Latest Entries

【随時更新中】キングオブコント2017・決勝感想

2017.10.1に放送されたキングオブコント2017・決勝。
感想をアップします。急ぎで上げておきます。忙しいので、今やらないと出来る暇なさそうですから…
自分のツイッターの転載コピペで、すいませんが…後日、手直しするかもしれません。
【随時更新中です。】

ファーストステージ

1.わらふぢなるお「コールセンター」
シンプルにコツコツと積み上げていく良いコント。
ギミックとかテンションの抑揚とかで無理に盛り上げていない分、「bbbb」みたいな気持ちいいボケとクリアなツッコミによる掛け合いがテンポ良く、単純に良いなぁと思えました。いつまででも見てられるようなタイプのネタ。
リアルタイムでちょうど基準になりそうと思ったが、まさにそんな結果。トップバッターは少し不利だが、それでも「辞めるからふざける」からの展開にもう一捻りあれば2本目が見れたかもしれない。

2.ジャングルポケット「エレベーター」
斎藤のバラエティイメージにとどまらず、完全に実力派、KOC常連のイメージも定着してきたトリオ。
今回も多少のリアリティの穴を意識させず、展開の力強さと設定の妙で突き進んでいく見事なコント。突飛な設定と大げさにも思える演技でコメディ映画のように魅せる。
後半の新たな設定の積み重ねが気になり上に進めない斎藤、という畳み掛けは優勝コンビのネタでもおかしくない風格を感じさせるウケでした。
ただ、松本がボケ混じりで発言した「エレベーターの扉が…」というコメントにあるように、現実感のなさが気になってコントの世界に掴みきれなかった部分があったため、点数が伸び悩んだのかもしれない。

3.かまいたち「告白される練習」
関西ではテレビでも引っ張りだこの人気者、歌ネタ王チャンプの称号も持つ実力派。
濱家のツッコミで明らかにされる「公園で告白される練習してる!」(彼女はいる設定ではなく本当にいない)という1つ目の裏切りがやや予想の範囲内。前半は山内の変な練習にツッコむ濱家という漫才コントに近い構成で進んでいき、かまいたちの実績を考えるとやや物足りなさも感じてしまいました。勿論、漫才師としての実力も確かな彼ら、山内のヤバイ人物像の演技の上手さ、濱家の的確なツッコミで十分ウケていたのですが…
後半の裏切りからの天丼は実に鮮やか、「優勝を狙ってきたな」と思わせるパワフルなやり取りで爆笑をかっさらっていきました。

4.アンガールズ「海」
もはやお茶の間でもお馴染み、キモカワ→キモヒョロのコンビ。
構成や仕組みではなく、アンガールズ2人の素のキャラを活かした独特な演技により、アンガールズにしか出来ないネタに仕上がっている所が高い評価を受けた所以だろう。実際、大笑いはないものの見ててニヤニヤしちゃうのがアンガールズの良さではある。
ただ、台本として弱くないか…?「俺の心の中のコップが」のような印象的なフレーズはあるものの、後半のズボンを使ったモノボケの展開など、決勝ではやや見劣りする気がした。

【以降、後日更新します。】

5組目、パーパー
掴みきれなかった感じなんだろうな
コント見続けてる人は独特の空気で笑えるんだろうし、言葉のチョイスも所々オッて思うんだけど、決勝のレベルではなぁ…

6組目、さらば青春の光
そうそう、こういうの待ってた!
良くできてるし畳み掛けも見事だったし、気持ちよく笑えた!
今日のお客さんはワードではあんまり笑わないな?「エビでエビを釣る」はもう少しウケても良かった気もする

7組目、にゃんこスター
そうか、キングオブコントでこれやっても良いんだもんな
R-1では全然ありなんだもんな
荒らしだけどある意味スゴいなぁ

8組目、アキナ
アキナが変化球だと思ってなかった、本当に面白かったよ
ただ、にゃんこスターがよぎったのか、二人とも珍しくあがってる様子が感じられたのがもったいなかったなぁ
こういうネタだからこそ上手くやってほしかった…
アキナだから最後に伏線回収して大オチ、ドーン!ってのは期待してたよなぁ…
M-1楽しみにしてます!

9組目、GAG少年楽団
キチンとしたコントが見れてほっと一安心
ただこの流れだと薄く見えるだろうなぁってのは思ってた
老人設定がテンポ悪くしてたのもあるかも

10組目、ゾフィー
僕は好きなネタだし面白かった!しっかり展開していくネタは良いし、他のネタも見たくなった
ただこのご時世に「母親=飯」はゴールデンのテレビじゃ難しいよなぁ
やっぱり落ち着いて見えてしまうのは…にゃんこスターのせいだよ!

ファイナル1組目、アンガールズ
1本目よりは意外さがあって面白かったけど、題材がちょっと…客席が引いてた気がしたんだよなぁ。田中のキャラがあってギリギリ、なんだろうなぁ…
僕は、構成が練られてる、2本目の"新しいアンガールズ"の方が好きだ!
ユルい、ふざけてる二人ならバラエティでも、ラジオでも良いからなぁ
コントの魅力の大きな部分は構成とか台本とかにあると思ってるし

ファイナル2組目、ジャングルポケット
構成もしっかりしてるし、派手さもあるし、題材もボケもキャッチーだし、なんでも出来るコント師なんだなぁと実感したわ

ファイナル3組目、さらば青春の光
そうか、パワースポットか、知ってたネタだから何とも言えない…設定も構成もセリフも良くできてるし本当に面白いネタだよなぁ!滑舌の裏付けが増えてたなぁ
「食ってる」のところの悲鳴は辞めてほしかったけど…
さらば青春の光は、あの5人に
「見たことあるネタだったけど」って言わせた時点で、ある意味勝ってるけど大会的には負けたんだろうなぁ
またさらばのコント見たい!単独ライブも行きたいなぁ

ファイナル4組目、かまいたち
バカバカしいけど言葉も面白いし、完成度高い流石のネタだなぁ
ここに来て、やっぱりコントって設定だなぁと思い始めてるわ

ファイナル5組目、にゃんこスター
同じ形式、同じ構成
客席はさすがに少し飽きてたような、それでも爆発力は持ってたと見るか

かまいたち、優勝おめでとう!
関西でずっと見てきたコンビ、感動しました!
先輩が味わってきた苦境とかすっ飛ばして、売れたいところまで売れてほしい!

【シングルレビュー】BYE BYE / SHISHAMO (2017)

1年ぶりのシングルレビューはSHISHAMOの
「BYE BYE」です!

BYEBYE.jpg 

作詞作曲:宮崎朝子
編曲:SHISHAMO

1.BYE BYE
ベネッセ進研ゼミ中学講座CMソング
ベースソロから始まるというタイトでストイックなバンド演奏と冷ややかなエレキピアノの音色がヒリついた空気を作り出すAメロ、Bメロから、一気にメジャー調へと転調しCMでもお馴染みのポップで明るいサビへと向かう、二面的なロックナンバー。
メロディー的にも詰まっていて平たいAメロ、Bメロと伸びやかなサビで大きく雰囲気を変えて見せているのが素晴らしい。「明日も」で手に入れたポップさを全く損ねていない。
タイアップにもマッチしたサビのキャッチーさとバンドとしてのカッコ良さ、ダイナミックさを両立してみせるとは、実に見事だ。



2.笑顔のおまじない
フジテレビ系「めざましどようび」テーマソング
シンプルなギターリフから始まる、ギターポップ。比較的、今までのSHISHAMOらしい跳ねるような軽快さを持ったアップテンポナンバー。
カップリングにキャッチーなギターポップを持ってくるのは相変わらず。

収録時間 8:16
リリース 2017年8月2日
レーベル GOOD CREATORS RECORDS
売上成績 オリコン最高22位

チャートレビュー休止のお知らせ


当ブログにお越しいただいている皆様、御愛読ありがとうございます。

当ブログの「週間オリコンチャート・レビュー」のコーナーですが、管理人である私の都合(受験など)で、しばらく休止させて頂こうと考えています。

休止の期間ですが、来年2018年3月には復活or何らかの発表をさせていただこうと考えております。
なお、チャートレビュー以外の記事に関しては、更新頻度は下がる可能性もありますが定期的な更新を予定しています。Twitter(@oumizikaisoku)も更新していますので、興味のある方は是非。

何卒、ご理解くださいませ。
また、更新再開時には是非お越しください。

休止中には、以下のチャートレビューサイト・ブログもご覧ください。

「ゆるっと音楽メモ」様
http://suga-yururi.doorblog.jp

「The Natsu Style」様
http://www.tnsori.com

【一曲入魂049】至上の空論 / ドラマストア (2017)

今回紹介するのはスリーピースポップバンド・ドラマストアの「至上の空論」です。



「至上の空論」はスリーピースバンド・ドラマストアの2017年4月19日リリース3rdミニアルバム「白紙台本」のリード曲。

売れ線、と言ってしまえばそれまでなのはわかってますが、個人的に非常に好みのタイプの曲。

頭サビ、緩急のついた構成にサビは四つ打ちでガッツリ盛り上げる。ピアノの入れ方もスリリングかつドラマチックで、バンドの演奏・ドラムの疾走感ともしっかりマッチしてます。間奏のピアノソロは興奮しますね。アウトロのキメもピアノの低音部を活かしていてカッコいいです。


近年のバンドシーンでこういうピアノの使い方をするバンドは少ないので、これからも期待したいですね。

2017年8月28日付週間オリコンチャート・レビュー

2017年8月21日付
週間オリコンチャート
シングル
1位 逃げ水 乃木坂46
初動88.0万枚
前作初動87.5万枚より微増。天井に到達した感じもあるが、ここがグループとしてのピークになるか?

3位 10% roll, 10% romance UNISON SQUARE GARDEN
初動2.7万枚
アニメ「ボールルームへようこそ」OP。
前作5位3.4万枚より微減、初のトップ3入り。
確固たる人気を築きつつあるようだ。

8位 マイ フェイバリット ジュエル 大原櫻子
初動1.4万枚
7位1.6万枚よりやや減。表題曲はノンタイアップながら売上は一定をキープ。

24位 ツインズ CHiCO with HoneyWorks
初動0.3万枚

25位 TAKE MY HAND 夜の本気ダンス
初動0.3万枚
前作38位0.19万枚より増加。
フジテレビ系ドラマ「セシルのもくろみ」主題歌で、タイアップ効果が出たようだ。

アルバム
1位 The ONES V6
初動12.9万枚

2017年8月28日付
週間オリコンチャート


シングル
1位 Family Song 星野源
初動19.2万枚
前作2位10.2万枚からさらに倍増。日テレ系ドラマ「過保護のカホコ」主題歌。
アイドル以外では滅多に見れない売上。完全にブーム状態だ。

5位 僕たちがやりました DISH//
初動3.7万枚

9位 打上花火 DAOKO
初動1.07万枚
映画「打ち上げ花火、下から見るか?横からみるか?」主題歌。
米津玄師とのコラボ曲で、これまでとは打って変わった歌メロの強い楽曲。配信でも大ヒットを記録している。しかし従来路線と違うので、藤原さくらと同じパターンで今回は売れてもこの先が難しくなりそう。

14位 かなしいうれしい フレデリック
初動0.61万枚
アニメ「恋と嘘」OP。
前作16位0.4万枚よりやや増。

アルバム
1位 NEW KIDS:BEGIN iKON
初動3.5万枚

2位 BLACK TRAIN 長淵剛
初動3.2万枚

14位 Gingerol a crowd of rebellion
初動0.38万枚

17位 感情百景 wacci
初動0.35万枚

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

oumizi

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる