Entries

Populus Populus / UNISON SQUARE GARDEN (2011) ~果てなく長い道 共に行くよ~

今回レビューするのはスリーピースロックバンド・UNISON SQUARE GARDENのアルバムの中でもポップとロックの融合が見事な名盤のうちの一つ、通称黄盤と呼ばれる3rdフルアルバム
「Populus Populus」
です!

USGUSG.jpg

「Populus Populus」は3人組ロックバンド・UNISON SQUARE GARDENの3rdフルアルバムで、2011年7月6日リリース。既発シングルからは表題曲2曲と、タイアップが付いたカップリング曲1曲が収録された。

ポップとロックのバランスに優れたUNISON SQUARE GARDENのど真ん中を行く名盤
ロックバンドという形でポップな楽曲を作るUNISONの真骨頂ともいえる、キャッチーな楽曲が並ぶアルバムです。

キラキラした、ポップなサウンドがこのアルバムの持ち味。
ギターロックを基本としながら、ピアノやシンセなど装飾音をバランスよく交え、多彩なコーラスワークやギターを重ねることによってよりポップな明るいサウンドに仕上げている。
ハンドクラップのサンプリング音で作られるダンサブルなリズムが心地良い「きみのもとへ」やピアノも加えたポップな音色が爽やかで疾走感あふれる「オリオンをなぞる」など、J-POPシーンでも勝負できそうなサウンドに仕上がっている楽曲も多い。
その一方で、ライブで盛り上がりそうなロックサウンドの「場違いハミングバード」や「プロトラクト・カウントダウン」といった楽曲もあり、ポップなバラードナンバー「未完成デイジー」などもあり、楽曲の幅広さを感じます。

数多くのライブを経験することによる、高いレベルのバンドサウンドによる土台がしっかりしたサウンドになっていることによってこのアルバムの魅力は引き立っている。
前作よりも手数が増え、1音ごとのキレも良くなったドラム。より太い音になって、うねるように細かく動くベース。そして、その上に重なるギター。「いつもライブで使っているギターアンプで全曲録った」とインタビューで語っていた通り、表現したいことを思うがまま存分に奏でているような音だ。
インタビューで「普段ライブで共有している音像で出そう」と話していた通り、普段から鳴らし慣れている音だからこそ、曲の魅力を余すところなく表現しているような弾けた音になっています。

もちろん、J-POPシーンで通用する、"ポップ"と呼べるだけのキャッチーな良いメロディーを持っている。
田淵節ともいえる、言葉がギッシリ詰めこまれたメロディーは疾走感十分。その上に造語のような鳴りの良い言葉たちが並ぶことによって、つい口ずさみたくなるメロディーになっています。
UNISONにしては珍しい「シュプレヒコール~世界が終わる前に~」のようなメッセージ性のこもった歌詞や音楽の始まりの情景を描いた「スカースデイル」、儚いラブソング「未完成デイジー」のような物語性の強い歌詞など、歌詞の幅が広くなっているようにも思います。

また、アルバム通じて1本のライブになっているような構成になっているのも、このアルバムのポイント。
序盤はシンプルに盛り上がれる楽曲が並び、中盤にメロディーを聴かせる楽曲ムーディーな「CAPACITY超える」のような変則的な楽曲と続き、「1,2,3,4!」という勢いあるカウントからキラーチューン「場違いハミングバード」へ続き、全てを包み込むバラード「未完成デイジー」、めまぐるしい構成の代表曲「オリオンをなぞる」でライブのクライマックスを迎えます。ラストは壮大なメロディーのメッセージソングで締めます。
3分ピッタシで終わり、曲間なしで2曲目につながるコンセプトソング「3 minutes replay」が「世界が変わる夢を見たよ」というフレーズで始まり、最終曲「シュプレヒコール~世界が終わる前に~」が「世界が終わる前に」というフレーズで終わることには、ライブは何度も続いていくんだという意味が込められているように感じます。

キャッチーな楽曲が並ぶ、勢いに溢れた名盤。
スリーピース・ロックバンドという縛りの多い形態の中で、ポップに挑戦していこうとする気合を感じるアルバムです。
次回作ではより装飾音を加えた王道ポップスへ、次々回ではロック路線の回帰へと進んでいきましたが、ライブロックバンド・UNISON SQUARE GARDENとしての原点はやはりこのアルバムにあるような気がしますね。

個人的評価…90点

UNISON SQUARE GARDEN
斎藤 宏介(Vo/Gt)
田淵 智也(Ba/Cho)
鈴木 貴雄(Dr/Cho)

収録曲 (青字…既発シングル収録曲)
1.3 minutes replay
2.kid, I like quartet (OAD「夜桜四重奏 ~ホシノウミ~」主題歌)
3.プロトラクト・カウントダウン
4.きみのもとへ
5.僕らのその先
6.スカースデイル (4thシングル)
7.ワールドワイド・スーパーガール
8.CAPACITY超える
9.場違いハミングバード
10.カウンターアイデンティティ (4thシングルC/W・TVアニメ「ソウルイーター」リピートショー OP)
11.未完成デイジー
12.オリオンをなぞる (5thシングル・TVアニメ「TIGER & BUNNY」OP)
13.シュプレヒコール ~世界が終わる前に~

作詞作曲:齋藤宏介(#6),田淵智也(#6以外)
編曲:UNISON SQUARE GARDEN

収録時間 55:52
リリース 2011年7月6日
売上成績 週間最高18位
レーベル トイズファクトリー

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

oumizi

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる