Entries

back number ALLシングル&名曲レビュー Part.2 2013-2015

アーティストごとに、全てのシングル、そしてカップリング・アルバムの中から抜粋した曲を紹介する
「ALLシングル&名曲レビュー」のコーナー。
各曲の印象をパワプロ風のS、A~Gの8段階で判断していきます。
シングル曲が赤字アルバム曲が青字カップリング曲が緑字です。

第二回となる今回は2015年大ブレイクを遂げたVo.Gu.清水 依与吏、Ba.Cho.小島 和也、Dr.栗原 寿からなるスリーピースバンドback numberについて振り返っていきます。
予定では1記事の予定だったのですが、長すぎるため分断。
Part.2ではSg「高嶺の花子さん」~AL「シャンデリア」までを取り上げます。

以降、特記以外
作詞作曲:清水依与吏
編曲:back number
になります。

8thシングル 2013年6月26日リリース
高嶺の花子さん
オリコン最高位…11位
2014年3月26日リリース4thアルバム「ラブストーリー」収録
編曲…蔦谷好位置

ノンタイアップながら代表曲的人気を誇るポップな夏のキラーチューン。2013年9月に初の武道館ワンマンを控えていたことも意識してか、ライブで盛り上がる必殺の1曲です。
メジャーコードでグイグイ駆け上っていくメロディーのキャッチーさ・爽快さは群を抜いています。
ストリングス主体の壮大なイントロはやや冗長な気もしますが、主題的に使われるクリーンなギターソロやサビの盛り上がりをさらに引き出す4つ打ちドラムは気持ちいいですね。
そんなポップに突き抜けた楽曲なのに、自分を卑下する男の幻想妄想を見事なまでに切り取る歌詞が乗っかっているギャップは面白いです。タイトル同様歌詞も「たかが知人B」「君の好きなアイスの味はきっと」のようにユーモラスな表現も面白い。

個人的評価…A


君がドアを閉めた後
2013年6月26日リリース8thシングル「高嶺の花子さん」C/W
2014年3月26日リリース4thアルバム「ラブストーリー」収録

叙情的なバラードナンバー。
イントロのソロを始め全編に使われているピアニカのノスタルジックな音色が曲全体を包み込む暖かさが魅力。
美しく涙腺を刺激するメロディーラインや歌声も見事です。
本人も転機になったと語る、風景描写を通じて失恋の切なさを描いた歌詞も良いですね。

個人的評価…D


9thシングル 2014年2月5日リリース
fish
オリコン最高位…4位
2014年3月26日リリース4thアルバム「ラブストーリー」収録
編曲…島田昌典

長年暖めていた直球の失恋ロックバラード。バンド初のトップ10入りを記録した楽曲。
2007年からあった原曲をシングルリリースに際し男目線から女目線に歌詞を書き直し、2番をカットしている。当時は初のバラードナンバーだったそうで、バンドの方向性を決定付ける転機となった曲だそうだ。
初期back numberの集大成ともいえる力の入った失恋ロックバラード。
涙腺を刺激する切なく美しいメロディーが別れの場面を描く歌詞にマッチしていますね。
ストリングスやメロトロンは入っているもののバンドらしさが溢れる演奏もいい。間奏のウェットなギターソロは曲をもり立てます。熱量を感じさせるドラムの力強さも魅力的です。
生々しく失恋の心情を表現した歌詞は「さよなら」というフレーズが印象的。
back numberのマイナーコードの使い方の上手さを象徴する見事な1曲です。

個人的評価…A


ネタンデルタール人
2014年2月5日リリース9thシングル「fish」C/W
2014年3月26日リリース4thアルバム「ラブストーリー」収録

ネアンデルタール人とかけられたコミカルなタイトル通り、才能溢れる男への嫉妬をコミカルに綴ったポップな曲。
表題曲「fish」と対照的に、軽快なリズムで鳴らされるギターポップが爽快。
グイグイ上っていくサビのメロディーも開放感あって気持ちいい。
歌詞は最後に「妬んでるだけの時間を終わりにしよう」と上手いこと言ってまとめようという感じが気になるけど(笑)、何でも上手くいってる人のことを妬ましく思う気持ちはとても共感できます。

個人的評価…C


10thシングル 2014年3月19日リリース
繋いだ手から
オリコン最高位…9位
2014年3月26日リリース4thアルバム「ラブストーリー」収録
編曲…蔦谷好位置

ポップに突き抜けた、余裕さえ感じさせる傑作。
耳に残る単音ギターリフから始まり、軽快にリズムを刻むベース・ドラムとそこに絡むギターのカッティングが心地良く、ゆったりとしたミディアムテンポながら爽やかさも感じます。アウトロのギターフレーズも決まってますね。演奏面でも肩の抜けた良さがあります。
サビではかなり高いところまで上がっていくメロディーの開放感は印象的。複雑で柔らかなコーラスワークも聞き応えがあります。
そんな明るい曲でありながら別れた後の後悔を歌う歌詞はさすがback number節です。
あまりにも出来が良いからアルバム先行になるけど無理してシングルリリースした、というエピソードも納得の完成度の高いポップスです。

個人的評価…A


003
2014年3月19日リリース10thシングル「繋いだ手から」C/W
2014年3月26日リリース4thアルバム「ラブストーリー」収録

タイトル読みは「ダブルオースリー」。この曲以降度々見られるようになるアダルティ系ロックナンバー。ライブでの定番曲です。
リズム隊の進歩を感じられる1曲で、力強く抜けの良いドラム、ベース始まりのイントロから野太い音を感じさせるベースが曲を力強く盛り上げます。
キャッチーでパワフルなサビメロも印象的で、サビで盛り上がれるのもライヴ向きですね。
タイトルの由来が男性お馴染みのアレであるように、「薄い膜」について歌ってる歌詞はback numberの中ではかなり直接的にエロチック。「繋いだ手から」と競ってシングル候補だったらしいのですが、これがシングルで出ていれば相当な異色曲になっていましたね。

個人的評価…B


聖者の行進
2014年3月26日リリース4thアルバム「ラブストーリー」収録

アルバムの幕開けを告げるシリアスなアップテンポナンバー。
ギターをほぼミュートにして代わりにストリングスを主として盛り込んだ意欲的な編曲が印象的。ベースとドラムのリズム隊が曲を引っ張ります。
細かく動くメロディーや鳴り響くストリングスはスリリングな印象を与えます。間奏なく駆け抜けていくのも同様ですね。
思い通りにならない世の中への葛藤を歌った抽象的な歌詞は隠喩なども多く、back numberにしてはかなり難解。Mr.Children的なエッセンスを感じますね。

個人的評価…B


MOTTO
2014年3月26日リリース4thアルバム「ラブストーリー」収録

アッパーなロックナンバー。ライブ定番曲になっている1曲。
カッコいいギターリフのイントロでスタートする、ギターロック主体の1曲。ドラムが色んなバリエーションで盛り上げるのが良いですね。間奏ではベースソロもあります。
伴奏がアコギの音のみになるCメロでテンポを落としてからの再加速はカッコいい。
メロディー的には「もっともっと」の繰り返しがキャッチーです。
男に対する強気な女目線、という切り取り方をした歌詞は大人向けな印象ですね。

個人的評価…B


世田谷ラブストーリー
2014年3月26日リリース4thアルバム「ラブストーリー」収録

暖かみのあるミディアムバラード。
終電に間に合うよう送ってしまった場面と情けない男の心情を繊細に切り取った歌詞はまさに女々しいback number節そのもの。
アコギを軸にしたバンドサウンドで丁寧に鳴らされる演奏は歌を上手に引き立てていますね。ドラムのカチッとした響きには安心感があります。

個人的評価…C


11thシングル 2015年1月21日リリース
ヒロイン
オリコン最高位…6位
2015年12月9日リリース5thアルバム「シャンデリア」収録
編曲…小林武史

「JR SKI SKI」CMソング。ヒット曲を多く生んだ強力タイアップで、この曲もブレイクに繋がるスマッシュヒットを記録した。
初のコバタケとのタッグとなった温かみのあるミディアム片思いバラード。
アコギの弾き語りのようなAメロからエレキギターのオブリやなどで徐々に盛り上げていき、そこに彩りを加えるストリングスや鉄琴の音色が混じり合って王道の柔らかなコバタケ流バラードになっている。その中でも高音ベースリフと鉄琴によるイントロは印象的です。
キャッチーで柔らかなメロディーは冬のバラードらしい暖かみを感じさせます。Cメロから大サビへ向かう流れの盛り上がりは魅力的。「僕は やっぱり僕は」という高い音域に向かう大サビでの声の張り上げはこの曲の一番の聞き所ですね。
片思いの男の心情をタイアップの雪に絡めて歌った歌詞も見事。「メールを送ろうとして 打ちかけのまま ポケットに入れた」という2番Aメロの歌詞はリアリティがあって特に沁みます。

個人的評価…B


アップルパイ
2015年1月21日リリース11thシングル「ヒロイン」C/W
2015年12月9日リリース5thアルバム「シャンデリア」収録

冷めてきているカップルの様子をコミカルかつ瑞々しく切り取った歌詞が見事なポップナンバー。
「もうアレをアレにするよ」といったごまかすフレーズも入れ込みつつ、「ちょっと冷めてるけど それが良いんだ」「大丈夫 美味しいはず」と着地させる所は長年続いてるカップルの雰囲気を実感させます。
跳ねるようなミドルテンポの演奏とキャッチーで明るいメロディーは聞いていて楽しくなります。4つ打ちリズムのドラムはライブ映えしますね。
Cメロからサビでの転調への流れも自然で聴き易い、シングルとは違う方面で光る楽曲です。

個人的評価…B


12thシングル 2015年5月27日リリース
SISTER
オリコン最高位…9位
2015年12月9日リリース5thアルバム「シャンデリア」収録
編曲…蔦谷好位置

「ポカリスエット イオンウォーター」CMソング。
90年代のビーイング大ヒット曲を連発したポカリCMらしい、爽快感溢れるアップテンポナンバー。
サビ頭の「負けないで」のフレーズがキャッチー。高音で突き抜けていくサビのメロディーは力強いです。高音が続くので生歌披露の場面では本人も苦労していますが…テーマに合わせて、普段より力強く歌っているのも印象的。
Cメロ~大サビへのスリリングな構成はこの曲を大いに盛り上げて、聴き手側に高揚感を与えてくれます。
ピアノ、ストリングスがふんだんに盛り込まれたアレンジ。そんな中でカラッとしたアコギの音色とAメロでのドラムのタム回しが良いアクセントになっていますね。
歌詞は女性が自分のことを後押ししている応援歌になっています。初めは普通の応援歌にする予定が中々書けず、男性目線から女性目線に変えたそうです。

個人的評価…A


泡と羊
2015年5月27日リリース12thシングル「SISTER」C/W
2015年12月9日リリース5thアルバム「シャンデリア」収録

サンスター「トニックシャンプー」キャンペーンソング。
爽快な青春パンク的ギターロックロックナンバー。
一本調子にも思えるぐらい潔く8ビートで突っ走る勢いの良い直球な曲。ギターは数本重ねられているものの、ジャキジャキとした音色は素直で複雑なわけではなく、まっすぐにアッパーな曲だ。
「平均○○点の毎日でも」「頭洗って出直すもんね」と、タイアップ先のシャンプーに合わせつつ日々の憂鬱を吹き飛ばす応援歌になっている作詞技術の高さは光ります。こういう恋愛以外の曲でのタイアップ、もっとやってほしいんですけどね。

個人的評価…C


13thシングル 2015年8月12日リリース
手紙
オリコン最高位…4位
2015年12月9日リリース5thアルバム「シャンデリア」収録
編曲…小林武史

NTTドコモ「iPhone・iPad 母の浴衣」篇 CMソング。
親への感謝を歌った暖かいミディアムバラード。
派手さは無いものの美しいメロディー。Cメロの構成はドラマチックです。
アコギとピアノ、ドラムなどのアコースティックな音の耳触りには温かみを感じます。全体的に落ち着いたテンポの中、エレキギターのフレーズと鉄琴が効果的に盛り上げてますね。
真っ直ぐに親への感謝を綴った歌詞は情景や思い出の細やかな描写が良いですね。サビの最後で「いつか歌にしよう」と歌うのは作詞・清水の少しの照れが感じられます。
ただ、全体的に地味で、back numberのシングルでは一番影が薄いような…C/Wも製作されなかったですし。

個人的評価…C


14thシングル 2015年11月18日リリース
クリスマスソング
オリコン最高位…2位
2015年12月9日リリース5thアルバム「シャンデリア」収録
編曲…小林武史

フジテレビ系月9ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん」主題歌。
現状自身最大のヒットを記録した、タイトル通りの壮大なクリスマスバラード。
ストリングス・鉄琴・鈴などをふんだんに盛り込んだ、特盛の編曲がクリスマスっぽさを感じさせます。芯の感じられるドラムが盛り立てているのにはバンドらしさが感じられます。
高音が続く胸を締め付けるようなサビのメロディーもいい。荘厳な伴奏の中高らかに歌っているのに、どこか切なさを感じられます。
サビラストには「君が好きだ」という決めフレーズが含まれるものの、タイトル・曲調と反対に歌詞は一人で思う淋しい片思いの男の心情を描いている。「聞こえるまで何度だって言うよ」っていうのに弱気な彼ららしさを感じますね。
ベタでしつこすぎる気もするぐらいの、ヒットを狙った勝負曲で見事ヒット。back numberの名前を一般層にも広めることになりました。

個人的評価…B


サイレン
2015年12月9日リリース5thアルバム「シャンデリア」収録

MVも作られたアルバムリード曲。
衝動性を感じるマイナーコードのアップテンポなギターロック。
Bメロがない構成でテンポよく進み、疾走感を超え焦燥感を感じさせます。
ドラムがパンク精神を発揮して一本調子なのは気になりますが、コロコロ転がるようなギターの音色、うねうね動くベースとバンドサウンドが押し出されています。
Cメロ後の唸りのような声はサイレンのイメージなのでしょうか(笑)。
歌詞は別れの前の焦りを描いたもの。メロも含め、曲全体が押し迫ってくる切迫感を与えてますね。

個人的評価…B


僕は君の事が好きだけど君は僕を別に好きじゃないみたい

2015年12月9日リリース5thアルバム「シャンデリア」収録
編曲…小林武史

初回限定盤のショートムービーのテーマにも使われていた、アルバムの準リード的扱いでファンにも人気がある曲。
プロデューサーにコバタケ、エンジニアにもミスチルと同じ今井邦彦を起用している、ミスチルポップスリスペクトなミディアムポップス。軽やかでポップなメロディーはキャッチー。
打ち込みも交えたドラムの跳ねるようなリズムに乗せた軽快さが特徴で、鉄琴やふにゃっとした音色のシンセが明るく飾り付ける。低音でうねうね動くベースが曲を支えているのも印象的です。
歌詞の内容はタイトル通りのサビの前半部分に集約されています。「バカなフリして 来週また言ってみようかな 毎週言ってみようかな」という最後のフレーズはバカな男の心情をリアルにとらえているような。

個人的評価…C


ミラーボールとシンデレラ

2015年12月9日リリース5thアルバム「シャンデリア」収録

セルフプロデュースによるバンド・ディスコナンバー。back numberにしては珍しい実験的要素が感じられる1曲。
横揺れを誘うような4つ打ちドラムにウネウネ動くベース、歪ませたギターのリフが絡み合って不思議に妖しい空気を醸し出している。パッと聞きは奇妙なんだけど、聴いていくうちに何故か虜になってしまう。
テンポに乗って流れるように歌われるメロディーが飛び抜けてキャッチーで耳に残ります。

個人的評価…B


Liar

2015年12月9日リリース5thアルバム「シャンデリア」収録

インディーロック的なマイナー調のアップテンポナンバー。バンド初期からある曲。
残響するギターソロとヘンテコに激しく動くベースが疾走していく。珍しくメロディーに隙間があり、鋭いメタリックな音色のギターが重ねられています。
Cメロで一度メジャーコードになってから、もう一度マイナーに戻ってくるのが印象的ですね。
「行き場の無い心に咲いて 霞んでくのは」という文学的・抽象的な歌詞は珍しい。

個人的評価…C

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

oumizi

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる