Entries

【ライブレポ】Shout it Out 「僕たちが歌う明日のこと」リリースツアー @梅田Zeela (2016.3.14)

Shout it Out 「僕たちが歌う明日のこと」リリースツアー supported by Eggs
2016.3.14 @梅田Zeela
出演:Shout it Out
        the equal lights
        climbgrow
        Faded old city

先日、このライブに参戦してきました!

※ここからレポを書いていきますが、記憶に頼って書いているので間違いが含まれていてもご了承ください。



会場は梅田Zeela。
キャパ約250人のライブハウスです。
大阪駅・梅田駅から徒歩5分程度。阪急梅田駅が一番近いですかね。
ビルの地下1階にライブハウスがあります。2階にはサイゼリアや博多ラーメン一風堂など飲食店もあり腹ごしらえも出来ます。
出来てからまだそれほど日が経っておらず、綺麗なライブハウスでした。



中はこんな感じ。
ステージもスタンディングスペースも横長で、演者が近く感じられます。
最新の設備の照明設備による光の演出がかなり綺麗でした。ピンスポットを当てたり、効果的な使われ方もされていましたね。この規模のライブハウスでこれだけ綺麗なのはかなりレアなのではないでしょうか。

18:00 開場
18:30 開演

Faded old city
1組目は2013年結成・奈良発の5人組インディーポップバンドFaded old city。
ギターボーカル、ギター、ベース、ドラム、シンセの5人組。
今はやりのシティポップ・インディポップ系の音楽性ながら、キッチリサビで盛り上げてくれるところが好印象なバンド。ギターフレーズのセンスの良さが光っていました。高めなのに少しカスれた独特なボーカルの声にも力強さも感じます。
打ち込みを使っておらず、ギターロックの音色が主体になっているのも好印象。ただ、シンセサイザーの存在感がほぼ無く、ドラムもずっと強すぎた気がしました。ギターフレーズも1つ1つはセンスがいいのですが、スキマも多かったような。
他の楽曲と比べても一段キャッチーな4曲目「ORBIT」のような楽曲が個人的には好み。
演奏面で盛り上げ上手なのはインディーポップ路線の中では稀有な存在なので、これからの成長に期待ですね。

セットリスト
1.SUMMER TIME
2.LIGHT (新曲)
3.PROLOGUE
4.ORBIT
5.TONIGHT
MC…自主イベントの告知。



climbgrow
2組目は2012年結成、滋賀のロックバンド・climbgrow。
ギター、ギターボーカル、ベース、ドラムの4人組で、「閃光ライオット2014」準グランプリです。
人間味あふれる、硬派なロックバンドらしいロックバンド、という印象。感情のこもった熱いライブはカッコ良かったです。観客をどんどん煽り、アウェーな状況の中ではかなり盛り上がっていました。
演奏も今日のバンドの中では一番うまかったように思います。特にギターのテクニックは高く、2曲目「ハイライト」イントロでのギターの速弾きは相当技術が高そうに見えました。
力強いメロディーとしゃがれているのに力強い声も堪能できました。ボーカルのみでスタートする4曲目「くだらない」の時は圧巻でした。ただ、ライブだとボーカルがより掠れているように聞こえる時があり、将来的に喉をつぶしてしまわないかは心配ですが…
6曲目「叫んだ歌」ラストサビで起きていたシンガロングも想像以上に大きく、既に人気が高まっているんだという風に感じました。今後のブレイクが楽しみです。

セットリスト
1.太陽はまた昇り
2.ハイライト
3.Landscape
<MC>
4.くだらない
5.極彩色の夜へ
<MC>
6.叫んだ歌
MC…「ガンガン行こうぜ」と言ったところで1人も笑わない、という話
   この前風邪でライブの出演キャンセルしてしまった話



the equal lights
3組目、フォーピースバンドのthe equal lights。
ギター、ギターボーカル、ベース、ドラムの構成です。
王道歌モノギターロック。メロを聴かせるバンドです。
楽曲はどことなくandropを思わせるような、爽やかなメロディ。ボーカルの声も爽やかで曲とぴったりマッチしていました。同期音も用いていました。4曲目「ethica」は他の楽曲と違い聴かせるバラードでしたね。
タッピング奏法を用いてキーボードのような音を鳴らすギター、手数多くリズミカルな印象を与えるドラムが良かった。ドラムが歌うコーラスもなかなか上手でした。
万人に広くウケそうな楽曲なので、何か一つキッカケがあれば一気にブレイクしそうです。

セットリスト
1.Hello
2.ゼロタイムリンク
3.Song for
4.ethica
5.Alche(mist)



Shout it Out
ラスト、4組目はこの日の主役である4人組バンド・Shout it Out。ライブの翌々日にEP「僕たちが歌う明日のこと」を
ギター、ギターボーカル、ベース、ドラムの構成です。「未確認フェスティバル2015」グランプリ。
キラーチューン「光の唄」を1曲目に演奏し一気に盛り上げていたのが印象的。3曲目のミディアムバラード「ハナウタ」、夜空に輝く星のような情景を描くギターが印象的だった4曲目「星降る夜に」といった聴かせる楽曲もしっかり自分たちのものにしていましたね。
5曲目「逆光」からは再び盛り上げ、代表曲「17歳」を演奏して本編終了。2分ぐらいで出てきて、アンコールでは「生きている」を披露。
ボーカルの力強い歌声がとても良かった。メロディーを歌いこなして、演奏よりも前に出ています。激しい楽曲でも演奏に負けず声が生きてくるのは凄い。
climbgrowのような派手さはありませんが、ボーカルの歌を支える演奏も安定していました。ギターフレーズの入れ方にセンスを感じましたね。音源ではシンセやストリングスが入っていますが、ライブでは同期などをいれずにギターベースドラムのみで演奏していましたね。
ライブを見て、やはり次の世代を引っ張ってくれるのはこのバンドだな、という風格を感じましたね。これからの活動も非常に楽しみです。

セットリスト
1.光の唄
2.あなたと、
3.ハナウタ
4.星降る夜に
5.逆光
6.少年たち
7.17歳
en:生きている
MC…今回のツアーはEggsに支えられているという話。初めてライブハウスに来るような人に向けて。
曲中や前奏中にもメッセージを伝えるSUPER BEAVER渋谷スタイルで、「あなたはあなたのままでいい」「今日のバンドはみんな仲間」「言葉はその中の思いが大事」など色んなことを語ってました。




終演 21:30

4者4様、どのバンドも素晴らしいライブでした。
スマホアプリ「Eggs」のバックアップによってチケット代1000円・ドリンク代不要という破格の条件で開催されたこのライブ。「初めてライブハウスに来るキッカケになってほしい」とShout it Outのボーカルは語っていましたが、初めてライブハウスに来るにはピッタリのライブだったのではないでしょうか。ライブハウスは綺麗でしたし、圧縮・モッシュなども無く快適だったので。

このShout it Out「僕たちが歌う明日のこと」リリースツアーは3/21まで行われているので、興味のある方は是非行ってみてはいかがでしょうか。


終演後、Shout it Out「僕たちが歌う明日のこと」購入者限定でサイン会をしていました。
せっかくなので私もCD買いましたよ!


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

oumizi

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる