Entries

2016年10月17日付週間オリコンチャート・レビュー

2016年10月17日付
週間オリコンチャート

(2016.10.3~2016.10.9)

シングル
1位 ANOTHER STARTING LINE Hi-STANDARD
初動13.6万枚
「STAY GOLD」などで知られる伝説のバンド・ハイスタの16年ぶりの新作は自身初の週間1位。
事前告知なし・フラゲ日に突然店舗に並ぶという手法も大きく話題になった。

2位 恋 星野源
初動10.2万枚
TBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」主題歌。
前作「SUN」の2位5.2万枚を大きく上回り10万枚を記録した大ヒット。ハイスタという"突発事故"がなければ間違いなく1位だったであろう素晴らしい売上で、人気を見せつける結果となった。

3位 Hey Ho SEKAI NO OWARI
初動5.9万枚
前作1位5.8万枚と順位は落としたが枚数はほぼ横ばい。
かなりブランクが空いてのリリースとなったが、CD売上上は高い人気をキープする結果となった。
世間的な認知度は下がっている印象なんだが…コアなファンがそれだけ多いということなのか。

5位 涙のない世界 AAA
初動4.7万枚
前作3位・3.6万枚より約1.0万枚増。
人気は拡大しているようだがアイドル界隈では飛び抜けた売り上げというほどではないか…

9位 結 -ゆい- miwa
初動1.3万枚
前作5位・1.8万枚より約0.5万枚減。
Nコン課題曲という大型タイアップだったが、売り上げは伸び悩んだ。
こういう勝負曲ですべるとこれ以上アイドル化が進みそうな予感…

12位 So...Start ROTTENGRAFFTY
初動0.66万枚

16位 Wake up KANA-BOON
初動0.50万枚
映画「グッドモーニングショー」主題歌。前作9位・0.45万枚とほぼ同程度。
前作が一種のみ・アルバム先行だったことを考えると人気低下を感じさせる売上。タイアップ効果もほぼ出ていないようだ。
少しテンポを落とした楽曲が続いているが、今こそ、自身の得意技だった高速四つ打ちへの原点回帰が売り上げ回復には必要なのかもしれない。

アルバム
1位 Fantome 宇多田ヒカル
2週目10.4万枚
かなり高水準。

12位 chouchou 上白石萌音
初動0.6万枚

22位 SING SING SING 4 ベリーグッドマン
初動0.34万枚

36位 俺よ届け 忘れらんねえよ
初動0.20万枚
ミニアルバム。売り上げはここ数作ほぼ横ばい。
Zeppワンマン良くできたなぁ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

[C59]

ハイスタのゲリラ発売には驚かされましたね〜
それで10万以上売ったのは凄いですね。まぁハイスタだからここまでの効果があったと思いますが。
宇多田も25万→10万とかなりの粘りを見せているように、ここ最近は90年代に売れてた人たちが15年以上たった今再びチャートを盛り上げてくれてますね。
  • 2016-10-16 23:29
  • nabe
  • URL
  • 編集

[C60]

 どうもです!今週はハイスタが大暴れした週でしたね。
事前告知一切なしで下手すればジャニーズとも互角に戦えてしまうかもしれないレベルの売り上げを叩き出したハイスタ。
ラジオで聞いてみたのですが、とてもいい曲でした!

 そして、惜しくも2位に終わったとはいえ星野源も10万越えを達成!
もはや、国民的アーティストに成長しました。これからの活躍が楽しみです。


 そして今週は紅白バンド枠を占う上でも非常に重要となったセカオワとKANA-BOON。明暗を分ける結果となりました。

 セカオワはさすがの人気で指針の5万枚を突破。一応紅白に近づいた感じがあります。

 対するKANA-BOONは完全に頭打ちになってしまった印象があります。曲自体は悪くないんですが……なぜ売れないんでしょうか?

さて、そんな中今週はついにあのバンドがメジャー1stアルバムをリリースします!

【Pick up!!】
10月19日リリース メジャー1stアルバム
フレデリック/『フレデリズム』

 驚異の中毒性を武器に今年メジャーデビューを果たした3人組ロックバンド「フレデリック」が放つ1stアルバム。

 デビューシングルの「オンリーワンダー」に加え、過去最強とも言える中毒性を持った「リリリピート」。
さらには彼らの名を一気に押し上げた「オドループ」や「オワラセナイト」、「ハローグッバイ」をも収録し実質ベスト状態。
この売上如何では、来年のブレイク候補筆頭に躍り出る可能性を持ったアルバム。


そして、バンド枠にとっては注目のニュースもあります。
それが、[Alexandros]のSONGS出演決定。
去年のゲス乙女の例もありますし、だいぶ視界が開けて来たと思います。
ただ、RADにバクナン、セカオワとアレキを抱え込めるほど若手バンド枠が無いのが実情のはず。このアレキの出演がどう影響を及ぼしてくるのか注目です。


それでは長くなりましたが考察の方を終了させていただきます、長文失礼しました!
  • 2016-10-18 01:30
  • アオイ
  • URL
  • 編集

[C62] Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
シングルで今週10万売ったハイスタと星野源はどちらも別の方向で凄いですよね。もはやアイドル以外のシングルで10万は90年代ではミリオン近い売り上げだと思います。

> ハイスタのゲリラ発売には驚かされましたね〜
> それで10万以上売ったのは凄いですね。まぁハイスタだからここまでの効果があったと思いますが。
> 宇多田も25万→10万とかなりの粘りを見せているように、ここ最近は90年代に売れてた人たちが15年以上たった今再びチャートを盛り上げてくれてますね。
  • 2016-10-19 19:49
  • oumizi
  • URL
  • 編集

[C63] Re: タイトルなし

アオイさん、コメントありがとうございます。

セカオワはやはり固定ファンがかなり根強いんですかねぇ。
KANA-BOONは元々の得意技から離れたような曲が続いているのがネックなんでしょうか。個人的にも王道路線で好きなんですがね…

フレデリックは「オドループ」のYoutubeやラジオを中心としたスマッシュヒットによるブレイク以降勢いを保ったまま活動していますね。プロモーションも大きく出ていますし、どこまで枚数が出るか見ものです。
4つ打ち&同じフレーズの繰り返しによるインパクトは抜群、かつてのKANA-BOONを彷彿とさせます。

[Alexandros]のSONGSは紅白のフラグなのか…難しいところです。
「ワタリドリ」の五郎丸CMによる再ヒットは大きくプラスに評価できると思うのですがね。
RADWIMPS、[Alexandros]、back numberそれぞれ個性があるので紅白に全組出ても面白いと思いますけどね、個人的には。若者の関心もグッと集められますし。
  • 2016-10-19 19:57
  • oumizi
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる