Entries

漫才三昧 vol.26 @なんばグランド花月 (2016.9.13)


漫才三昧 Vol.26
@なんばグランド花月
2016.9.13 開演19:00
キングコング/アインシュタイン
かまいたち/藤崎マーケット
アジアン/モンスターエンジン
アルコ&ピース(ゲスト・太田プロ)
スーパーマラドーナ
ギャロップ/テンダラー
(登場順)

このお笑いライブに行ってきました!!



先日からのアルピー関西オフ会の流れで知ったアルコ&ピース来阪のライブ。かなり無理しましたが何とか行ってきました。
個人的にも初めてのお笑いライブ。胸踊らせて楽しみにしていました。
「漫才三昧」シリーズはネタのみが立て続けに見れるライブでエンディングやコーナーのないシンプルな公演です。2000円とNGKでは安くお得な公演でもあります。

開場 18:40

会場は関西一のお笑いの聖地、なんばグランド花月(通称NGK)。
かなり天井の高い立派なホールでキャパ1000ぐらい?ほぼお笑いのみとは思えない大きな劇場で、2階席もそれほど張り出しておらずどこからでも見やすい長方形型の劇場でした。
思ってたより古い感じはしなかったものの、これは充実してますね。
全席指定席でしたが、4列目右手側という間近で見やすい席。我ながら運が良すぎる…



開演5分ぐらい前から前説。
えんぴつけしごむ「演技力」
キングコングに「前説の仇を取りに行く」と弄られるほど厳しい客ウケ…後半少し取り戻したが

開演 19:00
緞帳が開き本編スタート。

キングコング「輪唱」
蛙の歌の輪唱が出来ない梶原、というネタ。やかましい動きで王道のボケを重ねる梶原は見てて安心感はありますが、ベタすぎてウケは微妙だったかも。一番ウケてたのが"トイレの神様"イジリの所なのは…
あと西野の黒一色のシャツとスラックス、相変わらず気取ってたなぁ…

アインシュタイン「USJ、ドライブ」
USJに行って起こった稲田の悲しいエピソードトークと稲田のドライブデートに行きたいという漫才コントの本ネタ。
あの顔面で、かつ声色でもボケれるのはズルい。
「ハンドル回し続けてどこ行くねん!」は面白かったなぁw

かまいたち「屁理屈漫才」
縦読みなど、世間のものにいちゃもんをつけていく山内。
徐々にこじつけっぽくなっていくのが良かった。
「無意味に入ってくるWi-Fiに腹が立つ」ってのには本当に共感するwww

藤崎マーケット「雑学、スケート」
田崎の雑学に対して知ったかぶりをするトキというネタと、田崎のフィギュアスケートに実況を付けるというネタを2本組み合わせ。
知ったかぶりの誤魔化し方やスケートといった動きで笑わしてくるのは達者だったなぁw

アジアン「隅田の話」
しゃべくり漫才、少し盛り上がりに欠けたかなぁ。
隅田さんは自由に暮らしてる、そうです(笑)

モンスターエンジン「結婚式の手紙」
娘から読まれる結婚式の手紙が父親としては憧れだ、というネタ。
基本に忠実な感じのネタでした。
「新郎が無職(の設定)だけ残すなよ」w

アルコ&ピース「口裂け女」
平子の「道で指差されたけど最終的にレーサーだと間違われた」、酒井の「行きのタクシーでお笑い好きの運転手に太田プロ所属のアルコ&ピースだと言ったら、トップリードなら知ってると言われた」というエピソードトークをして本ネタへ。
相変わらずの目撃トークに加えて、平子っちの「ラジオリスナー手を挙げて!」という家族発掘調査もあったり、1列目におられたなにわのロッキーさんをイジリ「お前だけは笑わせる」と意気込んだり、とアルピーann関連の話題も多かったですよ。
本ネタは最近よくやってる「口裂け女」。コント師漫才らしい、一度コントインしたら殆どセンターマイクのあるコント状態のネタ。
平子の熱演はスゴい迫力!それに対する酒井の演技も自然。
2人の絶妙なタメ、時間があるからか細やかな仕草で笑いを取ってたのが印象的でした。
ステージから競り出すセンターマイクに驚く、コントに入ったまま捌けていく、といった関東らしさも交えつつ、異質な漫才コントでかなりの爆笑を取っていましたね。

スーパーマラドーナ「牧場、いじめのニュース」
非常識な田中の行動に振り回される武智。
今日のスーマラはスゴかったなぁ、多分一番ウケてた。冒頭で「キチガイ」って言ったのには驚いたけど。
前半の牧場からいつもの2倍増しでクレイジーな行動を重ねる田中に大爆笑、「殻のまま卵食べて、ポケットの中に卵入れて、割れちゃったトホホ」って意味が分からなすぎるww
後半のいじめニュースの部分はもはや何を言ってるか分からんかったけど勢いで持っていった感じ。異常だけどとにかく笑えた、凄まじかったなぁ。

ギャロップ「タクシーの怖い話」
怖い話が上手くなりたいみたいなネタ。
異質が2つ続いたから普通のネタで安心できる。

テンダラー「スカウト、テレビ、スポーツ」
相変わらずのミニ漫才コント連発。
どれも王道のボケなのがいい。テンポもいいからなにも考えず笑える感じが良いですよね。
特に最後の駅伝コントの畳み掛けは面白かった!


全10組。充実の内容でした。
個人的に特に良かったのはアルピーとスーマラですかね。その次がアインシュタインとかまいたち。お客さんのウケもこの4組とテンダラーあたりが反応良かったように思います。
またお笑いのライブも行きたいですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

oumizi

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる