付属

収録時間 55:18
リリース 2016年7月6日
売上成績 オリコン週間6位
レーベル ビクターエンタテインメント
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

oumizi

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる