Entries

【ライブレポ】秦基博 All The Pieces @大阪城ホール (2016.11.5)

秦基博
10th Anniversary ARENA TOUR
All The Pieces
@大阪城ホール
2016.11.5

このライブに参戦してきました!



今回のライブは初の全国アリーナツアー6都市7公演で行われる秦基博の10周年記念ツアーの大阪城ホール2Days目にしてツアー通算3公演目。
WOWOWでの放送がすでに告知されている通り、映像収録がガッツリ入っていました。



大阪城ホールは実は個人的に初めて行く会場。
大阪城公園駅から歩いてすぐ着くのは便利でした。
今回は縦型に使い、ステージをかなり大きめに作っていましたね。
天井が高く、開放的な印象でしたね。スタンド席が上下に広いのも特徴的です。



私の席はスタンド席のEブロック14段。正面やや右側の2階席相当の高さでかなり奥に位置する場所でした。ステージを遠くから全体像として望みつつモニターを見る感じでしたね。
この日はステージが広かったこともあり8000人程度の動員だったようです。

開演 17:00(実際には5分押しで17:05)

横に広いステージですが真ん中に楽器は集めておかれている。ステージの後ろには「V-TUBE」というLED電飾の柱が立ち並んでいました。
あらきゆうこ(Dr.)、鈴木正人(Ba.)、皆川真人(Key.)、弓木英梨乃(Gt.Cho.)の4人からなるバンドメンバーとダブルカルテット8人編成による「All the Piecesストリングス」が参加。

フル編成による演奏の中秦基博が登場。

1.青い蝶
徐々に明るく立ち上がっていき、広がりある声がアリーナを包んでいく。高音はキツそうでしたが…
ストリングスが絡んだ演奏が豪華!
間奏ではエレキギターがメタリックにギュンギュン言わせてました。

2.キミ、メグル、ボク
この曲が始まると客席が一気に立ち上がる。お決まりなのかな?
手拍子などで盛り上がっていきます。

ステージの後ろの照明がカラフルに光り輝き、演奏で曲間を繋いでいく。
3.色彩
盛り上がり曲。サビでの高音が続くところは辛そうなところもあったけど美声が響き渡ります。良い声だし、いい曲だなぁ。

一度ストリングス隊退場。
「今日は映像が入ってるから…盛り上がれよ?」っていうMCあり。

4.フォーエバーソング
かなり声がキツそうだった曲…高音が続くサビはずっとフラット気味だった。
ストリングスがいなくなってキーボードが聴こえるようになってきました。

ジャム的なセッションを挟んで…
5.赤が沈む
ダークな演奏で聴かせる曲。こういう曲の吐息交じりな声も映えますね。
間奏では秦さんによるハープが。音量むちゃ大きかったですが(笑)

6.ディープブルー
裏声が続く歌声が美しくて本当に感動した。ライブになると何十倍にも魅力的になる楽曲です。
青の照明と繊細な演奏もマッチしてましたね。
裏声の方が音程が安定してました、不思議だ(笑)この時だけ秦さんもエレキギター持っていましたね。

MC
秦基博の良いところ探しをサポートメンバーにしてもらう。
かなりグダグダで、人柄の良さやメンバーの仲の良さは伝わってくるのですが…「下ネタは要所要所」とかふとした一言は面白いんですけどね。

7.Rain
大江千里さんのカバー曲。「新海誠ファミリーとしてブームに乗っていく」そうです。

8.やわらかな午後に遅い朝食を
弾き語りから徐々にバンドメンバーが加わっていく暖かなバラード。聞きたかった曲聞けてよかったー。

幕間映像…V6への提供曲「beautiful world」のカラオケ87点
大阪だけ売れ行きが良くてアリーナの席を詰めて置いた都合上、移動で裏を通るので特別に用意した映像だそう。頑張ってカラオケボックスで1人で歌ってる光景が面白かったけど、87点ってw 音程ってより声が良い人なんだろうなぁ。

アリーナ中央に設けられたセンターステージへ移動。
映像コーナー「ピースの窓口」 KAN(肩 幅博)
一重まぶたの良いところを答えろ、って指示に頑張って悩んで答えてました。

センターステージでの弾き語りコーナー
9.アイ
名曲!弾き語りで映える曲ですね。弾き語りになってボーカルの調子が良くなったような。

日替わり曲ということで、客にリクエストを聞くかと思いきや自分で決める。
10.Sally
これまた弾き語りに映えていた。三拍子の心地いいリズムをアコギの演奏で奏でつつ、繊細な声が響きます。

メインステージでのバンド&ストリングスのフルメンバーによる演奏中にメインステージへ戻る。
このタイミングで上に着ていたジャケットを脱いでいました。
11.シンクロ
アコギのカッティングからライブを再加速させる軽やかな曲。デビューシングルです。

12.Q & A
ロックな曲。中音で力強く歌うこの曲の歌い方はこの日でも調子よさそうでしたね。
ミドル強めなドラムが力強く響いていました。
レーザービームと赤い照明が印象的でした。

13.終わりのない空
このツアーで初披露されている最新シングル曲。
歌始まりでグッとひきつけられ、どんどん上に登っていくメロディーとそれを伝える力強い声がとても魅力的。
思いのほかロックテイストで力強い演奏も良かったです。

「アリーナツアーでしてみたかった」ということで客席のウェーブ。
アリーナでのウェーブは迫力ありました。

その流れでクラップを煽り…
14.グッバイ・アイザック
一番の盛り上がりを見せていました。
声も高らかに響いてましたね。地声と裏声の入れ替わりがスムーズで本当に上手い。

「いけるか大阪~!」みたいな煽りを挟んで
15.スミレ
サビでの振付が浸透しててビックリ。キチンと合わせてほしいならレクチャーしてほしいけどなぁ。
この曲も声の調子良かったですね。軽やかでストリングスが華やか。

「この10年で一番歌った歌です。」
16.鱗
この歌は凄かった。間違いなくこの日一番声出てた。
胸に響いてくるサビの飛び上がるような高音は彼にしか出せないんだろうなぁと思いましたね。声量の凄さも感じました。

1人ずつ紹介して、ストリングス隊退場。

17.メトロ・フィルム
鱗の余韻であんまり覚えてない…後半に盛り上がっていくバラード曲。

18.70億のピース
最新シングル曲。
繊細な歌声でつづるライブの締めにふさわしい曲でした。

アンコール
ストリングス隊のみでバンドメンバー抜きの編成。
En-1.朝が来る前に
まさしく名曲に、素晴らしいアレンジが施されて胸に響いていきます。
涙腺をくすぐる、声を引き立てた名演でした。

バンドメンバーを1人ずつ呼び込み、ここまでのファンへの感謝とこれからへの抱負を語る。感動的なMCでした。WOWOWでも放送されるんじゃないかな?
En-2.ひまわりの約束
当然やると思ってた曲がラストの曲。
普遍的な名曲が暖かに包んでいきます。

終演 19:45頃

30-40代中心、老若男女の幅広い観客を魅了する名曲揃いの素晴らしい"コンサート"でした。
地声の高音域を中心に音程の不安定さは気になりましたが、声の良さは十分伝わってきましたね。特に裏声の使い方は実に巧みでしたね。
演奏面では、全体的にドラムの中音域の音が大きかったものの、サポートメンバー・ストリングスの随所に主張を感じつつも歌を支える演奏を堪能できました。ボーカルの音量が上げられていたこともあるのか、歌が聴き易く響きやすい音響になっていたのも好印象でしたね。
改めて秦基博のソングメーカーぶりを実感しました。これからもポップシーンの先頭を走る素晴らしい曲を期待したいところです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

oumizi

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる