Entries

2016年5月30日付週間オリコンチャート・レビュー

2016年5月30日付
週間オリコンチャート

(2016.5.16.~2016.5.22.)

シングル
1位 I seek / Daylight 嵐
初動73.8万枚
「I seek」は大野主演日テレ系ドラマ「世界一難しい恋」主題歌、「Daylight」は松本主演TBS系ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」主題歌。
両A面シングルということで初回限定盤が2種用意される3種売り。よって、前作48.5万枚より約1.5倍以上の売り上げ増となっている。
ジャニーズの中でも嵐はやはり別格の売り上げですよね。次回の50枚目のシングルはなにかしら記念の要素も盛り込まれるのでしょうか。リオオリンピックタイアップなども決まっていますが、果たしてどうなることか…

2位 君のせいで SHINee
初動6.0万枚
前作5位・5.0万枚よりアップ。

4位 Mint 安室奈美恵
初動2.8万枚
フジ系ドラマ「僕のヤバイ妻」主題歌。
この楽曲は配信で好調だったが、CDでも前作の初動2位・2.6万枚より枚数をアップさせた。

5位 キメマスター! / 気持ちだけ参加します。 バンドじゃないもん!
初動2.5万枚
女性アイドルグループ。
デビュー以来初のトップ10入り。
理由は良く知らないですが再メジャーデビューを謳って宣伝していましたね。

10位 ONE-SIDED LOVE ソナーポケット
初動1.2万枚
アニメ「虹色デイズ」テーマソング。前作6位1.3万枚よりダウンするもトップ10はキープ。
緩やかに低下しつつあるもののトップ10キープする人気はまだあるようです。

13位 MATSURI BAYASHI KEYTALK
初動0.87万枚
宗教的なファンが多いでおなじみの若手バンド・KEYTALKのシングル。
前作より順位はキープだが、0.13万枚程度売上上昇。Youtubeでの再生回数の増加ペースも高いですし、代表曲「MONSTER DANCE」を彷彿とさせるお祭りダンスナンバーがウケているのでしょうか。

37位 Forever Dreaming Czecho No Republic
初動0.14万枚
若手バンド。
前作までより半減レベルの売り上げだと思われる。ANN0を担当するなどブレイク期待されていた時期もあったが、これは厳しそうだ…

アルバム
1位 May Dream aiko
初動6.9万枚
前作・1位8.2万枚より売り上げダウン。3作連続の1位記録。
今作は複数商法に手を出したと話題になっていたが、それでも売り上げ回復にはつながらなかった模様。

2位 デンジャラス・ウーマン アリアナ・グランデ
初動2.1万枚
3作連続のトップ3。洋楽アーティストとしてはトップレベルの凄い人気。

3位 あの日 あの時 小田和正
5週目1.9万枚

5位 WILD LIPS 吉川晃司
初動1.2万枚
19作目のオリジナルアルバム。

6位 COLD DISC ストレイテナー
初動0.91万枚
中堅バンド・ストレイテナーのフルアルバム。
割とポップに振り切ったアルバムだったようですが、売り上げレベルに関してはこれまでと変わらない感じ。

8位 STOP THE WAR HEY-SMITH
初動0.72万枚
メロパンクバンド。
レベルの低さなどにも恵まれ自己最高位を更新。

9位 BASIN TECHNO 岡崎体育
初動0.62万枚
「MUSIC VIDEO」のMVが話題となっていたアーティストのメジャーデビューアルバム。
トップ10入りがかなり嬉しかったようで本人がはしゃいでいたが、売上枚数としてはやや好調といったところで、バンド界隈のメジャーデビュー作としてはそれほど飛び抜けて好調とは言えない売上。ここからタイアップなどもつけて伸びるかどうかですね。

19位 Brand Nw MAID BAND-MAID
初動0.37万枚
メイド衣装をまとった5人組ガールズバンドのメジャーデビュー作。
トップ20入りということでそれなりの結果は出ていますね。ここからが難しいのがガールズバンドですが…

22位 eve cinema staff
初動0.29万枚
残響レコードに所属しているバンド。
「進撃の巨人」EDでブレイクした「great escape」以降これぐらいの売り上げで伸び悩んでいる模様。
ギターロックとしてはストレートでかなりいいバンドだと思うのですが、イマイチ爆発力に欠けるのでしょうか…

23位 アンクロニクル phatman after school
初動0.28万枚
順位としては最高位更新。
アニメタイアップなど生かしてもう少し売れてもよさそうなバンドなんですがね。伸びやなんでいますね。

30位 Hello darkness,my dear friend ART-SCHOOL
初動0.21万枚
キャリアを重ねている中堅バンド。
順位としてはだいたいこれぐらいで安定しているようだ。

36位 花瓶の花 石崎ひゅーい
初動0.19万枚
男性シンガーソングライター。
売上・順位共に前作を上回り自己最高を更新。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

[C70] アホか?

hey-smithが他の奴らのレベルが低くてランクインってどういう意味や!?
アイドルなんかのクソ音楽やJ-POPと一緒にするなや!
  • 2016-11-10 19:07
  • ヘイスミ
  • URL
  • 編集

[C71] Re: アホか?

コメントありがとうございます。

そういう意味で書いたのではないんですけどね…
1万枚を切る売り上げでトップ10入りというのは客観的に見て運が良かったということです。他の週ならば厳しいです。
ヘイスミというバンドを悪く言ったわけではないのですが。
誤解を生んでしまったようで、申し訳ございません。

> hey-smithが他の奴らのレベルが低くてランクインってどういう意味や!?
> アイドルなんかのクソ音楽やJ-POPと一緒にするなや!
  • 2016-11-10 19:59
  • oumizi
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

oumizi

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる