Entries

キングオブコント2016・感想 ~コントならではの面白さ~

キングオブコント2016が先日10/2、放送されました。
設楽、日村、大竹、三村、松本の審査員5人による審査になってから2年目。

個人的には昨年に比べると「KOCらしさ」が戻ってきた気もしますが、やはりTHE MANZAI2014で大きく方向性の変わった近年の賞レースの傾向は変わらないなぁって感じですね。

ここからは1ネタずつ思ったことを書いていきます。

ファーストラウンド
1.しずる「張り込み」
張り込んでいたビルに誰もいなかった、けど突入するというネタ。
シリアスな導入からバカバカしい本編へガラッと転換するのが見事。
流石しずるといった演技のうまさも良いね、ショートドラマのようだった。
静かな入り方から笑い所が分かりやすいネタで、トップバッターの役割を果たしたと思う。
ただ「誰もいない」で押しすぎだったのと、冒頭の村上の子供に注目したVTRがコントの池田に子供がいる設定と逆で違和感を感じさせるものだったのが惜しかった。
しずるらしさは存分に見せた素晴らしい出来のネタだったし、トップじゃなくて後半なら間違いなくファイナルに行けたと思う。

2.ラブレターズ「野球拳」
野球拳の替え歌を歌う溜口の歌唱力と動きで引きつけつつ、塚本演じる高校球児のストーリーを展開させていくネタ。
「スリーバント失敗」の所の天丼が個人的にツボど真ん中だったんだけど…野球知らない人には厳しいのか。
少し歌の部分が長く感じられたので、歌の前のフリをもっと長くとっても良かったと思います。
バカバカしくて楽しいネタとするという彼ららしさは十分に伝わったと思うよ。

3.かもめんたる「遠距離恋愛の念」
念を具現化して彼女の家に飛ばすというネタ。
文字で読む以上に実写でやるのが相当難しいネタなのにやりきれるのはう大さんの絶妙な動きの演技力あってこそ。
独特な世界観というか、思いついても普通やらないようなのをやってしまう狂気性が好きですね。
ただ「念なの?」がピークだった気がしなくもない。花を贈る天丼はそれほどハマってなかったですし。

4.かまいたち「捕虜」
「首が下がる」というマジックだけを繰り返し見続けさせられるというネタで、これぞ天丼というネタ。
同じ動きを軸にして様々なバリエーションを持たせたり、すかしたり、"簡易版"やったりと幅を持たせて飽きさせないようにしてるのは良かった。
漫才だからか関西だからか、山内がしっかり強いツッコミをすることで笑わせてくれる。
理由があるのかと思わせて、結局狂気性に戻すオチも好きですね。

5.ななまがり「ナス持ち上げるときだけ左利き」
前出番のかまいたちより狂気性が強い天丼ネタ。
「ナス持ち上げるときだけ左利き」っていうフレーズがハマるかどうか?なんでしょうね。幅を持たさずそれを繰り返すというところに、この一本で勝負してやるっていう気概を感じました。個人的にはかなり強いフレーズだと思うしかなり笑えたのですが…ハマらないと怖さが前に出てきてしまうネタでもありますよね。
ただ好みが分かれるフレーズをここで持ってくるのが"ライブシーンの芸人"らしいというか…

6.ジャングルポケット「トイレに入ってきた」
後輩がトイレに入ってくるというシチュエーションを熱い演技で魅せる彼ららしいコント。
3人いることをうまく使ったり、斉藤が叫んでるのが暑苦しく見えないシチュエーションを作ったり、と自分たちの武器を熟知したうえで上手く活かせるコントを作り上げている。
後半へ盛り上がっていく場面展開や最後のサプライズへの流れとか、ボケ1つずつはベタなんだけどスピード感とパワフルさを併せ持った間違いのないネタですね。
完全に大幅に進化し、一皮むけて「実力派コント師」になった印象。バラエティで売れてもコントへ向き合う熱い想いが伝わる素晴らしいコントでした。

7.だーりんず「父さんが童貞」
結婚式前日に「父さんが童貞」と知った息子との会話を描くコント。
流石にこれはド下ネタだしなぁ…ネタチョイスミスとしか。ゴールデンでこのネタは引いてしまう視聴者も多いだろう。
ライブシーンなら「童貞」ってのか一周して絶妙にウケるフレーズなんだろうけどなぁ。
確かに突飛な設定からリアリティを持ちつつ広げていく上手さは感じられました。他のネタも見てみたかった。

8.タイムマシーン3号「小銭」
カツアゲされた関の身体から大量に小銭が出てくるネタ。「有吉の壁」でやってたネタから派生して作ったネタだと思う。
これはずるいよね、ある意味KOCとは別枠だと思うけどとにかくバカバカしくて笑える。
「後が大変そう」って浜田さんに言わせるほど、半端ない小銭の量を用意するというパワープレイで笑わせますね。
ただ、後半への展開が荒いかなぁと思いますね。終わらせ方難しいとはいえオチも雑。やはり彼らは漫才師なんだなぁ、タイマの漫才見たいなぁと思いましたね。

9.ジグザグジギー「ハエを掴む達人」
綺麗に作られた天丼ネタ。定食屋でハエを箸で掴み取る達人を描く。
横への広がりを狙わずに「ハエを食べてそのまま飯食う」というボケを重ねていくのは彼らの得意技だが同時に今の流行であったのが運が悪かった。こうなるとボケの強度が相当強くないと厳しい戦いになってしまう。
彼らの場合リアリティを意識して展開が地味になってしまったのも弱かったかなぁ。タイマの方がインパクト強かったですよね。
出欠のネタのような綺麗に練られたネタの方が今大会では目立てたのかもしれません。
ただ、ハエをリズミカルに食べる時の顔はとてつもなく面白かった。あの顔は凄い。

10.ライス「屋敷で事件」
コントらしい本当に良いネタ。脅されている方が偉そうな指示をする、という逆転シチュエーションのネタ。
「~くれぃ」はこの後の番組でも度々使われたこともあり、今大会もっとも跳ねたフレーズかも。この口調が天丼になってることで見ている側を引き付けて離さないですよね。
そしてフレーズチョイスの間違いのなさと間の取り方の上手さ。最後に山を持っていくために飽きさせずに盛り上げていくことに成功していましたね。
素晴らしい台本・構成力だなぁと感心させられました。派手さには欠けたものの、見事な出来でしたね。

ファイナルステージ
1.かもめんたる「ヒッチハイク」
これは狂気性が強すぎる…www
冗談を言いたいがためにヒッチハイクを拾ってる、その人間を見ることをおかずにメシを食う"性癖"を持った人間を演じるネタ。
リアリティー持ちつつ狂気性で笑わせていくのがすごい。「冗談どんぶり」が爆発的にウケなかったのが惜しかったかな。
とにかく狂ってる人間を描いたネタで、本当に好みが分かれると思う。ただこのネタをゴールデンのTVで出来ただけでも今回のかもめんたるのチャレンジは意味があったと思います。

2.タイムマシーン3号「演劇の本読み」
演劇の本読みで「出来ない」という関が半端なく上手い、というネタ。
意味とかは関係なく関の達者ぶりを楽しむネタ。小道具をうまく絡ませつつ盛り上げていくのにはさすがのキャリアを感じます。
ただ、これずっとやってるネタでは?流石にネタ番組とかを追いかけてる人なら見たことある人も多いでしょ。バレてるネタは賞レースでは勝てないよね。
あと気になるのはあんまりにも棒読みな山本の演技含めリアリティーに欠けた部分が多いこと。見てて嘘くさく感じると素直に笑いづらくなるものはありますね。

3.かまいたち「ホームルーム」
自白癖のある生徒を演じる山内の狂気性を描くネタ。
給食費泥棒という定番設定に狂った1要素を入れるだけでこれだけ面白くなるのか!
やや抑えめで入り後半に山を持ってくる構成、「履く派?被る派?」のような優れたワードセンスが見事だった。
個人的にはこれが優勝ネタでもおかしくないかな?と思えた出来でした。

4.ライス「こぼされた音で漏らした」
従業員のコップからこぼれた水がかかったのかと思いきや、その音で驚いて漏らしたというネタ。
一要素押しのネタ。ただ設定が突飛だけどあり得そうだから見てられる。
またズボンのシミのサイズと色感が絶妙w
単なるおもらしということが分かった時から会場ウケはすさまじく、これは行ったかな?って感じがしましたね。
逆ギレの極地って感じだけどやり過ぎ感はない、絶妙なさじ加減のネタでした。

5.ジャングルポケット「余命3分」
余命3分を告げられた斉藤がどうする?というネタ。
次々と展開していくし、斉藤の熱い演技を生かせるネタになってて良いネタ。4分をフルで使ったネタで、構成も詰まっていて笑わせ所も多く、会場ウケ的には勝ったかな?って風格もありました。
ですが、これもTVでかけてたネタでは?KOCファイナルの勝負ネタがこれなのか…って感じはしましたね。
1本目の見事さに比べると、一格劣る印象も否めませんでした。


ということで優勝はライス。
2本とも完成度が非常に高く、優勝に文句は無しでしょう。
お客さんのウケとしては変な悲鳴があがったりするなど気になる点はありましたが、少し難しいボケになると反応さえなかった前回大会に比べるとかなり良くなったのではないかと個人的には思いましたね。
審査的にも、前作の笑えればそれでいいという流れからコントとしての完成度の高さを求める流れに回帰しつつあると思います。やはりコントにはコントならではの面白さがあると思うし、それを評価してこそのKOCだと思うのです。
昨年勝ったネタを意識して全体的に天丼傾向が見られた大会でしたが、結局勝ったのは天丼じゃないネタ。やはり当たるかどうかの勝負になる天丼ネタはかなりリスキーだと思います。どうしても尻すぼみになりがちな天丼で爆発させるのには相当な工夫か、それを補える芸風(中岡やナダルのような)が必要ですよね。

とにかく今年も楽しかったです。他に感想ある人ぜひコメントを!!
来年も開催されるのかな?期待してます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

oumizi

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる