Entries

Oumi's Best Music 2016 【個人的音楽大賞】

ついに2016年も残り数日となりました。
ということで今回は
「Oumi's Best Music 2016」
と題して今年の音楽の中からMy Favoriteなものをランキング形式で発表したいと思います。
対象は2016年1/1~12/31発売のものとします。個人的に今年に入ってから聞いたとしてもこのランキングの対象にはしていません。(星野源「YELLOW DANCER」、Base Ball Bear「C2」など)

楽曲部門・アルバム部門・アーティスト部門の3部門です!

楽曲部門
今年もトップ30をカウントダウン!30~21位は曲名のみ、20~11位は動画+一言、10位以上はコメントが付きます。

30.あなたに出会えて/Rhythmic Toy World
29.シンクロニシティ/HY+BIGMAMA
28.薄紅/LACCO TOWER
27.サイレントマジョリティー/欅坂46
26.僕から君へ/Bentham
25.砂の塔/THE YELLOW MONKEY
24.ともに/WANIMA
23.はじまり/BLUE ENCOUNT
22.春が終わる前に/Halo at 四畳半
21.Maybe/Brian the Sun

20.スミレ/秦基博

軽快でポップに突き抜けた秦基博の新境地。気持ちいい。

19.多分、風。/サカナクション

サカナクション流80'sポップス。作りこまれた爽快感。

18.LOSER/米津玄師

アタック感の強いダウナーなダンスナンバー。今までになかったパワフルさが好印象。

17.Swan/[Alexandros]

デジタル要素が盛り込まれた疾走感のあるギターロック。クールでカッコいい。

16.mix juiceのいうとおり/UNISON SQUARE GARDEN

ドキャッチーで明るいバンドポップス。耳に残り、胸弾む1曲。

15.Horizon/04 Limited Sazabys

アルバム冒頭を飾った、決意の1曲。スケールの大きなメロが良い。

14.前前前世/RADWIMPS

RADWIMPSからこんな王道の曲が出てくるとは…寸分の狂いもないストレートなギターロック。

13.青い春/SUPER BEAVER

「青春は続いていく」というメッセージが込められた開放的なロックナンバー。

12.スタンドバイミー/KANA-BOON

演奏も歌詞も力強いメッセージソング。覚えやすいメロディーを口ずさみながら、この曲には今年何度も励まされました。

11.インフェルノ/9mm Parabellum Bullet

1分半の必殺激熱ナンバー。9mmを詰め込んだ1曲。

10.テレキャスター・ストライプ/ポルカドットスティングレイ

「麻薬的な依存と、恋という茶番さ」
4つ打ちダンスビートに変則的にピロピロ動き印象に残るギターリフが頭から離れない。変なメロディーと色っぽい歌い方もマッチしてるし、ラスサビの転調もバッチリ決まってる。
セルフプロデュース力の高い"魅せる"MVもいいですよね。
今年の後半、中毒的にヘビロテした1曲です。

9.黒い猫の歌/back number

「僕らしいって何色なんだ」
柔らかなピアノ・アコギの音に包まれつつ、ベースとギターの絡み合いにバンドらしさを感じられるミディアムポップス。
曲調は明るいのですが、どこか長い旅を思わせるような、郷愁を感じさせます。
自分を探しつつ目標に向かう前向きなもので心に染みる歌詞。
こういうJ-POPラブソングじゃないback numberの一面はもっとフィーチャーしてほしいところ。

8.Lovers/sumika

「ねぇ浮気して ねぇよそ見して ずっとずっと離れぬように」
キャッチーなサビが頭に残る軽やかなミディアムポップス。
ポップで良いメロディーと朗らかな歌声は聞き心地がいい。
ストリングス・ピアノをふんだんに盛り込んだ生音重視の編曲で暖かく柔らかな印象。
パッと聞きは普通じゃないけど、素直で真っ直ぐな男の心情を綴る歌詞も魅力的です。
ポップ職人としてのバンド・sumikaの最高傑作ではないでしょうか。

7.醒めない/スピッツ

「最初ガーンとなったあのメモリーに 今も温められてる」
軽快で弾むような、バンドポップス。
サビのキャッチーなメロディーは開放的で、さすが歴戦のベテラン。
力強いベースなどバンドの演奏も聞きごたえあり、またホーン隊によりゴージャスに彩られている。
もうすぐバンド30周年というタイミングでこんな瑞々しい曲が出てくるとは衝撃的だし、これからが楽しみになってきます。

6.Feel like/[Alexandros]

「I feel like singing without a word」
スタイリッシュでクリアな音像による全英詞のシティポップス。
ふわふわしたシンセとパキッとしたドラムが絡み合い、漂うような浮遊感に体を揺らしたくなる。
薄味な編曲とスパッと終わるシンプルな構成で、何度でも聴きたくなります。
ここまで洋楽らしい[Alexandros]は初めてかと。この方向性も面白いですね。

5.恋/星野源

「愛が生まれるのは 一人から」
言わずと知れた今年1番のヒット・ポップス。サビメロのキャッチーさ、高揚感を煽る絶妙なスピード感はたまらない。
昨年の「YELLOW DANCER
」から引き続きの生音主義によるゴージャスな編曲で、スリリングなストリングスの使い方は聞きごたえあり、細かに動くギターリフは頭に残ります。
ドラマに絡ませつつ、「夫婦を超えて行け」「二人を超えて行け」とキメ台詞的な要素も盛り込まれた歌詞は見事に作られてますね。
売れるして売れた1曲。ヒットメーカー&スーパースターとなった無敵状態の星野源、今後はどうなる。

4.ランアンドラン/KANA-BOON

「迷わず 走ってゆけ」
王道8ビートのギターロック。卒業の季節を意識した応援歌となっている。
メロディアスな一面を魅せつつ疾走感を感じさせる軽やかさもあるのが良い。サビは力強く後押ししてくれます。
彼らにとって今は迷いの時期かもしれないが、このまま突き進んで欲しい。ほんといい歌を作るバンドだと思うから。

3.鬼/クリープハイプ

「だから触ってよ ちゃんと 君が確めてよ」
鋭く歪んだギターサウンドによるエッジーな1曲。
サビの「もういいかい?もういいよ ここだよ」というフレーズが頭の中を回る中毒的な要素がある。
音が整理されていてクッキリしているのがいいですね。
久々にクリープハイプらしく尖っているのがカッコいい。

2.ハッピーエンド/back number

「青いまま枯れていく あなたを好きなままで消えていく」
久々にback numberど真ん中の失恋バラードが来た!やはりこうでなくては。
胸を締め付けるようなマイナーコードのメロディーの使い方が絶妙で涙腺をくすぐる1曲。
コバタケ編曲もドラマチックで勝負曲のタイミングではいいですよね。もう少しエレキギターを前に出しても良かったと思うのですが(笑)

1.シーグラス/ストレイテナー


「丸いガラスを空に透かして 次の言葉を探してる」
美しいメロディーと絶妙に走っていくようなテンポが切なく胸に迫ってくる名曲。
リズミカルで涼やかなギターのカッティングもいいです。
今年の7月~9月はとにかくこの曲を聞き続けてました。これからも夏の終わりに毎年聞きたくなるとおもう1曲です。

候補
Horizon/04 Limited Sazabys
Climb/04 Limited Sazabys
Lost!!/9mm Parabellum Bullet
インフェルノ/9mm Parabellum Bullet
もっと/aiko
ブラッドサーキュレーター/ASIAN KUNG-FU GENERATION
僕の名前を/back number
黒い猫の歌/back number
ハッピーエンド/back number
reunion/back numberと秦基博と小林武史
僕から君へ/Bentham
はじまり/BLUE ENCOUNT
Survivor/BLUE ENCOUNT
だいじょうぶ/BLUE ENCOUNT
Maybe/Brian the Sun
切り札/cinema staff
KNOW KNOW KNOW/DOES
Alche (mist)/the equal lights
青い血/Galileo Galilei
車輪の軸/Galileo Galilei
春が終わる前に/Halo at 四畳半
夜明け/Hello Sleepwalkers
2xxx/Hello Sleepwalkers
シンクロニシティ/HY+BIGMAMA
ランアンドラン/KANA-BOON
机上、綴る、思想/KANA-BOON
スタンドバイミー/KANA-BOON
Hello Wonderland/KEYTALK
薄紅/LACCO TOWER
秘密/LACCO TOWER
Memories/MAN WITH A MISSION
結 -ゆい-/miwa
パブリック/Mrs. GREEN APPLE
In the Morning/Mrs. GREEN APPLE
エーキューライセンス/NICO Touches the Walls
FLASH/Perfume
光/RADWIMPS
前前前世/RADWIMPS
あなたに出会えて/Rhythmic Toy World
Team B/Rhythmic Toy World
UTAGE/SAKANAMON
アイアデル/SAKANAMON
中庭の少女たち/SHISHAMO
みんなのうた/SHISHAMO
逆光/Shout it Out
青春のすべて/Shout it Out
Stay Tune/Suchmos
Lovers/sumika
sara/sumika
ことば/SUPER BEAVER
青い春/SUPER BEAVER
Signal/TK from 凛として時雨
パンデミックサドンデス/UNISON SQUARE GARDEN
mix juiceのいうとおり/UNISON SQUARE GARDEN
飛んで君入る夏の僕/URCHIN FARM
ともに/WANIMA
Monster/WHITE ASH
ワンダー/WOMCADOLE
砂の塔/THE YELLOW MONKEY
僕たちの未来/家入レオ
ナツコイ/井上苑子
拝啓、いつかの君へ/感覚ピエロ
わかってんだよ/キュウソネコカミ
鬼/クリープハイプ
僕は君の答えになりたいな/クリープハイプ
サイレントマジョリティー/欅坂46
多分、風。/サカナクション
シーグラス/ストレイテナー
原色/ストレイテナー
醒めない/スピッツ
子グマ!子グマ!/スピッツ
さくらのうた/高橋優
きっかけ/乃木坂46
サヨナラの意味/乃木坂46
終わりのない空/秦基博
スミレ/秦基博
オンリーワンダー/フレデリック
恋/星野源
Newspeak/ぼくのりりっくのぼうよみ
テレキャスター・ストライプ/ポルカドットスティングレイ
LiAR/ポルノグラフィティ
雪恋/山本彩
LOSER/米津玄師
別れの歌/忘れらんねえよ
Swan/[Alexandros]
Feel like/[Alexandros]
ムーンソング/[Alexandros]


アルバム部門

トップ10をカウントダウン!
10.Planless Perfection/Hello Sleepwalkers
今、最も近未来的な音を鳴らすバンド。聴いていて興奮する1枚。

9.Sea and The Darkness/Galileo Galilei
ラストにしてようやく決定盤にして名盤が出た。洋楽と邦楽の良いとこ取りした一枚。

8.醒めない/スピッツ
レビュー済。まだまだ衰えない瑞々しさでロックに弾けた1枚。

7.enreka/04 Limited Sazabys
ブレイク真っただ中のメロコアバンドらしい、勢いに溢れた開放的な1枚。

6.Origin/KANA-BOON
レビュー済。まっすぐなギターロックアルバム。王道の力強さが良い。

5.EXIST!/[Alexandros]
EXISTST.jpg
レビュー済。多彩な音楽性をアレキ節の芯で突き通す、さらに広がったニューステージに足を踏み入れた1枚。

4.woman's/My Hair is Bad
WKMAN.jpg
言葉が立った、言霊を感じるアルバム。勿論、ストレートなギターロックの熱も素晴らしい。

3.COLD DISC/ストレイテナー
ストレイテナーCD
レビュー済。キャリアを積んだバンドがポップセンスに磨きをかけて放った名盤。

2.世界観/クリープハイプ
kuri-pu.jpg
レビュー済。苦境を乗り越え、エッジーな感性を取り戻した彼らが放つ最高傑作。原点回帰かつ鋭い楽曲が並ぶ。


1.Dr.Izzy/UNISON SQUARE GARDEN
20160728203840809.jpg
レビュー済。キャッチーでポップ、なのにロックでカッコいい。UNISONらしさが結集された1枚。

候補
EXP/Bentham
LaLaLa-Prima/the equal lights
Sea and The Darkness/Galileo Galilei
Innocentpia/Halo at 四畳半
Planless Perfection/Hello Sleepwalkers
Syncronicity/HY+BIGMAMA
Origin/KANA-BOON
心臓文庫/LACCO TOWER
TWELVE/Mrs. GREEN APPLE
woman's/My Hair is Bad
勇気も愛もないなんて/NICO Touches the Walls
人間開花/RADWIMPS

「HEY!」/Rhythmic Toy World
HOT ATE/SAKANAMON
SHISHAMO 3/SHISHAMO
アンサーパレード/sumika
27/SUPER BEAVER
Dr.Izzy/UNISON SQUARE GARDEN
SPADE 3/WHITE ASH
純情ランドセル/赤い公園
WE/家入レオ
Hello/井上苑子
ダウトの行進/空想委員会
世界観/クリープハイプ
COLD DISC/ストレイテナー
醒めない/スピッツ
Rainbow/山本彩
忘れらんねえよのこれまでと、これから。/忘れらんねえよ
EXIST!/[Alexandros]
eureka/04 Limited Sazabys
Waltz on Life Line/9mm Parabellum Bullet


アーティスト部門
マイブレイクアーティストを5組厳選しました。
5.SUPER BEAVER
忘れらんねえよとの対バンでほぼ事前情報もなしに見て一気にハマる。
メッセージ性の強い、熱い音楽性が良い。

4.RADWIMPS
まさか、このタイミングで大ブレイクするとは。
前前前世のようなストレートな楽曲が彼らから出てくるのも意外でした。

3.Shout it Out
今年上半期推していた、ライブにも何度か行った20歳の超若手バンド。
まさかのメンバー脱退には驚きましたが…スターダムを駆け上がっていくバンドだと信じてます。

2.クリープハイプ
やや期待せずに借りたアルバムが屈指の名盤。
「鬼」の初聴時の衝撃は忘れられません。

1.sumika
ポップな楽曲を鳴らす若手バンドとして唯一無二の存在。
リハで「シーソーゲーム」(ミスチルカバー)も歌ってくれた、イベントで見たライブの楽しさは今年一番。年明けのワンマンも期待しています。

候補
04 Limited Sazabys
back number
BLUE ENCOUNT

Brian the Sun
My Hair is Bad
RADWIMPS
Shout it Out
sumika
SUPER BEAVER
UNISON SQUARE GARDEN
URCHIN FARM
家入レオ
井上苑子
クリープハイプ
欅坂46
ストレイテナー
秦基博
山本彩
[Alexandros]
関連記事
スポンサーサイト

コメント

[C93]

今年リリースの個人的トップ10になりますが

1位 Shift/The Living End
2位 Valley of the Windmill/Circa
3位 NOW/Seahorse Divorce
4位 Victorious/Wolfmother
5位 ハンドルを放す前に/OGRE YOU ASSHOLE
6位 Drag It Down On You/Ceres
7位 Seeing the sky and the stars/Key Out
8位 怪談 そして死とエロス/人間椅子
9位 Marigold Comedown/Marlinspike
10位 本気で演りたい/QOOLAND

こんなところです
この記事の中で好きなのは米津玄師です
クリープハイプは当落線上でしたが今作を聞いてもう少し追いかけてみようかと思いました

[C94] Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!!

米津玄師もクリープも、今年の作品を聞いて私ももう少し追いかけてみようと思ったアーティストですね。

> 今年リリースの個人的トップ10になりますが
>
> 1位 Shift/The Living End
> 2位 Valley of the Windmill/Circa
> 3位 NOW/Seahorse Divorce
> 4位 Victorious/Wolfmother
> 5位 ハンドルを放す前に/OGRE YOU ASSHOLE
> 6位 Drag It Down On You/Ceres
> 7位 Seeing the sky and the stars/Key Out
> 8位 怪談 そして死とエロス/人間椅子
> 9位 Marigold Comedown/Marlinspike
> 10位 本気で演りたい/QOOLAND
>
> こんなところです
> この記事の中で好きなのは米津玄師です
> クリープハイプは当落線上でしたが今作を聞いてもう少し追いかけてみようかと思いました
  • 2017-01-05 18:11
  • oumizi
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

oumizi

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる