Latest Entries

woman's / My Hair is Bad (2016) ~ぜったい終わりは来るんだ いつか死んでしまうんだ~

今回レビューするのはOumi's Best Music 2016のアルバム部門でも4位に挙げた、今人気急上昇中のスリーピースロックバンド・My Hair is Badのメジャー1stアルバム
「woman's」
です!

mi.jpg

「woman's」はMy Hair is Badの2ndフルアルバム。
メジャーデビューシングル「時代をあつめて」以降メジャー2作目のリリースで、インディー時代も含め既発シングル2枚3曲を含む全13曲収録。

シンプルだからこそ聴く者に突き刺さってくるパワフルな傑作
歌詞、メロディー、演奏、歌声、全てが力強いからこそ突き刺さる、マイヘアというバンドを濃縮抽出したアルバムだ。

キャッチーでストレートなスリーピース・バンドサウンドが基軸。
ガシャガシャかき鳴らすエレキギターとスピード感あるビートを鳴らすリズム隊は、「まさにスリーピース、ギターロック!」というド直球なギターロック。とにかく真っ直ぐなギターサウンドを聴かせてくれる。
体を揺らしたくなるグルーヴ感を作りつつ複雑なパターンで盛り上げるドラム、歪んだ低音でダークな雰囲気を醸し出すベース、前作までと比べると落ち着いたものの、それでも熱をまき散らすような荒々しい音作りが印象的なギターと、派手さはないものの王道で好感の持てる演奏だ。

ほとばしる感情を叩きつけるような疾走感のあるロックナンバーキャッチーなメロディーを乗せるのが得意技。
代表曲「真赤」を始め、リードナンバー「告白」「音楽家になりたくて」や「グッバイ・マイマリー」「革命はいつも」など、ギュッと言葉を詰め込んだような細かく動くメロディーがキャッチーな、王道ギターロック楽曲が並ぶ。
そんな中で、ストリングスを取り入れた「恋人が出来たんだ」やアコギの音色が印象的な「卒業」といったメロディアスなバラード、Aメロにポエトリーリーディングを用いつつサビは「Goodnight」の繰り返しという耳に残る挑戦的なメジャーデビューシングル「戦争を知らない大人たち」、ヒップホップ的なハイテンポな言葉遊びのノリが良い「ワーカーインザダークネス」など、音楽的に新たな一面を見せた楽曲も垣間見せる。1分足らずで駆け抜ける「mendo_931」のような遊び心も効いていて楽しい。

「フラれた彼女への恨み節」といった
ドキュメンタリーな生々しい歌詞は話題にもなっていたが、今作では若者の代弁者的な瑞々しい視点からの歌詞が強く印象に残る。
「君は言う『あなた犬みたいでいい』って」(「真赤」)や「出会ってしまった 通じ合ってしまった それは消せないけど」(「恋人が出来たんだ」)のように、これまでのような生々しい恋愛模様を綴った歌詞はもちろん、若者ならではの葛藤や様々なものに感じる刹那を切り取る上手さも際立つ。
「いつか死んでしまうんだ」(「告白」)や「逆らいたいなんて思わない 革命が起きて 逆さまになっていくだけ」(「革命はいつも」)のような、ハッとさせるフレーズも随所にみられる。
「沈黙と陳列 幼少は永遠へ」のそこまでをひっくるめる最後一行「iPhoneから送信」には思わずニヤリとさせられてしまう。
言葉が立っていて耳に飛び込みやすい歌声も相まって、言葉が飛び込んでくるようだ。
韻を踏むような言葉遊びも巧く、面白い。

ブレイクの勢い・追い風を感じさせる、まっすぐなギターロックで聴くものをぐっと惹きつける名盤。音楽的な幅に欠ける部分は確かにあるし、音の荒々しさもあるが、その未完成で不安定な部分が彼らの魅力。メロディーと歌声の力強さダイレクトに言葉を突き刺してくる、粗くてもその潔さが素晴らしい。
1曲でも好きな曲がある人はもちろん、ギターロック好きであるなら、とにかく一度聞いてみて損はない。
メジャーデビュー作ということで今作はこれまでの総決算的な要素もあったが、新たな一面も見られ、これからもこのバンドの動向からは目が離せない。

個人的評価…91点

My Hair is Bad
椎木 知仁 (Gt.Vo)
山本 大樹 (Ba.cho)
山田 淳 (Dr)

収録曲
1.告白
2.接吻とフレンド
3.音楽家になりたくて
4.グッバイ・マイマリー
5.戦争を知らない大人たち (3rdシングル「時代をあつめて」表題曲)
6.恋人ができたんだ
7.mendo_931
8.ワーカーインザダークネス
9.革命はいつも
10.沈黙と陳列 幼少は永遠へ
11.真赤 (2ndシングル「一目惚れ e.p.」表題曲)
12.卒業 (3rdシングル「時代をあつめて」2曲目)
13.また来年になっても

全作詞作曲:椎名知仁
編曲:My Hair is Bad

初回盤は特典LIVE DVD付属

収録時間 45:25
リリース 2016年10月19日
売上成績 オリコン週間5位
レーベル ユニバーサル ミュージック

2017年1月16日付週間オリコンチャート・レビュー

2017年1月16日付
週間オリコンチャート


シングル
1位 道しるべ 舞祭組
初動15.6万枚
自身初の1位で、これまでのコミックソング系統から離れたメッセージソングらしい。
握手会イベントを開催するなど気合が入っていた。

2位 仮面大陸~ペルソニア~/ISUMI~四季彩の街で~ 仮面女子
初動5.3万枚
1日目は1位だったが、ジャニーズの本気イベント商法に負けて2位。

3位 二人セゾン 欅坂46
6週1.2万枚
8位 サイレントマジョリティー 欅坂46
40週0.47万枚
紅白効果で2作トップ10入り。

9位 僕らだけの等身大 Goose house
初動0.43万枚
枚数水準が低く、かなりラッキーなトップ10入り。自身初のトップ10である。

アルバム
1位 Ballad Selection KinKi Kids
初動12.3万枚
バラードベスト。12作連続の1位獲得。

2位 アンコール back number
2週目7.8万枚

3位 SMAP 25 YEARS SMAP
3週目6.4万枚
3週目でミリオン達成。

4位 Joyful Monster Little Glee Monster
初動4.1万枚
業界激押し女子6人ボーカルグループ。
自身最高初動枚数。

12位 超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~
43週目0.50万枚
放牧宣言効果で上昇。

2017年1月9日付週間オリコンチャート・レビュー

2017年1月9日付
週間オリコンチャート


低調なシングル、1位2位だけ近年まれにみる超激戦でそれ以下は低調なアルバム…
長い冬が始まりましたね。

シングル
1位 僕以外の誰か NMB48
初動26.7万枚
前作1位30.4万枚よりやや減。
年末であまりプロモなかったが、個人的にこの曲はアタックが強くカッコよくて好印象。今の48系ではNMBが一番まともかな(坂道は別枠。)

3位 恋 星野源
13週目1.3万枚
トップ3復帰。90年代を彷彿とさせるような、じりじりと凄まじい推移を見せている。累計25万枚に迫っているんだとか。

アルバム
1位 SMAP 25 YEARS
2週目27.5万枚
まぁ想像通りの推移かな、と。バクナンとの接戦をかろうじて制する形に。
3週目ミリオンは堅そうだが、150万枚までは届かなさそうかな?

2位 アンコール back number
初動27.4万枚
バンド初のベスト盤。2枚組32曲の重量級。
0.1万枚以下の超激戦に敗れ2位だが、自己最高初動の前作(1位17.3万枚)をさらに10万枚以上超えてくるとは驚き。累計50万枚はいけそう。そこからどれだけ伸ばせるかですね。

5位 「LIVE AT WEMBLEY」BABYMETAL WORLD TOUR 2016 kicks off at THE SSE ARENA,WEMBLEY
初動1.2万枚
ライブアルバムで1万超えてくるのか。固定の強いファンがかなりついてる現状。

【一曲入魂029】花は桜 君は美し / いきものがかり (2008)

今回紹介するのは先日"放牧宣言"を発表した3人組J-POPグルーブ・いきものがかりの2008年リリースの春らしいナンバー
「花は桜 君は美し」
です!


(公式動画ではないため、削除されている場合はご了承ください。)

「花は桜 君は美し」はいきものがかりの8thシングルで2008年1月30日リリース。
いきものがかりのシングルとしては珍しく発売時はノンタイアップだった。(発売後、auのケータイのCMが決定)
インディーズ1stALに収録されていた曲のリメイクで、初ワンマンライブ・初アリーナツアーでも1曲目に披露された。

和の匂いを感じさせるメロディーと散文詩のように美しい歌詞が桜の美しさを想起させる一曲。
ピアノ弾き語りからしっとり始まると思わせて、疾走感あるギターロックテイストが入ってくる。彼らにしては珍しくスピード感あるナンバー。
歌謡曲的なキャッチーなメロを当ててくるのはさすがJ-POP職人という感じで、スピード感によって重たくなくさらっと聴かせます。
新春~初春の時期に毎年聴きたくなる、古臭くならない名曲ですね。

10年にわたってJ-POPど真ん中を狙って走ってきた彼らの休止には驚かされましたが、ここ数年振るわなかった売り上げやマンネリ化などを考えるとこの辺りで区切りをつけるべきだったのかもしれません。いきものがかりの活動では自分のしたいことは一切交えないと語ってましたし。
個人で輝く姿を見せつつ、またグループとして再開する日を楽しみにしたいですね。

2017年1月2日付週間オリコンチャート・レビュー

2017年1月2日付
週間オリコンチャート


シングル
1位 God's S.T.A.R. QUARTET NIGHT
初動10.8万枚
久々にアニメ系の1位な気がする、と思ったらアニメキャラクター名義初の初動10万枚超えらしい。
「うたプリ」らしいですね。

2位 Winter Wonderland SHINee
初動8.8万枚
K-POP。なかなか1位を取れないね。

4位 Don't be Afraid L'Arc~en~Ciel
初動4.0万枚
映画「バイオハザード :ザ・ファイナル」日本語吹替え版主題歌。
前作2位・5.2万枚よりは落としたが、安定した根強いファンがいる。

14位 愛、かましたいの Negicco
初動1.0万枚
前作8位1.4万枚よりダウン。トップ10キープは厳しいのか…

15位 逆さ坂 じゃんけん民
初動0.9万枚
AKB48じゃんけん大会の上位特典のユニット。

21位 -SHAMBARA- R指定
初動0.54万枚

28位 stage 雨のパレード
初動0.27万枚

33位 色恋沙汰の音沙汰 空想委員会
初動0.20万枚
なんか伸び悩みに入ってしまったような…ストレートなバンドサウンド、back number的恋愛を歌う歌詞観は受けがいいと思うんだけどなぁ。

アルバム
1位 SMAP 25 YEARS SMAP
初動66.8万枚
2016年で最も多い初動、流石。オールベスト&解散効果はとてつもない。
ミリオンは堅そうだ。

2位 NEOGENE CREATION 水樹奈々
初動4.7万枚
前作2位6.1万枚からダウン。甲子園でのワンマンをやって、少しひと段落したか。

4位 WWDBEST~電波良好!~ でんぱ組.inc
初動3.4万枚
3枚組の重量級ベスト盤。前作3位3.7万枚よりダウンか。
前作の時期がブレイク時期で頂点だったのかなぁ。

5位 MCZ WINTER SONG COLLECTION ももいろクローバーZ
初動2.3万枚
ウィンターソングを集めた企画盤。企画盤にしてはそれなりに売れた方なのでは?

6位 G.S. meets The KanLeKeeZ The KanLeKeeZ
初動1.5万枚
ザ・カンレキーズということで、還暦を迎えたTHE ALFEEのコンサートに登場した謎の3人組バンド…らしいですw
遊び企画でもベスト10に入る安定した人気がすごい。

20位 ソナポケイズム THE FINAL~7th Anniversary~ ソナーポケット
初動0.68万枚
ソナーポケットのベスト盤。
の割に枚数出てないような…

30位 フェスベスト ゴールデンボンバー
初動0.42万枚
定番曲を詰め込んだベスト。

Appendix

カウンター

2015/9/21~のカウンターです。

プロフィール

Author:oumizi
音楽レビューをしていこうと思っています。
このブログの詳しい説明はこちら
私のプロフィールはこちら

アルバム全体での点数評価について
95点~ 1年に1枚あるかどうかの名盤
90点~ 自信をもっておすすめできる名盤
85点~ 興味があるならぜひ聞いておくべき良盤
80点~ 聞いても損はしない良盤
75点~ 興味があるなら聞いても損はしない
70点~ 興味があるなら聞いてみても悪くはない
~70点 少し期待外れ

記事のジャケット写真をクリックするとAmazonの該当ページに飛びます。
相互リンク募集中!コメントでお知らせください。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!

ブログ村

支援クリックお願いします!

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる