Entries

逃した魚 / back number (2009) ~失恋を歌にして~

初めまして。oumiziです!
これから音楽レビューブログをやってみようと思ってます。

ということで栄えある初レビューは
back numberのインディーズデビューミニアルバム
「逃した魚」
です!
逃した魚 



「逃した魚」は3人組ロックバンド・back numberのインディーズデビューミニアルバム。
初めての全国流通盤となり、全7曲収録。

インディーズ盤であり、全曲プロデューサーがおらずバンドでのセルフプロデュースとなっています。
その為、粗削りな部分も多いですが、この時からメロディーセンスは光る
歌謡曲テイストの入った泣きの美メロディーは、このころから通じる大きな売りでしょう。

正直今では「所謂J-POP」風味な味付けの増えた(特にシングル曲)back numberですが、このころはバンドらしいギター・ベース・ドラムのみで構成されたシンプルな編成。と言っても3ピースなのにギターはいくつも重なっており、元から「ライブでの再現」が考えられていないあたりは将来のストリングス・キーボード取り入れが予感されます。

曲調としては1・4・6のような疾走感のある暗いロックテイスト曲、2・7のド直球バラード、3・5の明るいポップな曲と様々な曲調の曲が収録されています。そのどの曲調も高クオリティーで安定しているのはメロディーのおかげでしょうか。
また歌詞はあるインタビューによると「西藤公園以外1つの失恋が元となっている」そうで、当たり前のように全曲「失恋ソング」。女々しいback numberの中でもかなりの女々しさを誇り、好みが分かれるポイントかもしれません。ただどの曲も「戻ってきてくれないかな」と歌っていて、アルバム通しての主張は感じられます。また、同じ失恋でも様々な感情を歌い分け、直接的ではなくある種の詩的な世界を作り上げているのは圧巻の一言
また失恋を歌っているからなのか、声にとても思いがこもり、一種の粘っこさ、執念深さを感じさせる声になっています。個人的には良いと思ったのですが、サラッと聞くには重いかもしれません。

どの曲にも初期衝動が詰まっている1枚。固まっている世界観、様々な曲調、そして一貫された美メロディーとミニアルバムの7曲という中ではすでに完成しきった名盤と言えるでしょう。これが新人の作品だと考えると恐ろしい。

個人的評価…87点

全曲レビュー

1.重なり
ボーカルとエレキギターのフレーズから一気に引き込まれる曲。1曲目からまとっている空気が凄まじい。これはいいんじゃないかと予感させる1曲。
ダークな疾走感のあるロックで、アレンジはシンプルでありながら構成の展開は多く、ベースやドラムの見せ場もありサビはきっちり盛り上がる。
新人離れしているクオリティーなのは言うまでもないが、この曲は特にドラムとベースが消えてギターのみになる展開の使い方が上手い。無理に詰め込もうとしない「音の足し算」のセンスが光る。

2.春を歌にして
ド短調の失恋バラードでこのアルバム1番の名曲だと思う。MVの作られたこのアルバムのリード曲。
イントロのギター、Aメロの切なげな声、大サビへ向かっていく構成、全てに重たい感情が乗っかっていて素晴らしい。
歌詞も素晴らしく、最後の「連れて行くよ 君の思い出と この春を歌にして」はほんとにいい。

3.sympathy
温かいミディアムなナンバー。
このアルバムの中では一休みするような感じの曲となってしまうが、悪い曲ではない。
サビのコーラスとサビ明けのベースが効いていて心地いい。

4.then
叩きつけるような歌い方が特徴的なロック曲。
張り裂けそうな声はアルバムの中でも唯一で目を引く。
演奏も含め何かに立ち向かっていくような曲で後悔を歌った歌詞が合う。

5.海岸通り
ライブで盛り上がりそうな明るいギターロック。
こんなポップな曲に「もうダメダメって言われるまで気づけなかった」「君がそれでいいのなら 実は僕嫌なんだよ」といった失恋フレーズを付けられるのはすごいと思う。
少し歌詞が分かりづらく、一聴しただけでは何を言っているのか気づきづらいのが欠点。

6.KNOCK
出だしのギターから焦燥感をあおる曲。
イントロのフレーズが単純に個人的好み。
決してテンポは速くないが、何か追い詰められた雰囲気が曲全体に漂う。

7.西藤公園
温かみのする失恋バラード。影絵でのMVも作られた名曲。
イントロの「私は冬が好き」からぐっと引き込まれる。
サビへ向かっていくシンプルな構成の中でアコギがいいアクセントとなっている。
声質も温かみのあるのびやかなものとなっている。


back number
Vo.Gu.清水 依与吏
Ba.Cho.小島 和也
Dr.栗原 寿

収録曲
1.重なり
2.春を歌にして
3.sympathy
4.then
5.海岸通り
6.KNOCK
7.西藤公園
(全曲作詞作曲:清水依与吏)
(全曲セルフプロデュース)
+[Secret Track](約9分のトーク)

収録時間 43:29
売上成績 オリコン週間135位
レーベル
 idOLSMITH recordings (インディーズ)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

[C31] 全曲失恋ソング?

全曲失恋ソングって書いてありますけど、3曲目って失恋ソングですか?確かにふられてから書いた曲らしいですけど、結局は友人の結婚式の為に完成させた曲なので、きっかけは失恋だけど、曲自体はたぶん失恋ソングという括りではないのではないかと思います。
すみません。少し気になったので。
前半はうまくいってないような歌詞だけど、後半はそれでも一緒にいようねっていうラブソングな気がします。
  • 2016-06-24 01:12
  • a
  • URL
  • 編集

[C32] Re: 全曲失恋ソング?

コメントありがとうございます!
管理人のoumiziです。

3曲目ということは「sympathy」ですよね。
確かに最後は「離さないでいよう」って歌っていますから、ラブソングとも捉えられると思います。
ですが、私はラスサビ冒頭の
「例えば
今日君が丸い地球の裏にいたって 隣にいたって
心が見えないのは同じじゃないか」
というフレーズがすれ違いを表している気がしますね。
作詞作曲・ボーカルの清水依与吏さんは付き合っていると思ってた彼女に連絡がとれなくなってバイト先に出待ちしてた、というエピソードでも有名なので、「離さないでいよう」と歌っていても付き合っているかは分からない所ですよ(笑)

このアルバム以外は「西藤公園」以外同じ人とのエピソードを歌っている、という話をどこかのインタビューで聴いたこともあるので、「sympathy」も失恋ソングと捉えることもできるのではないでしょうか。

結局、いい曲なのでどちらでもいいですけどね(笑)。
  • 2016-06-24 20:45
  • oumizi
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

oumizi

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる