Entries

キングオブコント2016・決勝進出者紹介


いよいよ10月2日(日)18:55~22:48に開催&TBS系での放送が迫った日本のコント最高峰の戦い、
キングオブコント2016
今最も面白いコント師を決めるこの大会も今回で9回目。
昨年と同様、設楽、日村、三村、大竹、松本の5人の審査員による各100点合計500点満点の審査で、10組から5組に削るファーストステージ、5組から1組の優勝を選ぶファイナルステージを行います。

今回は決勝に残った10組を、ファーストステージのネタ順に紹介していきます!

1.しずる
(よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京・4年ぶり4回目)
青春コントを代表とする独特な設定と高い演技力で、演劇的な熱い掛け合いを得意とするコンビ。
レッドカーペット時代から活躍する実力派中堅コンビで、これまで3度進出したKOC決勝でも優勝候補として扱われていたが、過去の最高順位は3位。今回は2012年以来4年ぶりの満を持しての決勝進出だ。
実力は十分。トップバッターという不運な出番だが、今回こそは優勝を掴みたいところだ。

2.ラブレターズ
(ASH&Dコーポレーション・2年ぶり3回目 )
代表作「西岡中学校」のような楽しく笑えるようなコントを得意とするコンビ。
前回決勝進出した際は対決形式で6対94と大惨敗。ただここ数年仕上がってきているという噂もあるし、分かりやすく笑えるという彼らのネタの傾向は今の審査員・テレビ視聴者受けがいいのではないだろうか。
彼らのコントがゴールデンのテレビで見れるのが個人的にはとても楽しみです。

3.かもめんたる
(サンミュージックプロダクション・3年ぶり3回目)
2013優勝コンビが再び決勝進出。これはKOC史上初。昨年は準決勝敗退していた。優勝したもののネタ番組などに呼ばれず、「自分達で出ないとテレビには呼んでもらえない」と思ったから今回の出場に至ったとのこと。
リアリティと冷酷さを併せ持つ演劇的な高い実力はコント王者の風格さえ感じる。
彼らの場合優勝する必要はないので外し気味のネタチョイスにする可能性もあるが、本気のネタ2本を並べた場合優勝はかなり近そうだ。

4.かまいたち
(よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪・初出場)
漫才・コントどちらもこなす関西のコンビ。最近は屁理屈っぽい山内のキャラなどで関西ローカルのテレビで見かけることも多い。コントとしては比較的オーソドックスな印象はあるが、固まった強いイメージは個人的にはないですね。KOCでは準決勝常連で、今回満を持しての決勝進出。
「歌ネタ王決定戦2016」でも優勝するなど、調子はかなり上向き。芸人として勢いにのった状態で、この勢いで優勝してもおかしくない。コント不遇・関西のコンビとして頑張ってほしいところですね。

5.ななまがり
(よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京・初出場)
関西出身のコンビ。
ほぼ名前の知られていないダークホース。私もライブシーンでちらほら名前を聞くかな?って程度です。
奇人変人系のコントをするイメージ。どんなコントをチョイスして自分たちの印象を残すかが楽しみです。

6.ジャングルポケット
(よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京・2年連続2回目)
満を持しての決勝進出を果たした昨年に引き続き2年連続の決勝。
斉藤の熱い演技を軸としたくどさも含むパワフルなコントを得意とするトリオです。
昨年も彼ららしさを存分に出したコントを披露し、今年もらしいコントを期待したいです。爆発すれば優勝は相当近いですよね。

7.だーりんず
(SMA NEET Project・初出場)
ほぼ無名、2011結成の若手コンビ。
個人的にも本当に知らないです。どんなコントをするのか非常に楽しみです。
ダークホースがするっと優勝することのある大会ですからね。

8.タイムマシーン3号
(太田プロダクション・初出場)
昨年M-1グランプリ4位だったコンビ。昨年でM-1がラストイヤーになったことで今年はKOCに出場、一気に決勝進出を果たした。基本は漫才師ですがコントもそこそこやるコンビです。
シンプルに馬鹿馬鹿しく笑えるコントは今の審査員や客席にマッチしているし、本当にスベり知らずなコンビなので、勢いで優勝する可能性もあります。出番順も後半と暖まってきて有利な段階ですし。

9.ジグザグジギー
(マセキ芸能社・3年ぶり2回目)
実力派中堅コント師。1本の突飛な設定から組み立てるコントが得意です。
「オンバト+」4代目チャンピオン。「出席簿」のネタといった万人受けするネタも作るようになり、調子もいいのではないでしょうか。
ライブなどで活躍する正統派コント師として、個人的にKOCで活躍してほしいコンビです。

10.ライス
(よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京・初出場)
ほほ無名のコンビだが、2003年結成の苦労人。
「東京シュール5」に参加してるように、シュールなコントを得意とするようでライブシーンでは噂になっていたようだ。
どんなコントになるか非常に楽しみです。

初出場組からお馴染みのコンビまで幅広い決勝進出組が揃いました。
個人的な優勝予想はしずる、かもめんたる、タイムマシーン3号、ジグザグジギーあたりですかね。特にしずるやジグザグジギーといったコント師が勝つと昨年の雰囲気からまた変わって良いのではないでしょうか。
とにかく10月2日、非常に楽しみです!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

oumizi

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる