Entries

【ライブレポ】WOMCADOLE climbgrow 「瀧昇 一本目 二〇一六」 @滋賀B-FLAT (2016.11.13)

瀧昇 一本目 二〇一六
@滋賀B-FLAT
2016.11.13

WOMCADOLE
climbgrow

このライブに参戦してきました!





「瀧昇 一本目 二〇一六」はWOMCADOLEによる東阪滋の自主企画。
その3本目ラストとして、climbgrowとのツーマンライブが実現。
どちらも「ロックンロールバンド」を自称する、音楽性的にも似通った滋賀のほぼ同年代(どちらも閃光ライオット出身)のロックバンド同士が浜大津B-FLATで対バンするという、中々に熱い組み合わせ。
チケットも完全ソールドアウトし、期待の高まるライブでした。

会場の滋賀B-FLATは浜大津駅から徒歩3分のところにあるライブハウス。300人程度のキャパで、ビルの6階に位置します。周囲は住宅街でかなり物寂しい感じもありますね。
暗い階段を6階分自力で上らされるとは思いませんでしたが…

18:10 開演(約10分押し)
WOMCADOLE主催ライブということで先行はゲストであるclimbgrow。

climbgrow

個人的には4月のイベントぶり2度目。
1曲目から全力でグイグイ盛り上げていくライブを展開。かなり速いBPMの「ハイライト」、ベースが際立つ「極彩色の夜へ」と3曲を一気に演奏。地元だからかボーカルの煽りにお客さんもドンドン乗っていき盛り上がっていました。
リードギターが鋭い「太陽はまた昇り」やエッジーかつパワフル「くだらない」ではボーカルの嗄れた声も全開で響きます。
「特別な日だから持ってきました」という暖かいスローナンバー「街へ」は優しく歌うボーカルの新たな一面も見れました。意外とこういう曲も似合ってましたね。
MCでは、WOMCADOLEについて「ほんとバカな人たちだと思う、自分達と同じように」と言いつつも「WOMCADOLEへの拍手はいい」「俺らが滋賀で一番で次は滋賀で二番のロックバンド」と言ったりと仲の良さも伺わせます。
ドラムの迫力満点の連打から始まる「BLOOD MONDAY」から再加速。「俺たちは滋賀で一番のロックンロールバンドだ!」と言い、ラストの「叫んだ歌」ではマイクスタンドを客席側に立ててボーカルがそこで歌うというパフォーマンスもありつつ、大合唱を巻き起こしてゲストとは思えない凄まじい盛り上がりの中終了。

ライバル意識でギラギラと燃え上がるような熱演でした。ボーカルのしゃがれ声も後半やや息切れしたところはあったものの前回見たときより格段とパワーアップしていたように感じましたし、音響ともマッチした声質で聴き手に飛び込んできます。狭いライブハウスの轟音の中で映える声ですね。
なによりこのバンドの高い演奏力はカッコいい。一糸乱れぬキメの精度の高さはグルーヴを感じますし、リードギターの入れ方のセンスのよさは類い稀なものがあると思います。
「BLOOD MONDAY」の配信レーベルを見るとどうもユニバーサルと育成契約的な何らかの関係を結んだようであるclimbgrow。メジャーデビューして一気に勝ち上がっていき「滋賀で一番のロックンロールバンド」になってくれることを期待したいです。

セトリ
1.landscape
2.ハイライト
3.極彩色の夜へ
4.太陽はまた昇り
5.風夜更け
6.くだらない
7.party
8.街へ
9.BLOOD MONDEY
10.ラスガノ
11.叫んだ歌

climbgrow終了時点で19:10頃。持ち時間1時間とはかなりたっぷり見れますね。
ただ客席は物凄い熱気で暑すぎた…

WOMCADOLE

本日のメインアクト。個人的には初めてのライブ。
1曲目から初期の代表曲にして今ではライブでのレア曲である「黒い街」でスタート。テンション上げる激しい楽曲にフロアの熱気も最高潮で、メンバーも気合いが入っているような激しいパフォーマンスで魅せる。少しずつ落ち着かせながら「イルトエマ」「goodbye story」と初期の楽曲を続けて演奏したのは、凱旋の意味合いもあったのだろうか。
MCでは開口一番、フロアの沸き立ちを「お風呂上がりか!」と例えて笑わせる。企画タイトルについて東阪でダサいと笑われたそうだが、その意味は「ポケモンだと"ひでんマシン"だぞ?」とのことです。
「夜明け前に」「period.」、静寂と轟音を繰り返す新曲「煙」とスローナンバーを続けてプレイ。ボーカルのクセの強い声と複雑ながらフォーク的良さのあるメロディーを堪能できます。
「こんなパンパンのB-FLATで物凄い楽しいけど、熱い中バラード歌って訳分からなくなってる」といいつつ、「後半まだまだいけるか!」と煽り「ワンダー」「ドア」でさらに熱狂させる。太いベースの力強いアタックがカッコいい。
「最後の最後に出来たアンセムです。」と当日入り口で配られたCDに収録されている楽曲「唄う」へ。新曲なのに客に振るのはどうかな?と思いましたが、覚えやすそうなメロで今後のライブで盛り上がりそうな楽曲です。この曲で本編終了。
アンコールの拍手をしていると、1分ほどしてすぐにベースの黒野だけが一度ステージ上に現れるも、チョコマカ動いて直ぐに舞台袖へ戻るという謎の行動が(笑)。すぐにボーカル樋口が現れ、「あいついい加減にしろよ」と言ってましたが。
アコースティックギターを持っての登場で、アンコール1曲目は弾き語り曲。叩きつけるような激しいストロークで「馬鹿 馬鹿」と連呼する部分がパワフルで印象的でした。ボーカルの声は弾き語りの方がマッチしていましたね。
1曲を終えると残りのメンバーも登場。この日のライブが出来たこと、会場やお客さん、climbgrowへの感謝を語り、「俺たちバカな2バンドで滋賀を、いや日本を変えれると思います!」と力強い言葉も。
「滋賀なら全員歌えるよな!」という言葉で始まった代表曲「綺麗な空はある日突然に」では煽りの通り冒頭から凄まじい大合唱が巻き起こり、後半へと徐々にクレッシェンドして更なる盛り上がりを見せる。ファンへの定着度もさることながら、ミディアムロックなこの楽曲の持つ物凄い求心力を感じました。
「二つの足で歩かないと何も始まらないんだよ」と語って、パワフルなロックアンセムである新曲「アルク」をプレイしてライブ終了。
ベース黒野がPPAPを全力でした後記念撮影を行って終演です。

気合と熱量たっぷり、真夏のような灼熱の盛り上がりを見せた「スーパーロックバンド」のライブでした。
エモーショナルな楽曲に引っ張られるようなエネルギッシュな演奏。特にグルーヴを牽引するベースの太い音色は魅力的に聴こえます。
熱量をぶつけたような独特さに魅力があるボーカルの声ですが、演奏にかき消される部分が多く、もう少しマイクの音量を上げてもいいような気はしました。屋根の高い大きなライブハウスや野外、さらに大きな会場の方がマッチするボーカリストだと思います。
来年1月11日にはミニアルバム「15cmの行方」をリリース、そしてそれに伴ったツアーも開催。今後の彼らには目が離せそうにないですね。

セトリ
1.黒い街
2.イルトエマ
3.goodbye story
4.夜明け前に
5.period.
6.煙
7.ワンダー
8.ドア
9.唄う
en-1.弾き語り未発表曲(「馬鹿馬鹿」)
en-2.綺麗な空はある日突然に
en-3.アルク
Wen.黒野によるPPAP


「ロックンロールバンド」と「スーパーロックバンド」による対バン。地元滋賀・B-FLATをパンパンに埋めたこの日のライブは、今後の彼らの活躍如何では「伝説の夜」と呼ばれてもおかしくないような最高潮のライブでした。
音楽性的にも近い、かつては同じくB-FLATをホームとしていたUVERworldのように2組がこの滋賀から羽ばたいて行ってくれることを大いに期待したいですね。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

oumizi

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる