Entries

心臓文庫 / LACCO TOWER (2016) ~そんな何かを 探している未来の前夜~

今回レビューするのはLACCO TOWERの
「心臓文庫」
です!

LACCOT.jpg


「心臓文庫」はLACCO TOWERのメジャー2nd、通算6枚目のフルアルバム。前作「非幸福論」から約1年ぶり。
メジャー1stシングルにしてドラゴンボールタイアップの「薄紅」を含む10曲収録。

いよいよ勝負をかけてきたか、という気合を感じる力作
以前からの得意技であった美しい歌メロとソリッドなバンドサウンドを融合させた楽曲が並び、バンドとして一皮むけたと感じさせます。

これまでは、前作で言うと「星空」みたいなメロウな楽曲と「葡萄」のような激しい楽曲が分離していて、まるで別のバンドの楽曲のような印象を与えることがありました。
ですが、今作では疾走感ある中にメロディアスな良メロを乗せるという新たな手法を確立し、シングル曲「薄紅」やリード曲「未来前夜」といったバンドの新たな代表曲が生まれている。

もちろん、「狂想演奏家」の面目躍如とも言える演奏面での魅せ場も多数
緊迫感のあるピアノから変拍子を含んだドラマチックな構成へと進む1曲目「罪之罰」や「蜂蜜」は、ベースの重たい音色やズシリとしたドラムが切迫感を感じさせます。バンド一丸となって突き進むような攻撃性を持つ「秘密」や遊び心が感じられる「楽団奇譚」はLACCO TOWERらしいエモーショナルで演奏の熱気を感じさせるバンドナンバー。
シングル「薄紅」をきっかけに、キーボードやギターなどのクリーンな音作りで爽やかさも感じさせる「未来前夜」や「世界分之一人」はこれまでのバンドにとっては新機軸と言えるものですが、メロディーのポップさをよりストレートに伝える好アレンジだと思いますね。J-POPとしても違和感のない、メジャーっぽい編曲。
アコギから始まるメロウな「蛍」や叙情的な「珈琲」、アルバムの大団円的なスケールの広がりを思わせる最終曲「相思相逢」といった"聴かせる"楽曲のメロディーの質の高さはこのバンドの強み。胸を締め付けるようなドラマ性を感じさせます。

デビュー以来漢字のみの曲名・日本語詞に拘っている彼ららしく、比喩的な表現や豊かな感情表現といった文学的な日本語を歌詞として綴っている。
「私」と「あなた」といった1対1の関係を歌う「薄紅」「珈琲」から、「ねぇ世界」と呼びかける「世界分之一人」のように自分と他の関係を歌うものまで、歌詞の世界観が曲によって様々なのも特徴的。アルバムタイトルにもある「文庫」のように1曲ごとに短編小説がつづられているような感覚になる。

"激しいバンド"というイメージから離れ、シングル「薄紅」で進んだ新たな方向性を進み、歌を軸としたアルバムとして今後のバンド活動の礎になるのではと思う力作。
前作のレビューでも触れたとおり、所々シャウトが混じるのが気になるところ。曲の系統としても、バンドとしての方向性としても、クリーンに歌い上げた方が気持ちいいと思うのですが…
キーボードを用いたバリエーション豊かな編曲歌謡曲的な良メロがこのバンドの長所だと思うだけに、今作で見出した新たな得意技をさらに自分のものとして、更なる飛躍を期待したいところです。武道館やMステといった場所を目標だと語っているだけに…ね。



個人的評価…82点

LACCO TOWER
松川ケイスケ:Vocal
塩崎啓示:Bass
重田雅俊:Drums
真一ジェット:Keyboards
細川大介:Guitar

収録曲 (既発曲…青字)
1.罪之罰
2.未来前夜
3.薄紅 (5thシングル・アニメ「ドラゴンボール超」ED)
4.蜂蜜
5.楽団奇譚
6.蛍
7.世界分之一人
8.秘密
9.珈琲
10.相思相逢

全曲作曲:LACCO TOWER 作詞:松川ケイスケ
編曲:LACCO TOWER

初回限定盤…ライブ映像4曲&MV1曲のDVD付属

収録時間 43:12
リリース 2016年6月8日
売上成績 オリコン週間28位
レーベル TRIAD
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

oumizi

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる